Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅メンテナンス費用や光熱費と住宅診断との関係

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<住宅メンテナンス費用や光熱費と住宅診断との関係>についてお話をします。

新築分譲住宅を

購入しようと考えている方や

注文住宅を考えている方へ

住宅購入後の定期的な

メンテナンス費用の事を考えた場合は

その建物が

色々な規定を遵守しているかどうかで

メンテナンス費用や

光熱費などが変わって来ますよ!

と言うお話を今日はします。

 

最初に

一番注意して頂きたいのは

妻側外壁及びバルコニー手摺笠木部分の

外壁通気構法が完結しているかを

要チェックです!

何故ならば

上記部分に

外壁通気排気口がキチンと施工していなければ

特に

北面側の外壁部分には

下記写真の様に

結露によるカビが発生し

 

【バルコニー外壁にカビが発生している写真】

 

折角の新築住宅を購入したにもかかわらず

カビが外壁(家全体)を醜くしますよ!

それが嫌であれば

早めに外壁の塗替えをするか?

塗替え時の塗料を

防カビ用などのコストが高い

外壁塗料を使用する事になりますよ!

 

次に

注意またはチェックして頂きたいのは

床の断熱欠損

何回もブログに記載していますが

ユニットバス下を点検する為の

キソ点検口用の

下記写真の様な

基礎断熱材の施工未済(不備)や

 

【基礎点検口用基礎断熱材無しの写真】

 

下記写真の様な

外気に接する床の断熱材の設置不備や

 

【断熱材施工不備の写真】

 

メーカーの施工要領通りに

施工がされていない場合などには

知らず知らず

本当は支払わなくても良い

光熱費を支払っている事が有りますよ!

 

今日の纏めとして

上記の内容を読んで

余分な支払いを

避けたいのであれば

新築分譲住宅の場合は

契約前に必ず「住宅診断」を実施して

購入するかどうかの判断材料にする為に

上記の内容をチェックして下さいね!

注文住宅の場合であれば

「工事途中検査」を実施して

透湿防水シートなどの防水検査や

断熱材充填検査を依頼して

キチンと施工して貰う様にして下さいね!

 

今日の内容は、参考になったでしょうか?

今日は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊