Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断とは? ブログ

住宅のプランは構造区画を考えて!
住宅のプランを考える場合は、先ずは構造区画を考えてから部屋割りをしませんか?

住宅のプランは構造区画を考えて!

断熱性能レベルを最初に決めましょう!
注文住宅を考える時は、先に断熱性能レベルを決める事が大切です!耐震等級3も必須項目!

断熱性能レベルを最初に決めましょう!

UA値0.46に挑戦!①
弥が上にも、G1・G2・G3の断熱性能がどんなレベルなのかを把握する事が必要ですね!

UA値0.46に挑戦!①

バルコニー床立上り部分の納まり
バルコニーの外壁サイディングと床FRP防水との取合い部分には、水切り金物が必要です!

バルコニー床立上り部分の納まり

高断熱浴槽を採用しませんか?
1階車庫の上に有るユニットバスは、高断熱浴槽で施工しないと床の断熱材欠損になります?

高断熱浴槽を採用しませんか?

床下断熱材欠損
床下断熱欠損は住宅の劣化を促進させる結露を発生させます。ほんの少しの隙間もダメです!

床下断熱材欠損

通気層が省略できる?
断熱材の防湿フィルムを調べていたら、「通気構法が省略できる要件」の文字が・・・・。

通気層が省略できる?

地震に備えた住宅を建てませんか?
建物に影響が無い震度2の地震で有っても、床下から突き上げる様な衝撃は嫌ですよね!

地震に備えた住宅を建てませんか?

住宅購入には等時間日影図作成が必須事項!
南北に狭い(間口が狭い)敷地の分譲住宅または注文用地は、購入する時は要注意ですよ!

住宅購入には等時間日影図作成が必須事項!

等時間日影図の作成に挑戦!
等時間日影図を考えてプランをする場合は、敷地の近隣状況をよく確認する事が必要です!

等時間日影図の作成に挑戦!

Low-E複層ガラスの種類と使い分け
Low-E複層ガラスには、色々な種類と性能が有りますので、断熱材とのバランスが大切!

Low-E複層ガラスの種類と使い分け

基礎内断熱工法に朗報?
高気密・高断熱住宅の基礎断熱に朗報と思われるキソパッキンがJOTOから出ていました!

基礎内断熱工法に朗報?

外壁断熱材の入れ方として
外壁断熱材(グラスウール)の入れ方に注意する点は、隙間と防湿フィルムの張り方です!

外壁断熱材の入れ方として

今後の自然環境に合った住宅とは
今から住宅を建てる場合には、建物のライフサイクルコストを考える事は、必須項目ですよ!

今後の自然環境に合った住宅とは

等時間日影図の作成として
光熱費を抑える住宅の間取りを考える為に、「等時間日影図」の作成から始めてみませんか?

等時間日影図の作成として

分譲マンションに住宅診断が必要か?
分譲マンションの住宅診断は必要か?についての回答は契約前で有れば住設等の検査は必要!

分譲マンションに住宅診断が必要か?

近隣住宅団地視察⑧として
外壁内部結露を抑えるキーポイントは、防湿・気密シートですね!

近隣住宅団地視察⑧として

住宅の瑕疵保証と瑕疵保険の違いとして
瑕疵保証と瑕疵保険の違いと、既存住宅売買瑕疵保険に対する勘違いのお話です。

住宅の瑕疵保証と瑕疵保険の違いとして

外壁合板下地は要注意?
外壁下地に針葉樹合板とかダイライト(商品名)を使用している場合は、壁内結露に要注意!

外壁合板下地は要注意?

もう仕方が無いのでしょうかね?②
既存住宅売買瑕疵保険を勧めておけば大丈夫!という事が宅建業界で浸透しているのかな?

もう仕方が無いのでしょうかね?②

もう仕方が無いのでしょうかね?
これって、もう仕方が無いのでしょうね?宅建業法違反ではないのですから!

もう仕方が無いのでしょうかね?

同じ耐震等級3でも強度が違う?
耐震等級3にも色々な種類が有ります。何の耐震等級3なのかをハッキリと伝えて下さいね!

同じ耐震等級3でも強度が違う?

新築住宅を建てるなら耐震等級3で!
今から新築住宅を計画するのであれば、泣き寝入りしない為にも耐震等級3で建てませんか?

新築住宅を建てるなら耐震等級3で!

夏の西日対策として
住宅を購入する時の心構えの一つとして、光熱費を抑える為の「夏の西日対策」のお話です。

夏の西日対策として

Y&Y住宅検査の今後の予定として
新築住宅に関して、今後は、耐震性や耐久性に関する事の情報を集めてアップして行きます!

Y&Y住宅検査の今後の予定として

既存住宅瑕疵保険適合検査の目的とは
既存住宅売買瑕疵保険適合検査の目的は、将来の瑕疵が発生した場合の備えなのでしょうか?

既存住宅瑕疵保険適合検査の目的とは

既存住宅売買瑕疵保険をどんどん付けましょう!
築20年を超える木造住宅に、どんどん既存住宅売買瑕疵保険適合検査を依頼しませんか?

既存住宅売買瑕疵保険をどんどん付けましょう!

築30年以上の住宅は無筋基礎?
築30年以上の中古住宅の場合は、無筋基礎の可能性が大きいので鉄筋探査機で検査が必要!

築30年以上の住宅は無筋基礎?

とても悲しい気持ち(´;ω;`)ウッ…
こんな事が通用する(罷り通る)業界なのか?とても悲しい気持ちです!

とても悲しい気持ち(´;ω;`)ウッ…

近隣の現況を良く確認しましょう!
不同沈下の可能性が分かる近隣の不適合事象を見逃さない様に!確認出来れば住宅診断を!

近隣の現況を良く確認しましょう!

小屋裏換気に対しての提案として
夏に小屋裏に入っての検査は非常に暑いので、小屋裏換気計算方法について一つの提案です!

小屋裏換気に対しての提案として

外壁にカビが発生する原因として
外壁には色々な原因でカビが発生する事が有ります。その中で結露が原因の場合も有ります!

外壁にカビが発生する原因として

外壁通気構法が何故必要なのか?
外壁通気構法を完結させなければ、冬季には外壁通気内に結露が発生する経緯の説明です!

外壁通気構法が何故必要なのか?

住宅購入のチャンスは今しか無い?
住宅を購入しようと考えるキッカケは人それぞれ違いますが、注意する事柄は一緒ですよ!

住宅購入のチャンスは今しか無い?

既存住宅売買瑕疵保険の注意点として
瑕疵保険は、不具合の原因が経年劣化であれば、瑕疵保険の補償対象外になります。要注意!

既存住宅売買瑕疵保険の注意点として

既存住宅売買瑕疵保険の検査とは?
既存住宅売買瑕疵保険に合格した中古住宅 = 安心・安全な中古住宅ではないのです!

既存住宅売買瑕疵保険の検査とは?

フラット35の仕様を標準にしませんか?
フラット35の仕様を標準仕様にしませんか?そうすれば省エネ法もすんなりと行くのでは?

フラット35の仕様を標準にしませんか?

外壁サイディング通気金具工法の補足として
念の為に、妻側外壁サイディングの通気金具工法と通気経路確保部材の補足説明です!

外壁サイディング通気金具工法の補足として

Y&Y住宅検査の生い立ちとして
今の様に住宅診断にのめり込んだのは、泣き寝入りした依頼者を見過ぎた事が原因ですかね!

Y&Y住宅検査の生い立ちとして

住宅診断の一環として④
住宅診断の一環として工事中の現場をチェックする事に対して、もう限界を感じて来ました!

住宅診断の一環として④

既存住宅売買瑕疵保険に加入しませんか?
築20年を超える中古住宅を購入される方は、是非 既存住宅瑕疵保険に加入しましょう!

既存住宅売買瑕疵保険に加入しませんか?

住宅診断の一環として③
住宅診断の一環として実施している、知り合いの工務店に現場の指摘をさせて頂きました!

住宅診断の一環として③

住宅診断報告書の伝え方として
中古住宅の住宅診断報告書の伝え方によって、ご依頼主様は購入判断は変わるのだろうか?

住宅診断報告書の伝え方として

既存住宅瑕疵保険適合検査プラス住宅診断
既存住宅瑕疵保険適合検査と床下・屋根裏に入っての検査が有る住宅診断は、セットで依頼!

既存住宅瑕疵保険適合検査プラス住宅診断

一番最初のインスペクションとして
一番最初に実施したインスペクションは、忘れたくても忘れられないほろ苦い思い出ですね!

一番最初のインスペクションとして

軒裏換気材として
先入観というものは、人の色々な物の考え方を停止される事が有りますので、要注意です!

軒裏換気材として

中古住宅の住宅診断の一例として
中古住宅の住宅診断の一例をアップして見ました。中古住宅が辿った歴史が感じられますね!

中古住宅の住宅診断の一例として

近隣住宅団地視察⑦として
近隣住宅団地の視察シリーズは、なかなか打ち止めになりそうで、なりませんね!

近隣住宅団地視察⑦として

注文住宅を依頼する時の確認事項として
注文住宅を建てる時には、7つの確認事項をクリアすれば少しは安心と考えます。

注文住宅を依頼する時の確認事項として

分譲住宅を設計する設計事務所にお願いとして
新築分譲住宅の確認申請業務をしている設計事務所は2階床の下がりの事も考えて下さいね!

分譲住宅を設計する設計事務所にお願いとして

何故、1/50の平面図を作成するのか?
住宅診断の為だけに1/50の平面図を作成するホームインスペクターは、他にいますかね?

何故、1/50の平面図を作成するのか?

住宅ローン減税が使用できなかった?
今回のお題目で、問題提起としてブログに挙げてみました!果たして結果は・・・?

住宅ローン減税が使用できなかった?

新築住宅の2階床の下がりとして
新築住宅の2階床の下がりの大きな原因は、大きな梁間と柱の直下率を軽視している事です。

新築住宅の2階床の下がりとして

ワークスペースを確保する為に
ワークスペースを確保する為のリフォーム工事は、注意事項を参考にして下さいね!

ワークスペースを確保する為に

新築と中古の住宅診断の違いとして
新築住宅と中古住宅の住宅診断の違いは有りますが、床の傾斜原因の追及は同じですよ!

新築と中古の住宅診断の違いとして

他のインスペクターの報告書として
世間一般のエンドユーザーが求めているインスペクションの報告書は表面的な内容で良いか?

他のインスペクターの報告書として

ホッとする一瞬として
床下に入っての検査を実施して、最後に部屋内の光が見えた時は、ホントにホッとします!

ホッとする一瞬として

不同沈下の見分け方③として
不同沈下の可能性が疑われる5つのサインを見つけたら、住宅診断を依頼しましょうね!

不同沈下の見分け方③として

業者任せ・職人任せを止めませんか?
工務店の責任者の方へ、現場監督任せ・業者任せ・職人任せの3つのお任せを止めませんか?

業者任せ・職人任せを止めませんか?

プレカット図面は誰が考える?
プレカット図面を設計する方は、机上で学習するだけでなく実際の現場も学習しませんか?

プレカット図面は誰が考える?

住宅診断の一環として②
住宅診断の一環として事前に工事途中の現場をチェックさせて頂いた1件目は、不発でした。

住宅診断の一環として②

これがY&Y住宅検査の住宅診断ですよ!
住宅を購入後、泣き寝入りをしない為には、建物状況調査ではなく、Y&Yの住宅診断ですよ!

これがY&Y住宅検査の住宅診断ですよ!

妻側外壁通気とサイディング通気金具工法として
外壁サイディング通気金具工法が主流になっているので有れば、妻側外壁通気確保は簡単!

妻側外壁通気とサイディング通気金具工法として

外壁サイディング通気金具工法として
住宅業界の現場は一体どうなっているのでしょうかね?全て現場任せ・業者任せ・職人任せ!

外壁サイディング通気金具工法として

散水栓ボックスとして
些細な事でも、その些細な事が家全体の施工レベルを凝縮した結果かもしれませんよ!

散水栓ボックスとして

梅雨時にする点検として
梅雨時期には、一度天井点検口から屋根裏を懐中電灯で照らして雨漏りの点検をしましょう!

梅雨時にする点検として

近隣住宅団地視察⑥として
ダメな工務店は、教えても直そうとしないクズな工務店なのか?それなりに有名なのにね!

近隣住宅団地視察⑥として

外壁通気のまとめとして
住宅瑕疵保険の加入する設計基準に外壁通気構法が有ります。サイディング張り等は要注意!

外壁通気のまとめとして

妻側外壁通気を屋根裏側に通気する為には
妻側外壁通気見切りの施工方法は、天井か屋根断熱材工法かによっていろいろと変わります。

妻側外壁通気を屋根裏側に通気する為には

屋根断熱の妻側外壁通気として
屋根断熱材の種類によって、妻側外壁通気の考え方及び方法が変わって来ます。要注意です!

屋根断熱の妻側外壁通気として

おっ これイイね! 床下のガス配管
ホンのチョットした気配りをしただけで、施工の仕上がり具合の見た目が違って見えます!

おっ これイイね! 床下のガス配管

契約前に住宅診断をしませんか?
契約後の住宅診断に於いて色々と問題が有った場合は、泣き寝入りの覚悟が必要ですよ!

契約前に住宅診断をしませんか?

何じゃこりゃ?
Y&Y住宅検査独自の新築住宅専用の「住宅診断」が生まれるキッカケになったお話です!

何じゃこりゃ?

何かスッキリしないお話として
リフォーム業者のインスペクション、建築士の建物状況調査って、今は主流で普通なのか?

何かスッキリしないお話として

リフォーム工事は良いけど
断熱材を沢山入れれば良いと考えている様ですが、換気口を塞いでしまったら本末転倒です!

リフォーム工事は良いけど

見落とされがちな外壁通気部分として
意外と見落とされがちな外壁通気で、オーバーハング下の外壁通気金物の設置を忘れずに!

見落とされがちな外壁通気部分として

仲介業者にホームインスペクション実施を伝える時期
ホームインスペクション(住宅診断)を入れる事を、最初に仲介業者に伝えておきましょう!

仲介業者にホームインスペクション実施を伝える時期

大手ハウスメーカーだから大丈夫?
大手ハウスメーカーの中古住宅だから、住宅診断の必要性は無いと言う事は間違いですよ!

大手ハウスメーカーだから大丈夫?

以外に見落とされるサッシビス締め
新築分譲住宅のサッシ枠を留めるビス締め不良が、意外と有りますので必ず直して貰う様に!

以外に見落とされるサッシビス締め

自宅のメンテナンスとして
自宅のメンテナンスは、5年毎に「住宅診断」を実施する事をお勧めします!

自宅のメンテナンスとして

新築各工程検査は必要か?
注文住宅の場合は、「新築各工程検査」を入れる事を契約書に記載する事をお勧めします!

新築各工程検査は必要か?

不同沈下の見分け方の一つとして②
不同沈下の可能性が有った場合でも、その住宅が欲しければ、住宅診断を依頼しましょう!

不同沈下の見分け方の一つとして②

インスペクション業者の斡旋とは
仲介業者のインスペクション業者斡旋の可否に関係無く、自ら住宅診断を依頼しましょう!

インスペクション業者の斡旋とは

2階トイレの通気弁として
2階トイレの排水をスムーズに流す為には、通気弁が必要です。必ず確認して下さいね!

2階トイレの通気弁として

新築分譲マンションの不適合事象として
新築分譲マンションでは難しいかも知れませんが、契約する前に住宅診断を依頼しましょう!

新築分譲マンションの不適合事象として

軒樋の不適合事象として
中古住宅を購入を検討している方は、軒樋の不適合事象をチェックして見て下さいね!

軒樋の不適合事象として

近隣住宅団地視察⑤として
妻側外壁通気の施工をどの様にしているか聞いた工務店から返事は無し。やはりネ・・・・!

近隣住宅団地視察⑤として

手作り計測補助機として
この様な手作り計測補助機を考案しているインスペクターは、他に居ないだろうなぁ~?

手作り計測補助機として

壁断熱材の留め方として
新築各工程検査は、断熱材充填検査、外壁透湿防水シート検査、完成後の住宅診断が必要!

壁断熱材の留め方として

住宅診断の一環②として
<住宅診断の一環として>シリーズの第2回目をアップしますが、果たして第3回目は・・?

住宅診断の一環②として

新築分譲住宅の天井断熱材として
新築分譲住宅または注文住宅でも、天井裏の断熱材の施工検査をされる事をお勧めします。

新築分譲住宅の天井断熱材として

傾斜計測用の小道具として
タタミの部屋の床の傾斜傾向が、ある程度分かる小道具が有りました。とても朗報です!

傾斜計測用の小道具として

ユニットバス基礎断熱として
注文住宅とか 売建分譲住宅の場合は、是非、新築各工程検査を実施しませんか?

ユニットバス基礎断熱として

ユニークな不適合事例として
たまには、ユニークで面白く、信じられない買取再販物件の不適合事例のお話をしてみます。

ユニークな不適合事例として

不同沈下の見分け方の一つとして
基礎のひび割れの延長線上の土間コンクリートにひび割れが有る場合は、不同沈下に要注意!

不同沈下の見分け方の一つとして

リフォーム工事を依頼する時の依頼事項として
リフォームを依頼する時の依頼事項として、残材などを綺麗に掃除をして持って帰る事!

リフォーム工事を依頼する時の依頼事項として

住宅診断の一環として①
新築分譲住宅の購入を諦めさせない為に、工務店の方で事前に指摘事項を無くす努力が必要!

住宅診断の一環として①

リフォーム工事を安心してお任せは危険として
リフォーム工事を考えている方は、工務店任せにするのではなく自分でチェックしましょう!

リフォーム工事を安心してお任せは危険として

もうすぐ診られなくなる劣化事象として
もうすぐ、住宅の劣化事象の資料本でしか診られなくなるであろう劣化事象を紹介します。

もうすぐ診られなくなる劣化事象として

2階床傾斜の原因として
新築2階建て分譲住宅の2階床傾斜の原因が、2階間仕切壁柱の直下率が大きな原因と判明?

2階床傾斜の原因として

続 新築住宅の2階床の傾斜として
外周壁部分の直下率が良くても、2階床の傾斜には間仕切り壁部分の柱の直下率が要注意!

続 新築住宅の2階床の傾斜として

新築住宅の2階床の傾斜として
2階床に傾斜が有る場合は、柱の直下率をチェックしてから、契約の云々を判断しませんか!

新築住宅の2階床の傾斜として

屋根裏の不適合事例②として
雨漏りの本当の原因がハッキリと分からず、反省点の多い住宅診断でした。

屋根裏の不適合事例②として

住宅診断の重要性として
新築分譲住宅の住宅診断が、如何に重要なのか?について分かり易く書いています!

住宅診断の重要性として

インスペクション実地研修として
昨年、実施できなかった「インスペクション実地研修」を5月18日に実施する事が決定!

インスペクション実地研修として

外気に接する床断熱材として
新築住宅の場合は、特に断熱材設置の検査が必要ですよ!

外気に接する床断熱材として

床下グラスウール系断熱材として
床下グラスウール系の断熱材は、インスペクター泣かせの断熱材?

床下グラスウール系断熱材として

天井軽天下地と断熱材として
省エネの効率を考えた場合は、天井の下地を軽天下地にする事をお勧めします!

天井軽天下地と断熱材として

屋根裏の不適合事例①として
新築分譲住宅の「屋根裏に入っての検査」では、色々と珍しい不適合事例が発見できますよ!

屋根裏の不適合事例①として

「住宅診断」で ふと思う事として
中古住宅よりも新築住宅の方が、「住宅診断」が必要とY&Y住宅検査は考えています。

「住宅診断」で ふと思う事として

オーバーハング下の外壁通気として
民法改正に対応した、各工務店独自の現場施工の標準納まり図を早く決めて統一しませんか?

オーバーハング下の外壁通気として

鉄筋が痛かった床下不適合事象として
床下に入っての検査には色々なハプニングが有りますので、必ず立ち合いをお願いします。

鉄筋が痛かった床下不適合事象として

屋根断熱材の屋根通気として
屋根断熱材使用時の屋根通気の時は、特に妻側外壁通気構法排気口金物を設置しましょう!

屋根断熱材の屋根通気として

新築分譲住宅の階段傾斜として
階段踏み板の傾斜には左右の傾斜と前後の傾斜が有ります。前後の前下がりは要注意ですよ!

新築分譲住宅の階段傾斜として

外壁通気用の通気金物として
軒天が有る部分の外壁通気金物には、今回紹介する通気金物の設置をお勧めします!

外壁通気用の通気金物として

リフォーム工事済み中古住宅として
買取再販業者の中古住宅は、ご期待の漏れずやってくれます!これぞ買取再販中古物件!

リフォーム工事済み中古住宅として

Y&Y住宅検査は、他の人と違う目線で!
「住宅診断」は、劣化事象の原因を目視の範囲で追及するインスペクターに依頼しましょう!

Y&Y住宅検査は、他の人と違う目線で!

玄関ドアの戸当たりとして
玄関ポーチの土間に設置している玄関ドアの戸当たりの位置に注意して下さいね!

玄関ドアの戸当たりとして

「住宅診断」前に出来る事として
「住宅診断」を実施する前に、Y&Y住宅検査が出来る事を考えてみました。

「住宅診断」前に出来る事として

基礎と土間等とのスキ間は要注意!
基礎と土間等との取合いにすき間が確認された場合は不同沈下の可能性が大きいので要注意!

基礎と土間等とのスキ間は要注意!

新型コロナ禍でのリフォーム工事に注意!
在宅勤務の為のリフォーム工事を早く完成させる為に、業者の言いなりになっていませんか?

新型コロナ禍でのリフォーム工事に注意!

あなたに必要なインスペクションって何?③
住宅を購入した後に、後悔・泣き寝入りをしない為に「住宅診断」を依頼しましょうね!

あなたに必要なインスペクションって何?③

あなたに必要なインスペクションって何?②
巷に色々なインスペクションが有りますので、その内容を見極めて依頼しましょう!

あなたに必要なインスペクションって何?②

あなたに必要なインスペクションって何?①
あなたにとって今必要なインスペクションって何?について、思いつくままをお話をします。

あなたに必要なインスペクションって何?①

増改築等工事証明書として
リフォーム工事資金の減税措置を受ける為に、「増改築等工事証明書」を事前に依頼する事!

増改築等工事証明書として

床下の束石崩壊として
床下の束石崩壊の劣化事象は、床下に入っての検査をしないと発見する事は難しいですよ!

床下の束石崩壊として

床下の湿気の原因として
床下地盤面が、外部地盤面より低い中古住宅の場合は、床下の湿気に注意して下さいね!

床下の湿気の原因として

床下の劣化事象②として
「建物状況調査」では、ほぼ見つける事が出来ない「床下地割れ」の不適合事象のお話です。

床下の劣化事象②として

お客様との縁から
住宅診断の必要性をアピールする事は、泣き寝入りする買主様を減少させる為に必要ですね!

お客様との縁から

外壁防火構造として
外壁の防火構造の認定基準を遵守する事で、新たな妻側外壁通気の不適合事象が・・・・。

外壁防火構造として

近隣住宅団地視察④として
外壁通気金物設置については、各工務店も色々と考えているのでしょうかね?

近隣住宅団地視察④として

基礎ひび割れ補修として
既存住宅瑕疵保険加入の為の基礎ひび割れ補修方法は、外部からシーリング打ちでOKです?

基礎ひび割れ補修として

基礎パッキンの施工不良として
キソパッキン一つ取っても、住宅建材の日進月歩の歴史を感じますね!

基礎パッキンの施工不良として

新築分譲住宅を購入する前に!として
同じ様な新築分譲住宅でも「アフター点検」が有る・無しが有りますので確認が必要ですよ!

新築分譲住宅を購入する前に!として

小屋裏天井断熱材設置に要注意として
桁下がりとか小屋裏物置が有る新築住宅の天井断熱材が、小屋裏換気機能を妨げているかも?

小屋裏天井断熱材設置に要注意として

妻側外壁通気見切りとして
妻側外壁通気排気口金物が、既に建築金物メーカーから商品が出ている意味を考えないと・・

妻側外壁通気見切りとして

不同沈下による建物への影響として
部分的な不同沈下による建物への影響は、特に構造材の接合部は要注意ですよ!

不同沈下による建物への影響として

買取再販中古住宅の床の傾斜に要注意!として
契約不適合責任を追及する為には、弁護士を依頼しなければ、売主は全然動きませんよ!

買取再販中古住宅の床の傾斜に要注意!として

住宅診断から1年2か月で示談成立
示談が成立しても、その間の心の葛藤は大変なものですよ!契約前には必ず住宅診断ですよ!

住宅診断から1年2か月で示談成立

床下の劣化事象として
床下に入っての検査をしない「建物状況調査」では、発見できない劣化事象が有りますよ!

床下の劣化事象として

1階床の傾斜として
べた基礎ではない床の傾斜補修工事は、「土台上げ工法」をお勧めします!

1階床の傾斜として

2階床の傾斜として
2階の床の傾斜は、単純に不同沈下とは限りません。2階の間取りの載り方にも注意が必要!

2階床の傾斜として

既存住宅瑕疵保険適合住宅は安心?
既存住宅瑕疵保険の免責事項は、よくよく読んで確認しましょうね! 

既存住宅瑕疵保険適合住宅は安心?

自宅の住宅診断は必要ですよ!
自宅のメンテナンス工事の見積もりを依頼する前に、「住宅診断」を実施しませんか?

自宅の住宅診断は必要ですよ!

中古住宅の契約不適合責任の免責として
中古住宅を契約する前には、必ず「住宅診断」を実施して劣化事象の原因を確認しましょう!

中古住宅の契約不適合責任の免責として

近隣住宅団地視察③として
ここの工務店も、妻側外壁通気の排気口金物を設置はしていないようだね。残念!

近隣住宅団地視察③として

床の傾斜計測として
買取再販業者のリフォーム工事をした中古住宅は、床の傾斜計測を念入りに実施しましょう!

床の傾斜計測として

何故、床下に入っての検査に拘るのか?
Y&Y住宅検査が床下に入っての検査に拘るのは、二つの大切な理由が有るからです。

何故、床下に入っての検査に拘るのか?

中古住宅と敷地の環境として
「住宅診断」は、連想ゲームと同じ様に一つ一つの劣化事象を繋ぎ合わせて原因を追究!

中古住宅と敷地の環境として

買主が買取再販業者として
買取再販業者の中古住宅は、床下・屋根裏に入って検査をするインスペクターに依頼が必要!

買主が買取再販業者として

中古住宅のインスペクションの流れが変わった?
中古住宅のインスペクションの流れが変わった?宅建業者のインスペクション離れ?

中古住宅のインスペクションの流れが変わった?

買取再販業者の中古住宅って安心?
買取再販業者の中古住宅に関して何か良い所が有るか考えてみたのですが、何も無いのかな?

買取再販業者の中古住宅って安心?

劣化事象の原因が分からない補修工事って?
同じ劣化事象の補修工事で有っても、原因が分かって補修工事する方が納得購入では?

劣化事象の原因が分からない補修工事って?

新築住宅に於ける契約不適合責任として
契約不適合責任を問われる前に、外壁通気構法をシッカリと施工しましょうね!

新築住宅に於ける契約不適合責任として

妻側外壁通気用の排気口金物として
妻側外壁通気の排気口金物設置の件は、地場の工務店は何故設置しないのだろうか?

妻側外壁通気用の排気口金物として

近隣住宅団地視察②として
外壁通気の排気口金物設置未済の場合は、契約不適合責任でどの様に扱われるのだろうか?

近隣住宅団地視察②として

健康診断と住宅診断として
「建物状況調査」の資料で、中古住宅が安心・納得して契約できる判断材料になるのか?

健康診断と住宅診断として

民法改正になっても「住宅診断」は必要!
民法改正になったから、買主様が守られているとは限りませんよ。 勘違いしない様に!

民法改正になっても「住宅診断」は必要!

宅建業法改正と民法改正として
民法改正は、売主側が対策を練った事で、買主側にとって大変不利な状況になっていますよ!

宅建業法改正と民法改正として

不適合事象が有る新築分譲住宅なのに?
民法改正になった事で、買主側が有利になる事は有りませんよ。売主側も対策をしています!

不適合事象が有る新築分譲住宅なのに?

以前、住宅診断を実施した家を見て
以前、中古住宅の住宅診断を実施した結果、購入を見合わせた家に他の人が住んでいました。

以前、住宅診断を実施した家を見て

ホームページの一部を変更追加として
ホームページの一部を変更追加しました。

ホームページの一部を変更追加として

新築分譲住宅の住宅診断が増加した原因として
中古住宅よりも新築分譲住宅の方が、「住宅診断」の依頼が多くなった原因は・・・・?

新築分譲住宅の住宅診断が増加した原因として

中古住宅を購入する時の心配事として
特に中古住宅を契約する時は、後悔をしない様に「住宅診断」を必ず実施して下さいね!

中古住宅を購入する時の心配事として

住宅診断を一緒にしませんか?
買主様を泣き寝入りをさせない為に「住宅診断」を頑張ってくれる建築士の方はいませんか?

住宅診断を一緒にしませんか?

耐震診断補強工事をしているから安心?
耐震補強工事済みの中古住宅だから安心ですよ!ってチラシに書いていた場合は、要注意!

耐震診断補強工事をしているから安心?

中古住宅を購入する時は焦らない事!
中古住宅を購入しようと考えている方は、購入期限を切らずに余裕を持って物件探しですよ!

中古住宅を購入する時は焦らない事!

パックリフォーム工事は要注意!
簡単なリフォーム工事は「要注意」ですよ! 特に床・壁の傾斜は事前に調査が必要ですよ!

パックリフォーム工事は要注意!

リフォーム工事を条件に中古住宅の契約は要注意!
「住宅診断」を実施して、リフォーム工事の内容を決めてから契約をしましょう!

リフォーム工事を条件に中古住宅の契約は要注意!

中古住宅の修繕リフォーム工事に要注意!
買取再販業者が販売する「中古住宅の修繕リフォーム工事」は、要注意ですよ!

中古住宅の修繕リフォーム工事に要注意!

近隣住宅団地視察?として
定期的な近隣住宅団地へ視察(勉強)に行って来ました。今日も新たな発見が有りました。

近隣住宅団地視察?として

住宅診断に必要なスキルとして
住宅診断を実施する為のスキルは、建築士で「既存住宅状況調査技術者」の資格では・・・。

住宅診断に必要なスキルとして

コロナ禍の住宅診断として
特に自宅の住宅診断の場合は、マスク着用の「エチケット」をお願いします。

コロナ禍の住宅診断として

住宅診断報告書は家のカルテ
将来の為に、床・壁傾斜計測図面等が有る住宅診断報告書を大切に保管しておきましょう!

住宅診断報告書は家のカルテ

Y&Y住宅検査の考え方(方針)として
漠然としていたY&Y住宅検査の考え方(方針)を改めて纏めてみました!

Y&Y住宅検査の考え方(方針)として

延長瑕疵保険という大きな決断をどうするか?続編
強制的にメンテナンス工事をする機会を作って貰えるのが、この「延長瑕疵保険」です!

延長瑕疵保険という大きな決断をどうするか?続編

延長瑕疵保険という大きな決断をどうするか?
「延長瑕疵保険」に加入するかどうかの大きな決断を迫られる事に、どの様に対応すべきか?

延長瑕疵保険という大きな決断をどうするか?

ホームページのマイナーチェンジとして
このホームページのブログを読めば、住宅診断とは何か?が分かります。

ホームページのマイナーチェンジとして

計測機器にも創意工夫が必要!
住宅診断を追究していく為には、計測機器にも創意工夫を怠らない事が必要ですね!

計測機器にも創意工夫が必要!

お役所仕事?として
お役所仕事について書きましたが、自分自身がお役所仕事をしていないか?要注意ですね!

お役所仕事?として

延長瑕疵保険として
住宅瑕疵担保責任保険が施行して10年が過ぎました。「延長瑕疵保険」を考える時期です。

延長瑕疵保険として

キソ点検口の実際の設置として
昨年、民法改正が施行され事に伴い、契約不適合に対する指摘が厳しくなるのでは?

キソ点検口の実際の設置として

何故「住宅診断」に拘るのか?
Y&Y住宅検査が、何故「住宅診断」という言葉に拘るのか?住宅診断とは何か?

何故「住宅診断」に拘るのか?

べた基礎配筋ピッチとして
べた基礎配筋ピッチから、工務店の住宅に対する考え方が読み取れるか?

べた基礎配筋ピッチとして

インスペクター目線①「キソ点検口」
春に向けて完成予定の分譲住宅の工事途中をインスペクター目線でチェックします!

インスペクター目線①「キソ点検口」

ヒートポンプ前面の離隔距離に注意!
エコキュートのヒートポンプ前面の離隔距離は、必ずチェックしましょう!

ヒートポンプ前面の離隔距離に注意!

モデルハウスを見させて頂きました!
広島で、工務店として頑張っている社長様とお話をさせて頂きました!

モデルハウスを見させて頂きました!

定期点検は重要として
工務店の定期点検の有無に関わらず、期限を決めて自主点検をしましょう!

定期点検は重要として

決済後の現地引渡しの同行として
新築住宅の、決済後の現地での住設の取説及び工務店の引渡しの立ち合いに同行しました。

決済後の現地引渡しの同行として

延びきったラーメンの味
7年前の事を忘れずに、依頼主が泣き寝入りをしない為の住宅診断を実施して行きます!

延びきったラーメンの味

不適合事象の原因の一つとして
住宅の施工する工務店の現場監督さんに一言、住む人の事を思って施工して下さいね!

不適合事象の原因の一つとして

一番厄介なニュースとして!
親しい人が言う事を鵜呑みにせずに、自分で真実を見つけて行動をしましょう!

一番厄介なニュースとして!

引渡し前の住宅診断は必要ですよ!
新築住宅の引渡し前、契約前には、外部(第三者)の住宅診断を依頼をしましょう!

引渡し前の住宅診断は必要ですよ!

電話での変更打合せは、要注意!
相手の状態を考えずに、変更事項を電話で依頼する事は止めてメールで依頼しましょう!

電話での変更打合せは、要注意!

指差し確認の重要性として
「あれっ?」っていう不安を無くす為の方法として、「指差し確認」をお勧めします!

指差し確認の重要性として

自宅で「あれっ 何か変?」 
自宅で「あれっ 何か変?」って気が付いたら、即行動に移しましょう!

自宅で「あれっ 何か変?」 

自宅のマンションは大丈夫ですか?
自宅の分譲マンションの価値を下げない為にピロティ部分のひび割れチェックをしましょう!

自宅のマンションは大丈夫ですか?

自宅がマンションだから安心?として
自宅の分譲マンションの建物自体の劣化事象に気が付いたら、管理人さんに伝えましょう!

自宅がマンションだから安心?として

自宅のメンテナンスは何時すれば良いのか?
自宅の点検する日時を決めて、その点検を継続しませんか?自宅の劣化事象が分かりますよ!

自宅のメンテナンスは何時すれば良いのか?

中古住宅を契約して泣き寝入りしない為に!
中古住宅を契約して泣き寝入りしない為に、自分の身は自分で守りましょう!

中古住宅を契約して泣き寝入りしない為に!

冬季の住宅診断笑い話?として
冬季の住宅診断で、笑うに笑えない切実なトイレ苦労話のお話です!

冬季の住宅診断笑い話?として

新築住宅の場合は特に断熱材チェックが必要!
断熱材の入れ方が雑だと、部屋内の寒さの違いがます。住宅診断でチェックしましょう!

新築住宅の場合は特に断熱材チェックが必要!

妻側外壁通気金物の件として
Y&Y設計事務所が建築確認申請を降ろした物件の完了検査の事前検査を実施しました!

妻側外壁通気金物の件として

建物状況調査を追加します!
建物状況調査と同等の劣化事象有無の調査を実施する事にしました!

建物状況調査を追加します!

中古住宅も定期点検が必要!
中古住宅を長持ちさせるには、3年から5年に一度は有料点検を依頼しましょう!

中古住宅も定期点検が必要!

新年からブログ内容を変更します!
「住宅診断業務」と「住宅設計及び確認申請業務」双方に相乗効果が有る事が分かった!

新年からブログ内容を変更します!

新年の分譲住宅として
新年の分譲住宅の現場を沢山見られる有名な団地に行って来ました。

新年の分譲住宅として

新しい年を迎えて
今年から、ブログ内容を少し住宅診断に拘らない内容に変えて行きます。

新しい年を迎えて

今年最後のブログです。
今年一年ありがとうございました。来年も宜しくお願いします。

今年最後のブログです。

住宅診断って何?纏めとして
建物状況調査は、建物を「診断」するけれども「判断」はしないが基本って何?

住宅診断って何?纏めとして

住宅診断って何?②として
安心して暮らせる住宅なのかどうなのか?を調べるのがインスペクションなのでは?

住宅診断って何?②として

住宅診断って何?①として
既存住宅インスペクション・ガイドラインから、住宅診断の定義を考えてみます!

住宅診断って何?①として

床傾斜の計測方法として
床計測方法は、レーザーレベルで6帖の部屋で有れば9か所計測すれば完璧!

床傾斜の計測方法として

基礎配筋かぶり厚さとして
基礎のかぶり厚さを確保する為に、スラブ下には捨てコンクリートを打ちましょう!

基礎配筋かぶり厚さとして

お客様参加型 住宅診断の企画として
お客様参加型の住宅診断の企画を考え付いたのですが、もう少し練り直しが必要か?

お客様参加型 住宅診断の企画として

住宅診断を始めてから5年
住宅診断を始めて5年が過ぎました。宅建業法改正に対する期待が・・・・大はずれ!

住宅診断を始めてから5年

建築士の定期講習として
住宅診断に一番大切で必要な一級建築士の定期講習の修了書が届きました!

建築士の定期講習として

外壁シーリング打ち検査として
工事中の現場を見学に行く時は、外壁シーリング打ち忘れが無いかをチェック!

外壁シーリング打ち検査として

新築分譲住宅の床下チェックとして
新築分譲住宅を見学に行った時は、床下収納庫(点検口)の蓋を開けて、床下をチェック!

新築分譲住宅の床下チェックとして

耐震補強と既存住宅瑕疵保険として
耐震補強工事をしているから、既存住宅瑕疵保険に加入できる中古住宅だから安心なのか?

耐震補強と既存住宅瑕疵保険として

新築住宅で一番最初に見る所として
新築分譲住宅を見に行って、最初に必ず見る箇所は、外壁妻側の外壁通気の有無です!

新築住宅で一番最初に見る所として

住宅診断手直し項目に対する対応として
住宅診断報告書の手直し項目に対する売主側の対応が、選ばれる会社の判断基準になるのか?

住宅診断手直し項目に対する対応として

「2階の載り」と傾斜傾向として
2階の床・壁の傾斜傾向は、2階の載りが良いか悪いかで結果が大きく変わります!

「2階の載り」と傾斜傾向として

建物の傾斜傾向として
何故、国は、建物全体の傾斜傾向が分かる様に、統一した計測方法・箇所を決めないのか?

建物の傾斜傾向として

妻側外壁通気の検証として
新築各工程検査で、妻側外壁通気がどうなっているのかが分かる写真を撮って来ました!

妻側外壁通気の検証として

買取再販中古住宅のユニットバスに注意!
買取再販中古住宅の、特にユニットバス床下には要注意です!

買取再販中古住宅のユニットバスに注意!

「新築各工程検査」よりも大切な事として
「新築各工程検査」よりも大切な事として、プランの段階から建築士などに相談する事!

「新築各工程検査」よりも大切な事として

自宅の住宅診断として
自宅の住宅診断の依頼方法の理由に、修繕工事の順番を決める為に依頼する事もOK!

自宅の住宅診断として

低勾配屋根の屋根裏点検として
低勾配屋根の場合は、各部屋ごとに1か所天井点検口を設置する事をお勧めします。

低勾配屋根の屋根裏点検として

中古住宅の契約時の注意点として
既存住宅瑕疵保険に加入できる中古住宅だから安心ですよ!という営業トークには要注意!

中古住宅の契約時の注意点として

耐震等級と地震保険として
長い目で見て、建物の不具合を少しでも少なくする為には、耐震等級3を目指して下さい!

耐震等級と地震保険として

中古住宅の床を契約前に計測しましょう!
中古住宅を契約する前に、詳細な床・壁の傾斜計測を実施しましょう!

中古住宅の床を契約前に計測しましょう!

基礎ひび割れ補修として
基礎のひび割れ補修方法にお勧めな工法は、エポキシ樹脂注入工法(ビックス工法)です。

基礎ひび割れ補修として

不同沈下を直す場合に大切な事として
不同沈下を直す工事をする時は、必ず壁を剥がして筋違いの接合部をチェックしましょう!

不同沈下を直す場合に大切な事として

新築分譲住宅の診断項目として
新築住宅の住宅診断と中古住宅の住宅診断とは、ハッキリと区別した診断方法、項目が必要!

新築分譲住宅の診断項目として

新築分譲住宅基礎に貫通クラックとして
新築住宅の基礎にも、基礎立上り部分に貫通クラックが入っているのにはビックリ!

新築分譲住宅基礎に貫通クラックとして

新築3階建て分譲住宅の図面チェックとして
分譲住宅は、エコキュートだけでなく、エコジョーズも有る事を思い出しました。

新築3階建て分譲住宅の図面チェックとして

エコキュートのヒートポンプとして
新築分譲住宅を見に行った時には、エコキュートのヒートポンプ正面のスペースをチェック!

エコキュートのヒートポンプとして

自宅の住宅診断として
今月に入って、集中して自宅の住宅診断の依頼が入りました。新型コロナのせいなのかな?

自宅の住宅診断として

床下に入っての調査に使用する台車として
住宅診断を長年していると、手作りの診断道具が増えて来ます。台車もその一つです!

床下に入っての調査に使用する台車として

不適合事例43 基礎パッキンとして
新築分譲住宅のインスペクションは、「内覧会」ではなく「住宅診断」をしましょう!

不適合事例43 基礎パッキンとして

中古と新築住宅とでは住宅診断の内容が違う!
中古住宅と新築住宅のそれぞれの住宅診断の考え方と重点の置き方の違いです!

中古と新築住宅とでは住宅診断の内容が違う!

住宅診断報告書の説明として
新築住宅の住宅診断結果の報告書の説明は、問題が有っても無くても1時間くらいで終わります。

住宅診断報告書の説明として

外壁通気と通気金具工法として
外壁通気の施工に関して、未だに現役の現場監督が理解していない事に苛立ちを覚えます。

外壁通気と通気金具工法として

建物状況調査と不同沈下として
国土交通省が推奨する「建物状況調査」は、「木を見て森を見ず」のインスペクションです!

建物状況調査と不同沈下として

建物状況調査とは?として
売主側主導の「建物状況調査」で買主側は安心・満足するだろうか?答えはノーですね。

建物状況調査とは?として

アパートの住宅診断として
アパートの住宅診断の依頼は、全ての部屋が空き家でない場合は受けません。

アパートの住宅診断として

泣き寝入りをしない為に
念願のマイホームを購入してから泣き寝入りしない為、契約前に「住宅診断」を依頼する事!

泣き寝入りをしない為に

外気に接する床断熱材として
3階建て新築住宅の車庫上の外気に接する床断熱材が何になっているか確認して見て下さい!

外気に接する床断熱材として

瑕疵保険法人の瑕疵保険免責として
住宅瑕疵保険に加入していれば、住宅の何が大丈夫で、何が安心なのでしょうか?

瑕疵保険法人の瑕疵保険免責として

不同沈下の原因として
敷地の隣に低い法面が有る場合は、不同沈下の可能性を考えてみて下さい!

不同沈下の原因として

基礎鉄筋かぶり厚さとして
基礎の鉄筋かぶり厚さに関して、工務店は余りにも無頓着過ぎますので気を付けて下さい!

基礎鉄筋かぶり厚さとして

新築各工程検査として
依頼が有っても受けていなかった「金物・構造躯体検査」を今後は受ける事にします。

新築各工程検査として

セルフ・インスペクション 外廻り④として
自宅に居る時間が多くなった場合は、自宅を一度セルフインスペクションしましょう!

セルフ・インスペクション 外廻り④として

セルフ・インスペクション 外廻り③として
自宅に居る時間が多くなった場合は、自宅を一度セルフインスペクションしましょう!

セルフ・インスペクション 外廻り③として

セルフ・インスペクション 外廻り②として
自宅に居る時間が多くなった場合は、自宅を一度セルフインスペクションしましょう!

セルフ・インスペクション 外廻り②として

セルフ・インスペクション 外廻り①として
自宅に居る時間が多くなった場合は、自宅を一度セルフインスペクションしましょう!

セルフ・インスペクション 外廻り①として

外気に接する床の断熱材として
一階に車庫が有る場合は、外気に接する床の断熱材をチェックして下さい!

外気に接する床の断熱材として

ユニットバス下部基礎断熱として
フラット35を使用する使用しないに関わらずユニットバス下部の点検口に断熱材の蓋を!

ユニットバス下部基礎断熱として

不適合事例42 屋根として
買取再販中古住宅も、業者によってはリフォーム内容が全然違いますね!

不適合事例42 屋根として

不適合事例41 給水配管として
新築分譲住宅には、想像もつかない不思議な施工をしている場合が有りますので要注意!

不適合事例41 給水配管として

不適合事例40 床下水抜き孔として
床下に入っての検査を実施しないと分からない、色々な不適合事象が有ります。

不適合事例40 床下水抜き孔として

バルコニーの排水管として
外壁、バルコニーなどの防水工事に於いて、一体成型品をどんどん使用して欲しいですね!

バルコニーの排水管として

小屋裏・床下の構造として
フラット35工事仕様書納まりの参考図も、全てが正解とは限らないですね!

小屋裏・床下の構造として

基礎立上り高さとして
フラット35を使用して新築住宅を購入する人は、基礎の高さに気を付けて下さいね!

基礎立上り高さとして

不適応事例39 サッシ下部の防水立上りとして
バルコニーに出るサッシ下部の防水立上り部分をチェックするのも楽しいですよ!

不適応事例39 サッシ下部の防水立上りとして

不適合事例38 樋として
売主側が実施する「建物状況調査」は、構造と雨水に関連する項目以外は調査はしません。

不適合事例38 樋として

不適合事例37 堀込車庫として
堀込車庫の上に部分的に家が載っている中古住宅を見に行く時は要注意です!

不適合事例37 堀込車庫として

不適合事例36 トイレ排水不良として
住宅を見に行った時は、トイレ排水管の通気弁がどこに設置しているか確認して下さいね!

不適合事例36 トイレ排水不良として

片流れ屋根の棟換気として
片流れ屋根の場合は、棟換気が設置しているかどうかをチェックしてみて下さい!

片流れ屋根の棟換気として

小屋裏換気の必要性として
小屋裏換気の役割から考えれば、小屋裏換気の必要性が自ずと分かりますね!

小屋裏換気の必要性として

大空間のLDKとして
大空間で柱が無いLDKのプランは、何処かに歪が来ますので注意する事が必要です。

大空間のLDKとして

不同沈下の検証として
中古住宅の住宅診断にとって、不同沈下の有無は重要な位置を占めています。

不同沈下の検証として

住宅診断に於けるデジタル水平器として
住宅診断に於いて、デジタル水平器はレーザーレベルと同様に重要な検査機器です。

住宅診断に於けるデジタル水平器として

不適合事例35 サッシ枠結露として
築35年以上の中古住宅を見に行く時は、サッシガラスの種類をチェックをしてみて下さい!

不適合事例35 サッシ枠結露として

新築住宅を契約する時の注意点として
住宅診断を実施しているインスペクターから見た、新築住宅を購入する時の注意点として!

新築住宅を契約する時の注意点として

住宅を契約する前の豆知識として
建築条件付き土地の売買契約と建築請負契約を同時に契約しない様に!

住宅を契約する前の豆知識として

笠木部分の外壁通気として
笠木の外壁通気排気口の施工には、他にも色々な方法が有ります。

笠木部分の外壁通気として

不適合事例34 外部ひび割れとして
新築住宅の手直しの中で、モルタル仕上げ部分のひび割れはの場合は全部塗り替え!

不適合事例34 外部ひび割れとして

新築住宅のインスペクションとは何か?として
新築住宅のインスペクションは、既存住宅のインスペクションとは全く違います。

新築住宅のインスペクションとは何か?として

不適合事例33 軒裏として
屋根葺き替え、外壁塗替えをしているからと安心しない様に!

不適合事例33 軒裏として

インスペクションの位置付けとして
売主側が実施する「建物状況調査」は、買主側にとっては落とし穴です!

インスペクションの位置付けとして

買取再販物件の見方として
買取再販の中古住宅の巧妙なテクニック?に誤魔化されない様に!

買取再販物件の見方として

不適合事例32 目地切れとして
中古住宅を見に行く時に、外壁の不適合事象をチェックしましょう!

不適合事例32 目地切れとして

妻側外壁通気のアイテムとして
妻側外壁通気の排気口を施工していない場合は、断熱材の施工にも要注意!

妻側外壁通気のアイテムとして

不適合事例31 床下残材散乱として
新築分譲住宅を見に行った時は、洗面脱衣室の床下点検口を開けてチェックしましょう!

不適合事例31 床下残材散乱として

不適合事例30 屋根裏水シミ跡として
中古住宅の住宅診断は、何か不適合事象が有るたびに自問自答しながら進めて行きます。

不適合事例30 屋根裏水シミ跡として

不適合事例29 外壁透湿防水シートとして
外壁透湿防水シート工事には、既製品の一体形成品の使用をお勧めします。

不適合事例29 外壁透湿防水シートとして

木造住宅工事仕様書として
確認申請書の仕様書に「住宅金融支援機構監修の木造住宅工事仕様書に基づき施工する」が記載されているか?

木造住宅工事仕様書として

住宅診断に対するお客様の期待とは?として
新築住宅の構造耐力上主要な部分の不適合事象の判断が難しい!

住宅診断に対するお客様の期待とは?として

不適合事例28 外気に接する床断熱材として
外気に接する床の断熱材の使用には注意する事が必要です。

不適合事例28 外気に接する床断熱材として

不適合事例27 2階床傾斜として
2階の間取りが1階の間取りの何処に載っているかを確認して見ましょう!

不適合事例27 2階床傾斜として

買取再販中古住宅の注意点として
買取再販業者の人間の心理を突いた術中にハマらない様に注意して下さい!

買取再販中古住宅の注意点として

不適合事例26 サッシ廻りとして
サッシ廻りの開閉チェックは簡単に出来ますのでチェックしてみて下さい!

不適合事例26 サッシ廻りとして

断熱材充填検査として
省エネ住宅とは、計算上の断熱性能が満足できなければ省エネ住宅とは言えない!

断熱材充填検査として

不適合事例25 床下断熱材として
住宅の現場を見に行く機会が有れば、仮設トイレを見て下さい!

不適合事例25 床下断熱材として

土砂災害警戒区域として
住宅を購入する前に必ず確認済証第3面に「土砂災害警戒区域」の記入の有無をチェック!

土砂災害警戒区域として

外壁通気構法として
住宅保証機構の「まもりすまい保険」の設計施工基準・同解説は、参考になります。

外壁通気構法として

工務店の意識改革として
新築各工程検査を受けた工務店が、自社物件に第三者検査機関を入れる様になったとの事。

工務店の意識改革として

既存住宅瑕疵保険加入検査として
既存住宅瑕疵保険に加入できる中古住宅は、「安心・安全」な住宅と勘違いしない様に!

既存住宅瑕疵保険加入検査として

直下率として
今から住宅を購入しようと考えている人は、直下率の事も考えてみては如何でしょうか?

直下率として

不適合事例24 換気ダクトとして
中古住宅を見に行って気に入った場合は、冷静になる為に住宅診断を!

不適合事例24 換気ダクトとして

不適合事例23 小屋裏換気として
小屋裏換気の設置を忘れていた住宅を、あなたは購入されますか?

不適合事例23 小屋裏換気として

不適合事例22 基礎水切りとして
フラット35工事仕様書は、住宅品質の最低基準と考えた方が良い!

不適合事例22 基礎水切りとして

不適合事例21 小屋裏換気として
小屋裏換気はフラット35を使用する場合は必須順守規定です。

不適合事例21 小屋裏換気として

不適合事例20 基礎内側断熱として
基礎内側断熱工法によく見つかる気密措置不適合事象です!

不適合事例20 基礎内側断熱として

2階設備給排水用PSとして
2階トイレ排水管の為にパイプスペースを作るか?それとも外に露出配管させるか?

2階設備給排水用PSとして

地震対策として
今から家を建てる人、リフォーム工事をする人に、制震システムをお勧めします。

地震対策として

不適合事例19 基礎ジャンカとして
「ジャンカ」にも段階が有り、そのレベルに合った補修がベスト!

不適合事例19 基礎ジャンカとして

不適合事例18 手摺笠木より漏水として
中古住宅を下見に行く時のバルコニー部分チェックポイント!

不適合事例18 手摺笠木より漏水として

不適合事例17 基礎肌別れとして
床に傾斜が有るか?無いか?を家の中に入らなくても分かるチェック方法が有ります!

不適合事例17 基礎肌別れとして

外壁防火認定として
今でも、外壁防火認定の不適合事例が多く確認されます!

外壁防火認定として

妻側外壁通気として
「軒ゼロ」タイプの透湿防水シート張りは、細心の注意が必要です!

妻側外壁通気として

危険な生活空間として
住宅の購入時には、生活上の安全性も少し考える「ゆとり」も必要ですよ!

危険な生活空間として

不適合事例16 小屋裏換気として
施工不良により、フラット35の工事仕様書に適合していない建物です。

不適合事例16 小屋裏換気として

外壁通気工法として
新築住宅を考えている人には、大変重要な工法です!

外壁通気工法として

不適合事例15 天窓として
天窓からの雨漏りの原因は、現場監督が原因!

不適合事例15 天窓として

不適合事例14 基礎のひび割れとして
各瑕疵保険法人によって、劣化事象の判定基準が違います!

不適合事例14 基礎のひび割れとして

不適合事例13 最終桝の蓋として
民法改正は、買主の保護が広がった様に思われていますが?

不適合事例13 最終桝の蓋として

不適合事例12 押入内カビとして
「既存住宅状況調査」の調査報告書が、中古住宅の安心・納得して購入できる判断材料になる?

不適合事例12 押入内カビとして

中古住宅購入時に住宅ローン減税を考えていますか?
住宅ローン減税を考えている方に大変、重要(お得)な情報です!

中古住宅購入時に住宅ローン減税を考えていますか?

共同住宅の既存住宅瑕疵保険検査として
リバウンドハンマー検査は、事前にマンションの管理会社に許可が必要!

共同住宅の既存住宅瑕疵保険検査として

不適合事例11 床下換気口として
中古住宅を見に行った時に、簡単にチェックできる不適合事象

不適合事例11 床下換気口として

不適合事例10 住宅設備として
「Y&Y住宅検査」は、「安心・納得」を提供出来るように住宅診断を実施しています。

不適合事例10 住宅設備として

不適合事例9 階段として
新築住宅の住宅診断にて確認された階段段板の傾斜の不適合事象です。

不適合事例9 階段として

不適合事例8 住宅設備として
浴室土間排水トラップの沈下による、二次的な不適合事象の可能性

不適合事例8 住宅設備として

買取再販住宅の裏側1として
買取再販住宅の裏側を事前に知る事で、後悔しない購入が出来ます。

買取再販住宅の裏側1として

不適合事例7 床下湿気として
床下の湿気が高い原因の項目に、「地下水位の高さ」もプラス。

不適合事例7 床下湿気として

不適合事例6 床下として
些細な不適合事象でも、全て調査する事が住宅診断には必要です。

不適合事例6 床下として

住宅診断を渋る住宅は敬遠するべし!
今回は、<住宅診断を渋る住宅は敬遠するべし!>についてお話をします。

住宅診断を渋る住宅は敬遠するべし!

サッシ枠廻りの隙間には注意!
今回は、<サッシ枠廻りの隙間には注意!>についてお話をします。

サッシ枠廻りの隙間には注意!

不適合事例4、5 床下として
果たして、どちらもすんなりと直して頂けるでしょうか?

不適合事例4、5 床下として

不適合事例2、3 透湿防水シートとして
今回は、<不適合事例 透湿防水シート1として>についてお話をします。

不適合事例2、3 透湿防水シートとして

不適合事例1 床下断熱材として
床下収納庫廻りの、床下断熱材が入っていない不適合事例です。

不適合事例1 床下断熱材として

バルコニー手摺の外壁通気として
今回は、<バルコニー手摺の外壁通気として>についてお話をします。

バルコニー手摺の外壁通気として

屋根裏の調査で分かる不適合事例として
今回は、<屋根裏の調査で分かる不適合事例として>についてお話をします。

屋根裏の調査で分かる不適合事例として

大引き間に使用するグラスウール系断熱材には要注意!
今回は、<大引き間に使用するグラスウール系断熱材には要注意!>についてお話をします。

大引き間に使用するグラスウール系断熱材には要注意!

不同沈下の可能性を予測する不適合事象
今回は、<不同沈下の可能性を予測する不適合事象>についてのお話をします。

不同沈下の可能性を予測する不適合事象

玄関ドアの戸当たりに注意!
今回は、<玄関ドアの戸当たりに注意!>についてお話をします。

玄関ドアの戸当たりに注意!

床下の地割れの原因は?
今回は、<床下の地割れの原因は?>についてお話をします。

床下の地割れの原因は?

敷地内の最終桝の調査は必要か?
今回は、<敷地内の最終桝の調査は必要か?>についてお話をして行きます。

敷地内の最終桝の調査は必要か?

天井断熱材155㎜2枚重ねは要注意!
今回は、<天井断熱材155㎜2枚重ねは要注意!>についてのお話をします。

天井断熱材155㎜2枚重ねは要注意!

屋根勾配が少ない住宅はメンテナンスが大変?
今回は、<屋根勾配が少ない住宅はメンテナンスが大変?>についてお話をして行きます。

屋根勾配が少ない住宅はメンテナンスが大変?

新築住宅の住宅診断って必要?
今回は<新築住宅の住宅診断は必要?>について実例を挙げてお話をします。

新築住宅の住宅診断って必要?

床下詳細調査の必要性について!
今回は、<床下詳細調査の必要性について!>について、二つの実例をあげてお話をします。

床下詳細調査の必要性について!

新築住宅も住宅診断が必要か?について
今回は、<新築住宅も住宅診断が必要か?>についてお話をして行きます・・・

新築住宅も住宅診断が必要か?について

中古住宅を購入する前に見る箇所<住宅設備機器廻り>について
今回は<住宅設備機器廻り>の何をチェックすれば良いかのお話をします・・・

中古住宅を購入する前に見る箇所<住宅設備機器廻り>について

中古住宅を購入する前に見る箇所<建具廻り>について
今回は<建具廻り>の何をチェックすれば良いかのお話をします・・・

中古住宅を購入する前に見る箇所<建具廻り>について

中古住宅を購入する前に見る箇所<外廻り>について
今回は、中古住宅を最初に見に行った時に注意してみて欲しい箇所<外回り>に・・・

中古住宅を購入する前に見る箇所<外廻り>について

住宅診断は何故必要なのか?
【下記の写真は、床下断熱材隙間の不具合】 今回は、<住宅診断は何故必要なのか?>について・・・

住宅診断は何故必要なのか?

床下に入っての住宅診断とは
【下記の写真は、断熱材で蓋が出来ないフラット省エネ性基準違反】 今回は、<床下に入っての・・・

床下に入っての住宅診断とは

住宅診断の適正費用金額とは
【下の写真は、屋根裏に入って調査しないと分からない外壁防火認定不備】 今回は、<住宅診断・・・

住宅診断の適正費用金額とは

建物状況調査と住宅診断の違いについて
今回は「建物状況調査」と「住宅診断」の違いについてお話をします。

お施主様(買主様)は、費用対効果を考えて!
今回は、新築途中検査の依頼から、費用対効果についてのお話をします。

宅建業法改正後、買主側の動きは変わったか?
最初に、宅建業界がどう変わったのかを私が知っている範囲でお話をします。2年前に宅建業法・・・

既存住宅瑕疵保険法人の考え方の違い
今回は、<既存住宅瑕疵保険法人の考え方の違い>についてお話をしていきます。・・・

既存住宅瑕疵保険法人の考え方の違い

中古住宅買取再販物件の落とし穴
今回は、<中古住宅買取再販物件の落とし穴>についてお話をしてみたいと思います。 ・・・

中古住宅買取再販物件の落とし穴

既存住宅状況調査方法の落とし穴
今回の<既存住宅状況調査方法の落とし穴>について実際に基づいてお話をしていきます。・・・

既存住宅状況調査方法の落とし穴

既存住宅個人間売買瑕疵保険のメリットとは?
今回は、既存住宅個人間売買買瑕疵保険のメリットについてお話をしていきます。・・・

建物状況調査の現状は?
今回は、昨年4月に宅建業法改正に伴うインスペクション業者斡旋の可否の義務化で実地される・・・

建物状況調査の現状は?

インスペクションを依頼される買主様へ
昨年4月に宅建業法改正に伴うインスペクション業者斡旋の義務化がスタートしましたが、・・・

インスペクションを依頼される買主様へ

インスペクションのトラブルについて
今回は、久しぶりにブログを更新します。昨年年末から、新しい事務所の物色などに追われ、・・・

瑕疵事例058「床下人通口が通れない」
<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●新築 2階建て木造住宅◆事 象・・・

瑕疵事例058「床下人通口が通れない」

「床下・屋根裏に入っての検査」は必須検査
今回は、「床下・屋根裏に入っての検査」は必須検査である事を、人の「健康診断」に置き換え・・・

「床下・屋根裏に入っての検査」は必須検査

何故「床下・屋根裏に入っての検査」に拘るのか?
今回は、私が何故インスペクションに「床下・屋根裏に入っての検査」の必要性に拘るのかをお話・・・

何故「床下・屋根裏に入っての検査」に拘るのか?

戸建住宅の『住宅診断床下拝見』No.1
新シリーズ 新築・中古住宅の『住宅診断床下拝見』を連載して行きます。第一弾として、・・・

戸建住宅の『住宅診断床下拝見』No.1

木造住宅の軽天施工による省令準耐火構造
前回は、天井下地を軽天施工による断熱材の入れ方についてお話させて頂きましたが、今回は、・・・

木造住宅の軽天施工による省令準耐火構造

新築木造住宅の軽天下地について
今回は、新築住宅の住宅診断をしていて気が付いた天井下地の施工方法について書きます。 ・・・

新築木造住宅の軽天下地について

新築住宅で見かける「危険な納まり」として
今回は、新築住宅の住宅診断をしていて、危険な納め方をしている箇所が有りましたので、・・・

新築住宅で見かける「危険な納まり」として

瑕疵事例057「階段踏み板の傾斜」
<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●新築 2階建て木造住宅・・・

瑕疵事例057「階段踏み板の傾斜」

瑕疵事例056「基礎断熱」
<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築年数1年 2階建て木造住宅・・・

瑕疵事例056「基礎断熱」

民法改正で中古住宅市場はどうなるか?
今回は、2020年4月に民法改正が施行されたら、中古住宅市場はどうなるかを、今現在分かる範囲・・・

民法改正で中古住宅市場はどうなるか?

不動産仲介業者のインスペクションに対する考え方について
今回は、お題目が長くなりましたが、このお話をして行きます。 宅建業法改正による・・・

不動産仲介業者のインスペクションに対する考え方について

新築住宅の床下断熱材施工不良の例として
今回は、何故新築住宅の住宅診断に於いて、床下に入っての調査が必要なのかについてお話を・・・

新築住宅の床下断熱材施工不良の例として

広島県内での住宅診断はY&Y住宅検査へ
今回は、中古住宅は勿論の事、新築住宅の契約前には必ず住宅診断が必要ですが、果たして・・・

広島県内での住宅診断はY&Y住宅検査へ

住宅診断を実施する業者の色々な考え方
今回は、住宅診断に対する同業者の考え方などのお話をしてみます。 各業者によって、・・・

住宅診断を実施する業者の色々な考え方

分譲戸建住宅を契約する前にする事として
今回は、新築分譲住宅を契約する前に「住宅診断」をする事が必要なのかどうかについてお話を・・・

分譲戸建住宅を契約する前にする事として

瑕疵事例055「土台の継手」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築年数30年 2階建て木造住宅

瑕疵事例055「土台の継手」

瑕疵事例054「屋根裏構造材」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築年数32年 2階建て木造住宅・・・

瑕疵事例054「屋根裏構造材」

瑕疵事象053「外壁目地材の外れ」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築年数24年 2階建て軽量鉄骨住宅・・・

瑕疵事象053「外壁目地材の外れ」

新会員さんの為に「住宅診断」実地研修を実施
今回は、日本ホームインスペクターズ協会中国・四国エリア部会で実施した、新会員向けの・・・

新会員さんの為に「住宅診断」実地研修を実施

既存住宅インスペクション・ガイドラインの検証として
今回は、平成25年6月に国土交通省が策定した「既存住宅インスペクション・ガイドライン」を・・・

既存住宅インスペクション・ガイドラインの検証として

「建物状況調査」は「まやかし」そのもの!
今回のお話は、「建物状況調査」が一般消費者を誤魔化す国土交通省の「まやかし」で有る事が、・・・

「建物状況調査」は「まやかし」そのもの!

これからの「住宅診断」の役目について
今回は、これからの「住宅診断」についてお話をして行きます。 宅建業法改正に伴う・・・

これからの「住宅診断」の役目について

建物状況調査には総合判定が無い!
今回は、建物状況調査に総合判定が無い事についてお話をして行きます。 ・・・

買主様に「建物状況調査」が必要か?
今回は、買主様に「建物状況調査」が必要か?についてお話をして行きます。4月から宅建業法・・・

買主様に「建物状況調査」が必要か?

広島県の「住宅診断」はY&Y住宅検査に!
今回は、ホームインスペクショ(住宅診断)はY&Y住宅検査にお任せ下さい!・・・

広島県の「住宅診断」はY&Y住宅検査に!

買主様サイドの「住宅診断」が何故必要か?
今回は、買主様サイドの「住宅診断」が何故必要か?についてお話をして行きます。・・・

買主様サイドの「住宅診断」が何故必要か?

売主様サイドの「建物状況調査」は普及しない!
今回は、4月からスタートする「建物状況調査」について、不動産仲介業者の動向をお話します。・・・

売主様サイドの「建物状況調査」は普及しない!

「建物状況調査」にはセカンドオピニオンが必要
今回は、売主様サイドの「建物状況調査」には、セカンドオピニオンとして「住宅診断」が必要・・・

「建物状況調査」にはセカンドオピニオンが必要

既存住宅を購入する時の注意点その一として
今回は、中古住宅を購入するに当たって、注意項目を連載してお話をしていきます。・・・

既存住宅を購入する時の注意点その一として

「建物状況調査」は凄く簡単に出来る?
今回は、今年の4月から施行される「建物状況調査」について、最新の・・・

中古住宅を契約する前に住宅診断を依頼しましょう!
今回は、中古住宅を購入する為の注意点をお話します。◆注意点その一契約前に・・・

中古住宅を契約する前に住宅診断を依頼しましょう!

宅建業法改正に伴う「建物状況調査」の実地研修
今回は、宅建業法改正に伴う「建物状況調査」の実地研修を実施した時のお話をします。・・・

宅建業法改正に伴う「建物状況調査」の実地研修

一連のインスペクションについて
今回は、既存住宅インスペクション・ガイドラインの流れによる、インスペクションについて・・・

新築分譲住宅の住宅診断で重点的に診る所
今回は、新築分譲住宅で重点的に診る所のお話をします。流石に、新築分譲住宅の診断時間は・・・

新築分譲住宅の住宅診断で重点的に診る所

住宅診断のセミナー講師をして思う事
今回は、ある宅建協会から依頼され、「ホームインスペクション(住宅診断)とは」と・・・

住宅診断のセミナー講師をして思う事

インスペクション専用の賠償責任保険制度について
今回は、各団体が新しく商品化した「賠償責任保険」についてお話をして行きます。・・・

「建物状況調査」のセカンドオピニオンとして
来年4月からの「宅建業法改正に伴うインスペクション業者斡旋の可否の義務化」に対応して、・・・

「建物状況調査」のセカンドオピニオンとして

宅建業法改正に伴う「建物状況調査」について
今回は、宅建業法改正に伴う「建物状況調査」が中古住宅流通を促進するかについて・・・

宅建業法改正に伴う「建物状況調査」について

新築住宅はここに注意!(住宅診断が必要な理由)
※今回の話は、何故、新築分譲住宅のホームインスペクション(住宅診断)が必要なのかを・・・

新築住宅はここに注意!(住宅診断が必要な理由)

「不同沈下」と考えられる例として
ホームインスペクションで測定した壁・床の傾斜計測値を、弊社の様に図面に落として・・・

「不同沈下」と考えられる例として

瑕疵事象051「土台水切りの施工不良」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築年数15年 2階建て木造住宅・・・

瑕疵事象051「土台水切りの施工不良」

瑕疵事象050「サイディング目地切れ」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事例として>>●築年数27年の2階建て木造住宅・・・

瑕疵事象050「サイディング目地切れ」

売主様にインスペクション業者斡旋の可否の義務化について
来年4月に施行される宅建業法改正に伴うインスペクション業者斡旋の可否を義務化する・・・

「床下詳細検査」の重要性について
来年4月より、宅建業法改正に伴うインスペクションの斡旋の可否が義務化になります。・・・

「床下詳細検査」の重要性について

「瑕疵検査」をして思う事
住宅診断(ホームインスペクション)とか既存住宅瑕疵保険加入の為の検査ではない・・・

ホームインスペクション(住宅診断)の時期は、何時がベストなのか?
ホームインスペクション(住宅診断)を依頼する時期は、ズバリ契約前です。 何故ならば、・・・

「住宅ローン減税」で「住宅診断」をしましょう!
来年4月から宅建業法改正により、売主様、買主様に対して「住宅診断斡旋の可否」が義務化・・・

「瑕疵保証」と「瑕疵保険」の違い及び内容について
売主様、不動産仲介業者様、買主様も殆どの人が正確に理解していないのが、「瑕疵保証」と・・・

既存住宅瑕疵保険付き住宅は安心なのか?広島県
前回、3回に分けて保険法人別の床の傾斜測定方法と判定の仕方について述べてきました。・・・

保険法人(A社、B社)による床の測定結果の違い 広島県
保険法人は5社有る内、A社とB社の測定方法及び判定の違いが有りましたので、ここに記載・・・

保険法人(A社、B社)による床の測定結果の違い 広島県

既存住宅瑕疵保険加入の為の床の傾斜測定(B社) 広島県
前回に続き、今回のシリーズは、各保険法人の検査方法の特徴を各部位測定に分け解説して・・・

既存住宅瑕疵保険加入の為の床の傾斜測定(B社) 広島県

既存住宅瑕疵保険加入の為の床の傾斜測定(A社) 広島県
来年4月から宅建業法改正が施行されます。国土交通省の根本的な考え方は、中古住宅に瑕疵保険・・・

既存住宅瑕疵保険加入の為の床の傾斜測定(A社) 広島県

既存住宅瑕疵保険加入の為の床の傾斜測定(C・D・E社)  広島県
前回に続き、今回のシリーズは、各保険法人の検査方法の特徴を各部位測定に分け解説して・・・

住宅診断 座学第一回セミナー
平成29年7月28日日本ホームインスペクターズ協会 中国・四国エリア部会第1回住宅診断・・・

住宅診断 座学第一回セミナー

「既存住宅状況調査技術者移行講習」に無事合格!
来年4月から宅建業法改正が施行されます。インスペクションに関する改正内容は、・・・

「既存住宅状況調査技術者移行講習」に無事合格!

住宅診断広島劣化事象048「木製サイディングのアク」
<<雨漏り調査の瑕疵事象として>>●築5年の2階建て木造住宅 設計事務所のデザイン住宅・・・

住宅診断広島劣化事象048「木製サイディングのアク」

住宅診断広島劣化事象047「雨漏り」
<<雨漏り調査の瑕疵事象として>>●築35年の2階建て木造住宅屋根はカラーベスト葺き・・・

住宅診断広島劣化事象047「雨漏り」

住宅診断広島劣化事象046「バルコニー手摺りの笠木」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築15年の2階建て木造住宅・・・

住宅診断広島劣化事象046「バルコニー手摺りの笠木」

住宅診断広島劣化事象045「針状結晶」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築39年の2階建て木造住宅・・・

住宅診断広島劣化事象045「針状結晶」

「既存住宅状況調査の方法」についての問題点No.2
既存住宅状況調査技術者講習テキストの内容をチェックしていて気が付いた事を記載します。・・・

「既存住宅状況調査の方法」についての問題点No.1
既存住宅状況調査技術者講習テキストの内容をチェックしていて気が付いた事を記載します。・・・

住宅診断時の要チェックポイント002「外部基礎塗装」岡山県
<<既存住宅ホームインスペクションの要チェックポイントとして>>■築38年木造2階建て住宅・・・

住宅診断時の要チェックポイント002「外部基礎塗装」岡山県

「床の傾斜測定及び判定」の大きな問題点 広島県
宅建業法改正により、来年の4月から中古住宅の売買時に住宅診断の斡旋が義務化になります。・・・

「床の傾斜測定及び判定」の大きな問題点 広島県

住宅診断広島劣化事象044「エコキュート転倒防止金物設置未済」
<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●新築分譲住宅の内覧会にて・・・

住宅診断広島劣化事象044「エコキュート転倒防止金物設置未済」

住宅診断広島劣化事象043「筋違い取付金物のナット締め忘れ」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築22年の2階建て木造住宅・・・

住宅診断広島劣化事象043「筋違い取付金物のナット締め忘れ」

住宅診断広島劣化事象042「セメント瓦の劣化」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築29年の2階建て木造住宅・・・

住宅診断広島劣化事象042「セメント瓦の劣化」

住宅診断 広島「床下詳細診断の為の準備」
<<Y&Y住宅検査が、床下詳細診断をする時の拘りとして>>お客様の家を汚さない為に、・・・

住宅診断 広島「床下詳細診断の為の準備」

買取再販中古住宅の施工チェック 002「換気ダクト接続未済」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築29年木造住宅買取再販業者が・・・

買取再販中古住宅の施工チェック 002「換気ダクト接続未済」

買取再販中古住宅の施工チェック 001「換気ダクト施工不良」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築29年木造住宅買取再販業者が・・・

買取再販中古住宅の施工チェック 001「換気ダクト施工不良」

住宅診断広島劣化事象041「不同沈下」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>測定した数値を元に実際に判定した・・・

住宅診断広島劣化事象041「不同沈下」

住宅診断広島劣化事象040「2階間取りの載り」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築38年木造住宅(新耐震基準以前・・・

住宅診断広島劣化事象040「2階間取りの載り」

「既存住宅瑕疵保険加入の為だけの検査」の問題点
<<既存住宅瑕疵保険加入の為だけの検査の問題点>>◆特に基礎クラックの実例を上げて説明・・・

「既存住宅瑕疵保険加入の為だけの検査」の問題点

住宅診断(ホームインスペクション)に向けての準備作業 広島
お客様から、住宅診断(ホームインスペクション)の依頼を受けた場合、住宅診断を実施する・・・

住宅診断(ホームインスペクション)に向けての準備作業 広島

住宅診断時の要チェックポイント001「バルコニー笠木手すりバーの付け根」
<<既存住宅ホームインスペクションの要チェックポイントとして>>■築23年木造2階建て・・・

住宅診断時の要チェックポイント001「バルコニー笠木手すりバーの付け根」

「買取再販業者の中古住宅」に注意!
今まで、買取再販業者の中古住宅の住宅診断を何件も実施して来ました。その中で、瑕疵保険・・・

住宅診断広島瑕疵事象039「床下断熱材のダレ」
<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●新築分譲住宅の内覧会にて・・・

住宅診断広島瑕疵事象039「床下断熱材のダレ」

中国・四国エリア部会「2017年度スタートアップセミナー」
昨年、ホームインスペクター試験に合格した人達を対象にした「スタートアップセミナー」に・・・

中国・四国エリア部会「2017年度スタートアップセミナー」

既存住宅瑕疵保険付き住宅の問題点 その1として
<<購入予定者側がインスペクションした結果に対する既存住宅瑕疵保険付き住宅の問題点>>・・・

「既存住宅瑕疵保険加入」の為だけの検査を実施
今まで既存住宅瑕疵保険に加入されたお客様は、床下・小屋裏詳細検査オプションを含めた・・・

「既存住宅瑕疵保険加入」の為だけの検査を実施

「住宅診断」と「既存住宅瑕疵保険加入の為の検査」との違い
◆「住宅診断」とは、住宅を調査・診断する事により、現在の劣化状況を把握する事・・・

「住宅診断」と「既存住宅瑕疵保険加入の為の検査」との違い

「住宅ローン減税」を使用する為のインスペクションを開始!
<<2018年3月31日迄の期間限定商品!>>■「住宅ローン減税」を受けたい既存住宅・・・

既存住宅瑕疵保険の「引渡後補修特約」とは
某保険法人より「引渡後補修特約」の商品が出た時は、画期的な商品が出たと凄~く喜びました・・・

瑕疵保証検査の運用基準の件
<<既存住宅個人間売買瑕疵保険の検査事業者コース「瑕疵保証検査」運用基準において>>・・・

中古住宅フラット35S適合証明書の件
◆中古住宅フラット35S適合証明書の発行1年半振りに中古住宅フラット35S適合証明発行・・・

中古住宅フラット35S適合証明書の件

住宅診断の実地研修
日本ホームインスペクターズ協会 中国・四国部会に於いて、山口市内で「第2回 住宅診断実地研修・・・

住宅診断の実地研修

基礎の劣化事象の原因の一つとして
床下に入っての詳細検査で、基礎の劣化診断は、主にひび割れ及びポップアウト現象など・・・

基礎の劣化事象の原因の一つとして

住宅診断広島劣化事象038「床下の湿気」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築40年木造住宅自宅の・・・

住宅診断広島劣化事象038「床下の湿気」

基礎立上りのひび割れ診断に注意!
■築40年の既存住宅のホームインスペクションにて(写真の掲載は、まだお客様の了解を・・・

何故、中古住宅を契約した後に住宅診断を依頼するのか?
またまた、中古住宅を契約した後に住宅診断に関する相談が有りました。今回の場合も、・・・

住宅診断と耐震診断
◆今回は、少し趣向を変えて、木造住宅の耐震診断の事を書きます。最近と云うより、・・・

住宅診断広島劣化事象037「軒裏化粧合板劣化」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築35年木造住宅(新耐震基準以前)・・・

住宅診断広島劣化事象037「軒裏化粧合板劣化」

住宅診断で診る順番、箇所と方法(床下編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(床下編)として(屋根裏編)に続き、依頼者様に・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(床下編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(屋根裏編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(屋根裏編)として(壁・床の傾斜測定編)に続き・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(屋根裏編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(壁・床の傾斜測定編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(壁・床の傾斜測定編)として(トイレ・洗面ユニット・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(トイレ・洗面ユニット編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(トイレ・洗面ユニット編)として(キッチン編)・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(トイレ・洗面ユニット編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(キッチン編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(キッチン編)として(浴室編)に続き・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(キッチン編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(浴室編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(浴室編)として(サッシ・建具編)に続き、・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(浴室編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(サッシ・建具編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(サッシ・建具編)として(天井・壁・床編)に続き、・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(サッシ・建具編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(天井・壁・床編)
皆様 明けまして おめでとうございます。本年も どうぞ宜しくお願い申し上げます。今回の・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(天井・壁・床編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(屋外給排水編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(屋外給排水編)として(面格子等取付金物編)に続き・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(屋外給排水編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(面格子等取付金物編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(面格子等取付金物編)として(軒裏、樋編)に続き・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(面格子等取付金物編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(軒裏、樋編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(軒裏、樋編)として(外壁編)に続き・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(軒裏、樋編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(外壁編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(外壁編)として(基礎編)に続き・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(外壁編)

住宅診断で診る順番、箇所と方法(基礎編)
◆Y&Y住宅検査の住宅診断マニュアル(基礎編)として住宅診断を最初から終わりまで・・・

住宅診断で診る順番、箇所と方法(基礎編)

住宅診断広島劣化事象036「床下束石がコンクリートブロック平置き」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築44年木造住宅床下の束石が、・・・

住宅診断広島劣化事象036「床下束石がコンクリートブロック平置き」

失敗しない中古住宅の購入方法
中古住宅は、同じ築年数でも「ピンキリ」が有ります。このブログを読んで、安心・納得して・・・

住宅診断広島瑕疵事象035「玄関土間の沈下」
<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>●築30年軽量鉄骨造住宅ここの・・・

住宅診断広島瑕疵事象035「玄関土間の沈下」

中古住宅の床下の湿気が多い原因 その2
床下に湿気が多い家の原因が二つ考えられます。今回は前回に続き、もう一つをお話します。・・・

中古住宅の床下の湿気が多い原因 その2

中古住宅の床下の湿気が多い原因 その1
床下に湿気が多い家の原因が二つ考えられます。今回は、その一つをお話して行きます。・・・

中古住宅の床下の湿気が多い原因 その1

住宅診断広島劣化事象034「基礎コンクリートの劣化」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築44年木造住宅増改築を何回か・・・

住宅診断広島劣化事象034「基礎コンクリートの劣化」

手作り「壁傾斜測定器」の世代交代
住宅診断の始めた頃、壁の傾斜測定を全ての箇所でレーザーレベルと差し金を使って測定して・・・

手作り「壁傾斜測定器」の世代交代

基礎の「ひび割れ」は経年劣化なのか?
今回の議題を問題提起したのは、買取再販業者が契約の特約条項に下記の内容を盾にして、・・・

基礎の「ひび割れ」は経年劣化なのか?

住宅診断広島瑕疵事象033「屋根瓦表面の剥がれ」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築27年木造住宅金融公庫ローン仕様・・・

住宅診断広島瑕疵事象033「屋根瓦表面の剥がれ」

住宅診断広島瑕疵事象032「外壁モルタルにカビが発生」
<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>●築12年木造住宅ここの・・・

住宅診断広島瑕疵事象032「外壁モルタルにカビが発生」

中古住宅診断広島瑕疵事象031「地盤沈下」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築39年木造住宅盛土の法面側に・・・

中古住宅診断広島瑕疵事象031「地盤沈下」

中古住宅瑕疵保険に「延長瑕疵保険」が無い
現在、瑕疵担保保険法人で新築瑕疵保険の「延長瑕疵保険」の商品を扱っている会社は2社しか・・・

中古住宅瑕疵保険検査は合理的なのか?
◆今回の議題「中古住宅瑕疵保険検査は合理的なのか?」について今まで、ブログには・・・

住宅診断福山瑕疵事象030「シロアリ被害」
<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>●築30年木造住宅ここの・・・

住宅診断福山瑕疵事象030「シロアリ被害」

既存住宅売買瑕疵保険の検査について
国土交通省のホームページに記載されている「現在行われているインスペクションについて」・・・

既存住宅売買瑕疵保険の検査について

住宅診断山口瑕疵事象032「外壁モルタル仕上げ面にカビが発生」
<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>●築12年木造住宅ここの・・・

住宅診断山口瑕疵事象032「外壁モルタル仕上げ面にカビが発生」

ホームインスペクターと第三者性の関係とは
昨日は、ホームインスペクションは誰の為にするのだろうか? 第三者性を遵守する事って、・・・

住宅診断の「傾斜の判断基準」と「報告書の説明」について
ホームインスペクション(住宅診断)を実施していく件数が多くなるにつれて、色々な劣化事象・・・

住宅診断の「傾斜の判断基準」と「報告書の説明」について

住宅診断広島瑕疵事象029「床下構造材の含水率が高い」
<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>●築30年軽量鉄骨造住宅この・・・

住宅診断広島瑕疵事象029「床下構造材の含水率が高い」

住宅診断広島瑕疵事象028「母屋の継手付近に小屋束が無い」
<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>●築39年木造住宅この・・・

住宅診断広島瑕疵事象028「母屋の継手付近に小屋束が無い」

住宅診断広島瑕疵事象027「梁継手の下に柱が無い」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築39年の木造住宅この・・・

住宅診断広島瑕疵事象027「梁継手の下に柱が無い」

住宅診断 広島 瑕疵事象026「床下地面陥没」
久しぶりの「瑕疵事象シリーズ」です。<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象と・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象026「床下地面陥没」

「床下詳細診断」が一番重要、必須診断項目です
◆今回は、「床下詳細診断」の事を記載します。私の場合、住宅診断で、一番最後に実施する・・・

「床下詳細診断」が一番重要、必須診断項目です

買主様の契約前の住宅診断結果報告書に対する不動産業者様の反応
最近の不動産業者様は、ホームインスペクション(住宅診断)がある程度どんなものか・・・

買取再販の瑕疵保険付き中古住宅の新たな論点
11月8日に、買取再販瑕疵保険付き中古住宅の件で保険法人から回答が来て・・・

買取再販業者の瑕疵保険付き中古住宅は安心か?
今月に入ってのブログに、買取再販業者の瑕疵保険付き中古住宅の事を記載しています・・・

瑕疵保険法人の回答発表
◆前回のブログの内容を簡単にまとめます。買取再販業者が瑕疵保険付き中古住宅を販売・・・

買取再販の瑕疵保険付き中古住宅の実態
前回のブログに、買取再販業者の瑕疵保険付き中古住宅の不安項目を記載しました。・・・

瑕疵保険付きの中古住宅について②
前回、瑕疵保険付き中古住宅において、不安その① 不安その②を記載しました。・・・

瑕疵保険付きの中古住宅について①
2年後に施行される宅建業法改正案の大きな項目の一つに、中古住宅をインスペクションして・・・

広島市西区民まつりに出店します。
催し名:第32回西区民まつり日時:平成28年11月6日(日)場所:広島サンプラザ・・・

広島市西区民まつりに出店します。

住宅ストック循環支援事業についての報道発表
昨日の国会で可決され、補正予算で執行予定の住宅リフォームへの制度が明らかになりました。・・・

インスペクション制度の具体化について審議が始まる!
6月3日に公布された「宅地建物取引業法の一部を改正する法律」の円滑な施行に向け・・・

宅建業法の一部改正案成立後の現状は?
宅建業法の一部が改正する法律案が5月27日に国会で成立しました。施行時期は2年先以内・・・

広島住宅診断瑕疵事象025「壁断熱材入れ不良」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築12年の木造住宅この壁の・・・

広島住宅診断瑕疵事象025「壁断熱材入れ不良」

☆NEW☆ 新しい住宅診断項目を追加しました。
※当社のホームインスペクションを引き立てて頂き誠にありがとうございます。・・・

住宅診断の普及セミナーにおいて
今日は、日本ホームインスペクターズ協会 中国・四国エリア部会の山口市に有る会員の・・・

住宅診断の普及セミナーにおいて

住宅診断による「床・壁の傾斜チェック図」
◆新築住宅のホームインスペクションの1階傾斜チェック図 床は問題無いですね。・・・

住宅診断による「床・壁の傾斜チェック図」

新築住宅契約前の住宅診断は必要か?
答え:引越し後の手直し工事、瑕疵を認めさせる為のエネルギーの消耗、ストレスは・・・

ホームインスペクションで思う事。
ホームインスペクションをしていて、特に感じる様になって来た事が有ります。・・・

ホームインスペクションで、安心を買う?
◆ホームインスペクションの費用(弊社の場合)・基本住宅診断 50,000円(税別)・・・

何故、住宅を購入する前にホームインスペクションが必要なのか?
熊本地震に於いて、建物の倒壊した原因は色々と取り上げられています。その中の一つに・・・

何故、住宅を購入する前にホームインスペクションが必要なのか?

宅地建物取引業法の一部を改正する法律案が、5月27日に成立
※インスペクション(建物診断・検査)の説明義務などを規定した宅地建物取引業法の一部を改正・・・

宅地建物取引業法の一部を改正する法律案が、5月27日に成立

ホームインスペクションの実地研修②
平成28年5月26日 日本ホームインスペクターズ協会 中国・四国エリア部会で・・・

ホームインスペクションの実地研修②

「10年間の瑕疵担保責任」の期限切れ前にホームインスペクション!
※平成12年4月1日施行の「住宅品質確保法」による10年間の瑕疵担保責任の期限が・・・

セルフでホームインスペクション「外部基礎の劣化チェック」
※一戸建て自宅を自分でインスペクションしましょう!◆診断に必要な道具左:クラックスケール・・・

セルフでホームインスペクション「外部基礎の劣化チェック」

「28年熊本地震の義援金」として
28年熊本地震被災者の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。4月19日17時52分に・・・

セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」
※一戸建て自宅を自分でインスペクションしましょう!◆宅地内のマスの種類一般的に宅地内には・・・

セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」

セルフでホームインスペクション「宅地内給水管の漏水チェック」
※一戸建て自宅を自分でインスペクションしましょう!◆水道メーターで宅地内給水管の漏水・・・

セルフでホームインスペクション「宅地内給水管の漏水チェック」

宅建業法改正案に伴う「ホームインスペクションの形」
昨日ブログに記載した、宅建業法改正案に先駆けて、4月1日からジャパンホームシールド㈱が・・・

第1弾「ジャパンホームシールド株式会社」
ジャパンホームシールド㈱は、下記以外に既に大手不動産会社とも同等な内容で提携している・・・

リフォーム業者とホームインスペクション
1週間位前のFacebookで、リフォーム業者専門の中堅どころのコンサルティング会社が、・・・

ホームインスペクションの第三者性とは
この記事を書くキッカケは、九州地方において不動産業者とホームインスペクション業者との・・・

ホームインスペクションの第三者性とは

中古住宅診断広島 瑕疵事象024「排水管の逆勾配」
先月の下旬から、ブログを書く余裕が有りませんでした。明日からは、また少しずつ書いて・・・

中古住宅診断広島 瑕疵事象024「排水管の逆勾配」

住宅診断 広島 瑕疵事象023「大引継手金物無し」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」に・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象023「大引継手金物無し」

「住宅診断の実務と必要な道具」のセミナー
「診断の実務と必要な道具」の短いセミナーの講師をさせて頂きました。 機器の説明・・・

「住宅診断の実務と必要な道具」のセミナー

住宅診断 広島 瑕疵事象022「基礎モルタル劣化」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>◆事象:築30年近くになる建物・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象022「基礎モルタル劣化」

住宅に於ける「瑕疵」の考え方として
◆欠陥住宅研究会に於いて下記の質問が有りました。【質問1】木造2階建ての注文住宅で・・・

住宅診断に於ける「壁・柱の傾斜判断基準」
◆壁・柱の傾斜判断基準 床の傾斜基準と同じで、新築住宅と中古住宅とでは判断基準が違います。・・・

住宅診断に於ける「壁・柱の傾斜判断基準」

住宅診断に於ける「床の傾斜判断基準」
◆床の傾斜判断基準 新築住宅と中古住宅とでは基準が違います。 当社(住宅診断業界)に・・・

住宅診断に於ける「床の傾斜判断基準」

住宅診断 広島 瑕疵事象021「雨漏り」
<<中古住宅ホームインスペクションとして>>ここの「瑕疵事象シリーズ」に記載する・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象021「雨漏り」

「住宅診断は誰が依頼すればベストなのか」
◆現 状今現在、宅建業者又は売主がホームインスペクション(住宅診断)をして中古住宅を・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象020「基礎のひび割れ」
<<中古住宅ホームインスペクションについて>>◆事 象床下換気口の出隅から何故か・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象020「基礎のひび割れ」

住宅診断 広島 瑕疵事象019「土台継手」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>◆事 象土台継手の下に基礎・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象019「土台継手」

「宅建業法改正案の概要」
とても分かりやすい宅建業法改正に伴うインスペクションの概要が有りますので、・・・

中古住宅診断広島瑕疵事象018「天井の染み」
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」に・・・

中古住宅診断広島瑕疵事象018「天井の染み」

取引時のインスペクション提案義務付け 宅建業法改正案が閣議決定
まだまだ、中古住宅の購入者は、インスペクション(建物状況調査)の存在を知らない。・・・

中古住宅の診断義務化による影響
2018年に宅建業法改正により「中古住宅の住宅診断の有無」を重要事項説明書に・・・

インスペクション登録制を検討
―対象は建築士、保険は現行水準などで 国土交通省は、住宅の建物検査(インスペクション)に・・・

「住宅診断付き」中古住宅の販売
◆契約時確認を義務化=中古住宅診断で法改正ー国交省に伴い、不動産業者の動き・・・

契約時確認を義務化=中古住宅診断で法改正―国交省(2)
前回の記事を間違って解釈されている方がいますので、分かりやすく箇条書きにしてみました。・・・

契約時確認を義務化=中古住宅診断で法改正―国交省
(時事通信社より)「国土交通省は10日、中古住宅を安心して売買できるよう、専門家が・・・

契約時確認を義務化=中古住宅診断で法改正―国交省

住宅診断 広島 瑕疵事象017「洗面ユニット給水、給湯」
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。今年最初のブログです。・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象017「洗面ユニット給水、給湯」

今年最後のブログ
No.021◆ホームインスペクションの位置づけ日本ホームインスペクターズ協会 中国・四国支部・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象016「屋根庇付け根ひび割れ」
No.020<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」に・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象016「屋根庇付け根ひび割れ」

住宅診断 広島 瑕疵事象015「転圧不良」
No.019年末も押し迫って来た今日、この一年間でお世話になった人に出す年賀状の作成に追われた・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象015「転圧不良」

住宅診断 広島 瑕疵事象014「外壁通気工法」
タテ張りサイディングの場合、下地胴縁の設置間隔に注意が必要ですよ!

住宅診断 広島 瑕疵事象014「外壁通気工法」

住宅診断 広島 瑕疵事象013「基礎クラック」
基礎のひび割れ幅は、外部と床下内部から計測する数値が違いますよ!

住宅診断 広島 瑕疵事象013「基礎クラック」

ホームインスペクションにかかる時間
ホームインスペクションにかかる時間及び値段は、報告書の内容に差が出ます。

住宅診断 広島 瑕疵事象012「壁断熱材」
壁の断熱材の設置方法を理解していない大工が、今でも居ますので要注意です!

住宅診断 広島 瑕疵事象012「壁断熱材」

住宅診断 広島 瑕疵事象011「小屋裏妻壁」
No.014<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>◆事 象バルコニー小屋裏・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象011「小屋裏妻壁」

住宅診断 広島 瑕疵事象010「雲筋違い設置忘れ」
No.013<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>◆事 象小屋裏の「雲筋違い」・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象010「雲筋違い設置忘れ」

住宅診断 広島 瑕疵事象009「小屋裏カスガイ金物打ち忘れ」
No.012<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象について>>ここの「瑕疵事象シリーズ」・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象009「小屋裏カスガイ金物打ち忘れ」

住宅診断 広島 瑕疵事象008「床下の湿気」
No.011<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象008「床下の湿気」

住宅診断 広島 瑕疵事象007「床下に蟻道」
No.010<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象007「床下に蟻道」

住宅診断 広島 瑕疵事象006「小屋束のホゾ切り」
No.009<<中古住宅の耐震診断時に発見した瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象006「小屋束のホゾ切り」

住宅診断 広島 瑕疵事象005「ダウンライト取付」
No.008<<新築分譲住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象005「ダウンライト取付」

ホームインスペクションの「傾斜の判断基準」
No.007◆壁及び床の傾斜の判断基準壁、床の施工精度につきましては、平成12年建設省告示・・・

ホームインスペクションの「傾斜の判断基準」

住宅診断 広島 瑕疵事象004「給水パイプが根太貫通」
No.006<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>●築11年の木造2階建て住宅・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象004「給水パイプが根太貫通」

ホームインスペクション報告書の添付図面
No.005当社が、ホームインスペクションをした場合、最初にお客様から頂いた図面を元に、・・・

ホームインスペクション報告書の添付図面

住宅診断 広島 瑕疵事象003「屋根ルーフィングの立上り」
No.004<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>ここの「瑕疵事象シリーズ」・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象003「屋根ルーフィングの立上り」

住宅診断 広島 瑕疵事象002「不同沈下による床・壁の傾斜」
No.003<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>◆事象 床の傾斜の最大が・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象002「不同沈下による床・壁の傾斜」

住宅診断 広島 瑕疵事象001「パラペット部分の通気」
No.002<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>◆事象 パラペット部分が・・・

住宅診断 広島 瑕疵事象001「パラペット部分の通気」

ホームインスペクション実地研修
No.001 11月26日に中国・四国支部の有志により、初めての実地研修を行いました。・・・

ホームインスペクション実地研修

 

『Y&Y住宅検査』
コンテンツ

『Y&Y住宅検査』コンテンツ
ホームインスペクションとはホームインスペクションとは

ホームインスペクションとは

近年よく話題に取り上げられるホームインスペクション(住宅検査・診断)とは、どんな内容なのか、そちらの解説です。

MORE

はじめての方へはじめての方へ

はじめての方へ

ホームインスペクション(住宅検査・診断)は、どんな時・どんな方が必要なのか、そんな解説を行っています。

MORE

ご依頼の流れご依頼の流れ

ご依頼の流れ

「Y&Y住宅検査」へホームインスペクションをご依頼いただく際の必要事項や手順などをまとめました。

MORE

Y&Y住宅検査

〒730-0806
広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
TEL 082-208-0128082-208-0128
FAX 082-208-0140

営業時間 8:30~18:30
定休日 不定休

詳細はこちら