Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

あなたに必要なインスペクションって何?③

今回は、前回に続きで

あなたに必要なインスペクションって何?③>についてお話をします。

前回に続き

残る最後のインスペクションを説明します。

⑤Y&Y住宅検査の「住宅診断」

これは

このブログに何回も記載していますので

大まかに説明をしますね!

最初にお話しなければならないのは

住宅診断に対する考え方を

経営方針として纏めています。

①使命として

 住宅購入後に

 後悔する人

 泣き寝入りする人を

 撲滅する。

②理念として

 住宅を購入する全ての人に

 ”安心・納得して購入”

 そのきっかけを

 「住宅診断」を通して

 与え続ける。

③目的として

 この家を購入して良かった

 喜んで頂ける人を輩出する。

 

この経営方針に則って

Y&Y住宅検査の「住宅診断」を実施して行きます。

 

Y&Y住宅検査の「住宅診断」には

2種類の診断が有ります。

最初に

中古住宅の「住宅診断」の内容を簡単に説明します。

「建物状況調査」的なインスペクションが

住宅診断として生業としている

インスペクション業者が多いですが

この「建物状況調査」のインスペクション内容

前回のブログに説明をしていますが

中古住宅の劣化事象の有無を

判定基準以内かどうかを

調査するインスペクションです。

ただそれだけのインスペクションです。

買主側が一番知りたい

劣化事象の原因を調査するインスペクションでは有りません。

これで

その中古住宅の購入の為の判断をするのは

とても難しいと言うか

判断できないと考えます。

皆さんは

どう思われますか?

これでは

何の為のインスペクションなのか?

劣化事象の有無が分かったからって

その劣化事象が

例えば

基礎のひび割れが

ただ単に経年劣化によるひび割れなのか?

それとも

不同沈下が原因のひび割れなのか?

同じひび割れでも対処の方法が変わり

その費用も全然違ってきます。

詳しく説明すると長くなるので

今回は説明しません。

Y&Y住宅検査の「住宅診断」の場合は

このひび割れの原因を

床下に入っての検査を含めて

総合的に

目視の範囲で原因を追究していきます。

不同沈下かどうかだけでも分かれば

中古住宅を購入を考えている方で有れば

購入するかどうかの判断が出来ると考えています。

次は

新築住宅の「住宅診断」の内容を簡単に説明をします。

インスペクション業者に

新築住宅のインスペクションを依頼する場合は

引渡し時の「内覧会」に立ち会って

表面的なチェックをするだけの場合が殆どです。

既に決済が済んだ後の検査ですので

ドアにキズが有る無しとか

壁クロス等にキズが有る無しの検査です。

この様なインスペクションで有れば

インスペクターも

契約不適合責任になる様な瑕疵欠陥を

見つけ出す事は

はなっからしません。

更に言えば

中古住宅のインスペクション(建物状況調査)の様に

調査する箇所及び判定基準も有りません。

国土交通省も考えていません。

何故でしょうか?

新築住宅は新しいから

瑕疵欠陥は無いと決めつけているみたいですね!

この様な状況の中で

Y&Y住宅検査として

新築住宅用「住宅診断」の検査内容を確立させています。

大きく分けて

①断熱性能(断熱材の施工を検査)

②瑕疵保険の設計施工基準に合った

 施工をしているかどうかの検査

③フラット35を使用していれば

 フラット35の工事仕様書に

 沿った施工をしているかどうかの検査

④建築基準法に順守しているかの検査

以上4つの内容を検査して行きます。

勿論

床・壁の傾斜計測及び

住設関係の検査もして行きます。

 

如何でしたか?

住宅を購入した後に

後悔したり、泣き寝入りしたりしない様に

Y&Y住宅検査の「住宅診断」を実施して

安心・納得して購入して下さい。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊