Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断 広島 瑕疵事象013「基礎クラック」

No.017
<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>

◆事 象
基礎クラックの外から見たモルタル仕上げのクラックと同じ部分の床下内部から見たクラック幅の違いに傾向が有る。

【テキストテキスト】
住宅診断 広島 瑕疵事象013「基礎クラック」
【テキストテキスト】
住宅診断 広島 瑕疵事象013「基礎クラック」

◆結 果
今まで何箇所か測定した結果、外から測定したモルタル部分のクラックの幅より、床下内部から測定したクラックの幅が平均して0.2mm以上広い事が分かりました。
例えば、外で測定した限りなく0.3mmに近い0.3mm未満のクラックは原則として「補修不要」に相当しますが、0.5mm以上のクラックは「著しいひび割れ」に相当します。
つまり、0.3mm+0.2mm=0.5mm以上になり「著しいひび割れ」相当になってしまいます。
床下の調査が無い場合は慎重に調査、判断する必要が有ります。