Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

広島県の「住宅診断」はY&Y住宅検査に!

今回は、ホームインスペクショ(住宅診断)はY&Y住宅検査にお任せ下さい!についてお話をします。

【テキストテキスト】
広島県の「住宅診断」はY&Y住宅検査に!

 

最初に経歴などのお話をします。

私は、2014年4月に、「Y&Y設計事務所」として創業し、

2014年5月12日に、「Y&Y株式会社」を設立いたしました。

以前の会社では、木造住宅の設計、現場管理及び定期点検をさせて頂いたお陰で、建物の劣化、手抜き工事などの見極めの経験を積んできました。

この経験を十分に活かせる仕事はホームインスペクション(住宅診断)と考え、独立する事を決心しました。

ホームインスペクション(住宅診断)の業務を実際に行う為に、最初に取った資格は、「既存住宅現況検査技術者」を1日の講習で取得しました。

資格を取ったと言っても、建築士であれば誰でも講習を受講すれば取れる資格で、

実際のホームインスペクション(住宅診断)業務には何の役にも立ちませんでした。

当時は、広島でホームインスペクションを教えてもらえる会社、建築士はおらず、

たまたま、NPO法人日本ホームインスペクターズ協会のホームページを見つけ、一般会員として登録をしました。

この協会は、年に1回、ホームインスペクターになる為の試験が12月に実施される事を知り、

その試験の日迄に、最初に当協会の名古屋支部へ実地研修の勉強に行き、

また、大阪支部にはホームインスペクションを始める為のスタートアップセミナーを受講し、

最後に、福岡支部において試験対策セミナーを受講した結果、試験に合格する事が出来ました。

翌年の2月に日本ホームインスペクターズ協会の公認ホームインスペクターに認定されました。

その2月に最初のホームインスペクションの依頼が舞い込み、今日に至っています。

その間、協会のマニュアル本でホームインスペクションを独学し、

実際のホームインスペクションを苦労しながらやり遂げ、お客様に喜んで頂きました。

今では、当協会の中国・四国エリア部会で、新人さんの為にホームインスペクションの実地研修で、今迄一人で苦労して身に付けた技術を新人さんに教えています。

この様に、お客様に喜んで頂けるホームインスペクションを実施して来た私にとって、

今年の4月からスタートする「建物状況調査」がどんな内容のインスペクションかは、

このホームページのブログ、マイベストプロのコラムに書いている通りです。

私にとって、「建物状況調査」は何の役にも立たないインスペクションと考えています。

まだ「既存住宅瑕疵保険加入の為の検査」は、問題が無ければ瑕疵保険に加入出来るし、

築20年以上の中古住宅の場合は、住宅ローン減税が受けられます。

しかし、この「建物状況調査」を実施したからと言って、

何のメリットも有りません。

「建物状況調査」をする位なら、「既存住宅瑕疵保険加入の為の検査」をした方が、まだマシですね。

と言っても、

「既存住宅瑕疵保険加入の為の検査」はあくまでも保険に加入出来るかどうかの検査で有って、

建物の劣化状況を調査するホームインスペクション(住宅診断)とは違います。

中古住宅の劣化状況を調査して、安心・納得して購入する為には、

ホームインスペクション(住宅診断)を依頼しましょう。

今回はこれで終わります。

ホームインスペクション(住宅診断)のご依頼、または建物状況調査のセカンドオピニオンのご依頼は、

当社ホームページ画面の上下に有る「お問合せ 」か又は携帯電話(090-1183-5008)まで連絡をして下さい。

契約する前が、住宅診断の最適な時期です。