Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断広島瑕疵事象039「床下断熱材のダレ」

<<新築住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>

●新築分譲住宅の内覧会にて
「長期優良住宅」です。

◆事 象
床下断熱材のダレ及びすき間を数箇所確認しました。
(長期優良住宅の省エネ仕様に反した施工です)

その他、診た範囲では断熱材が厚床合板に密着していないと思われます。

この様な断熱材の施工では、床下に結露を呼ぶ事になり、カビ発生の原因にもなります。

【テキストテキスト】
住宅診断広島瑕疵事象039「床下断熱材のダレ」
【テキストテキスト】
住宅診断広島瑕疵事象039「床下断熱材のダレ」
【テキストテキスト】
住宅診断広島瑕疵事象039「床下断熱材のダレ」

◆原 因
単純に職人の注意不足と現場監督の指示及び管理が徹底していなかったと思われます。

今回は、ここまでとします。

■広島県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!