Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

新築分譲住宅と住宅瑕疵保険として

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<新築分譲住宅と住宅瑕疵保険として>についてお話をします。

今日のお話は

住宅瑕疵保険に入っていても

外壁に発生したカビに対しては

瑕疵保険は使えませんよ!というお話です。

 

新築分譲住宅は

一般的に「住宅瑕疵担保責任保険」に入っています。

と言うか

住宅瑕疵保険の「付保証明書」が買主様に渡されます。

これは

売主が販売する新築住宅に

もしもの事(瑕疵事象)が発生した場合に備えて

その補修工事費などを賄うために

売主が

瑕疵保険法人に登録して

物件ごとに保険料を瑕疵保険法人に支払う事で

新築分譲住宅に住宅瑕疵保険が付けられるのです。

条件としては

工事中の基礎配筋検査とか

中間検査時の構造金物の設置検査などに

合格する事が基本的な必須条件になります。

以上が

新築分譲住宅住宅瑕疵保険仕組み(考え方)です。

少し話が反れますが

中古住宅の「既存住宅売買瑕疵保険」と

保証内容が大きく違う事が一つ有ります。

それは

新築住宅の場合は

中古住宅では保険対象ではない

「不同沈下」に関しても保険対象なのです。 ☜ 凄く重要な事ですよ!

Y&Y住宅検査が

床の傾斜計測に力を入れるのは

特に中古住宅の場合には

この「不同沈下」に関しては、保険対象外だからです!

良く覚えておいて下さいね!

 

という事で本題に入ります。

Y&Y住宅検査が

新築分譲住宅の「住宅診断」

特に注意して検査をする項目は

既にお分かりと思います。

そな中の一つ

「外壁通気構法」についてお話をします。

この「外壁通気構法」

住宅瑕疵保険の設計施工基準

【第10条 乾式の外壁仕上げ】に書かれています。

最近の新築分譲住宅の場合は

殆どがサイディングの外壁なので

この第10条に書かれている様に

「外壁通気構法」で施工しなければなりません。

「外壁通気構法」と言っても

外壁通気の排気口金物が設置されていて

初めて「外壁通気構法」になるのです。

この排気口金物が設置されていない場合は

特に北面の場合は

必ずと言って良い程

外壁にカビが発生します。

今からお話する事をよく考えて下さい!

北面外壁に

カビが発生している現状を見れば

誰もがビックリします。

しかし

自分が購入しようとしている新築分譲住宅に限って

新築住宅なのだから

その様なカビが発生する訳が無いと

何も根拠が無いのに言い張る方もいます。

何故

Y&Y住宅検査が

ここ迄しつこく「外壁通気構法」お話をするのか?

もう何十件もの

カビが発生した築浅の建物を見ているからお話をするのです。

折角

長期の住宅ローンを組んで購入した住宅が

4,5年で北側外壁面にカビが発生する可能性が有るのです。

もう一つ念を押しますね!

この外壁にカビが発生した不具合事象を

直す為の住宅瑕疵保険は降りませんよ!

何故なら

雨漏りによってカビが発生した訳ではないからです。

原因は

外壁通気構法の施工が完結していない為なのだから!

瑕疵保険で補修費が出るのは

「雨水浸入」及び「構造に関する瑕疵」

瑕疵事象が原因で被害に遭った箇所を

補修する工事費しか保険は出ません。

売主又は工務店が

外壁にカビが発生した事に対して

責任を感じて直してくれる事は

まず100%と言っていい程有りえませんね!

誰も責任は取ってはくれませんよ!

皆さんが口を揃えて言う言い訳は

北面だから仕方が有りませんよ!

と突っぱねて終わりでしょうね!

カビが発生する原因が

「外壁通気構法」の未完結で有ってもです。

 

外壁通気内の結露が

外壁通気排気口が塞がれている事が原因で

且つ

特に北面の外壁にカビが発生する事を

分かっているのは

「日本窯業外装材協会」くらいかな・・・・。

しかし

その事を知っていても

ハッキリと

外壁通気排気口の金物を

設置しないとダメとまでは言っていません。

という事で

今日の纏めです。

外壁のカビを取り除く費用

または

外壁通気構法の未完結を直す費用は

住宅瑕疵保険からは出ませんよ!という事が

お分かりになったでしょうか?

ゆえに

外壁通気構法の完結施工が大事なのです!

契約する前に

必ず確認して下さいね!

内覧会的なインスペクションしかしない

インスペクターに依頼をしてもダメですからね!

住宅診断を依頼される場合は

気を付けて下さいね!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊