Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

買取再販中古住宅には要注意ですよ!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<買取再販中古住宅には要注意ですよ!>についてお話をします。

中古住宅の購入を考えている方へ

買取再販中古住宅の場合は

殆どが

外壁、屋根の塗替えリフォーム工事を実施しています。

その中で

基礎のひび割れがヒドイ場合は

下記写真の様に

基礎表面に塗装をして

表面上は綺麗に補修していますよ!って言う

アピールに引っ掛からない様に!

今日は

下記写真事例を一つ一つ説明しながら

基礎ひび割れの内容を説明して行きます。

不具合事象の表面が

綺麗に補修工事をしているからと言って

不具合事象の根本から直っているとは

絶対に考えないで下さいね!

と言う注意喚起のお話をします。

 

【写真①】

 

上記写真①は

基礎の1m弱の範囲で

ひび割れが3か所入っています。

この様に狭い範囲で

何箇所もひび割れ補修が確認される場合は

ひび割れ幅が

判定基準幅の0.50㎜未満であっても

油断はしない様に!

もし

建物廻りを一周して見て

0.50㎜未満のひび割れ補修が至る所に入っていた場合

そのひび割れは

「貫通ひび割れ」と考えて間違いないです!

と言う事は

不同沈下の可能性が有るという事を

忘れないで下さいね!

 

【写真②】

 

上記写真②は

基礎ひび割れを補修したつもりが

キチンと最後まで補修が終わっていない

ひび割れ箇所です。

ひび割れ幅を計測すると

何と0.85㎜有りました。

キチンと補修していれば

見学に来た一般の方は

私達プロが見る様な目で見ないので

綺麗に補修しているで通り過ごす事でしょう!

 

【写真③】

 

上記写真③は

ひび割れ幅が0.55㎜有りました。

果たして

不具合事象の原因を追究しない

建物状況調査的なインスペクションしかしない

インスペクターのセミプロ?であれば

単純に

ひび割れの判定基準0.50㎜以上有るという事で

報告するだけでしょうね。

何が言いたいかと言うと

このひび割れをよく見てみると ☜ 良く見なくても分かる!(笑)

基礎の表面塗装工事をした後に

ひび割れが広がっているのが分かります。

つまり

基礎のひび割れ進行中

判断しないといけない不具合事象なのです。

 

例え話として

仮定のお話をします。

もし

この中古住宅を

既存住宅瑕疵保険適合検査に合格させる為に

他には問題が無かった場合は

この0.55㎜の基礎のひび割れを補修すれば

既存住宅瑕疵保険の付保証明書が発行されます。

つまり

既存住宅瑕疵保険付きの中古住宅になります。

さて

あなたは

既存住宅瑕疵保険付きだから安心だと考えて

この中古住宅を購入されますか?

ブゥ~!

ダメですよ!

何がダメなのか?

基礎のひび割れが進行中という事は

 不同沈下も進行中と考えた方が無難です。

購入して半年ぐらいで

 ひび割れが開いている事が分かったとしても

 既存住宅瑕疵保険からは

 そのひび割れが開いているから補修費を請求しても

 保険金(補修費用)は出ませんよ!

 つまり

 そのひび割れが原因で

 例えば

 床の傾斜が6/1000以上になったとしても

 そのひび割れと床の傾斜の因果関係を

 証明しない限りは保険は降りません。

 それを証明する為には

 急速に不同沈下が進まない限りは

 2年も3年も・・・・

 それ以上の年月が必要になる可能性も有ります。

 その間のストレスは想像も出来ませんね!

 そこ迄の覚悟が有れば

 その中古住宅を購入しても大丈夫かな?

今日の纏めとして

買取再販業者の中古住宅を購入する時は

出来れば

契約前に「住宅診断」を自分で依頼して下さい。

売主側が斡旋するインスペクターではなく

自分自身で

SNS等で色々調べてから

そのインスペクターの

インスペクションに対する考え方及び内容を

よくよく確認してから依頼して下さいね!

 

今日のお話は、参考になりましたでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊