Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

大手不動産が仲介している売建分譲住宅は安心?

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<大手不動産が仲介している売建分譲住宅は安心?>についてお話をします。

売建分譲住宅の購入を考えている方は

実際に

その建物を建てて販売する工務店が

どの様な会社なのか?

この事をシッカリと確認して

注意する事が必要ですよ!

例え

仲介業者が大手不動産業者で有っても

仲介業者は仲介業者の仕事をするだけなので

売建分譲を販売する会社の対応が悪くても

仲介業者は一切責任は取りませんからね!

ホント要注意ですよ!

 

本題に入ります。

以前の電話相談の件で

売建て分譲住宅の引渡し時に

売主(工務店)が立会をせずに

仲介業者だけが

施主検査等を代わりに実施したのですが

その時に出た手直し等を

仲介業者から売主(工務店)に伝えたにも関わらず

相談者の方には

何時何時までに直すとか等の連絡も無く

手直しは何も実施されていなかった

相談者の自宅へ

簡単なインスペクションを兼ねてお伺いしました。

確認申請図面を

受け取っているだろうと言う前提だったのですが

売主に

確認済証及び設計図書をくれる様に

メールしていたにも拘らず

メールをして来たのは検査済証

コピーだけだったのです。

確認済証が行方不明なのです。

なので

確認済証及び設計図書も無い事が分かり

色々とお話をしている中で

代理人を立てる所までお話が進みました。

結局

相談者からの質疑に対して

売主が誠意有る(キチンと)返答をして来なかった事が

相談者を怒らせてしまったようです。

以前に

同じ様な事が有って

買主の質問に対して何回もはぐらかす回答をして

その内

文句を言うのを諦めるだろうと

高を括っていた不動産業者がいましたが

結局

買主が弁護士をたてた事で

月日はかかりましたが

買主の言い分が通り示談で解決した事が有りました。

今回も

結局は代理人(弁護士)をたてる事で

この理不尽な売主(工務店)を糾弾する事になりそうですね!

ただ

そこまでする費用対効果を考えると

他の方法が有れば良いのですが・・・・。

取り敢えずは

確認済証を見つける事が先決ですね!

 

今日の纏めとして

大手不動産業者が

仲介をしている売建分譲住宅だからと言って

その建物を建てて販売している売主(工務店)が

安心出来る工務店とは限りませんよ!

要注意ですよ!

この案件は

本当に理解が出来ません。

確認済証にしても設計図書にしても

新たに作成する書類ではないはずです。

契約時に渡す書類なので

ただ単に渡せば良いだけなのに

何故それが出来ないのだろうか?

という事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これでお終い!

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊