Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

売主との関係を必要以上に悪化させない為に!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<売主との関係を必要以上に悪化させない為に!>についてお話をします。

新築住宅で重要(大切)な事は

定期的に住宅全体の点検(チェック)を実施して

不具合事象メンテナンスを怠らない事が必要です。

今日のお話は

念願の新築住宅の新居で生活をし出して

楽しい生活を送るはずだったのに

不具合事象が出て来てしまい

不具合事象に対する対応の悪さにストレスを感じて

売主側との関係を

必要以上に悪くさせてしまう事が有ります。

その様にならない為にはどうしたら良いのか?

と言うお話をします。

 

新築分譲住宅で有れば

契約前に担当営業から

新築ですからインスペクションを依頼しなくても

全然問題有りませんよ!

と言う言葉を鵜呑みにして

「住宅診断」を依頼せずに引渡しを受けて

念願の新居で生活をし出してから

「?・?・・?・・・」ってなって

不具合が色々と出てきた場合はどうされますか?

 

最初にされる事は

その住宅を仲介した不動産業者の担当者や

売主側の担当者に

不具合事項の補修依頼を依頼すると思います。

それに対して

最初の内は表面的な補修を実施して

補修が終わりました!と言われてホッとして

直って良かったね!と安心するのは束の間で

次から次と新しい又は補修してくれた箇所が・・・・。

その度に補修依頼の連絡をしていると

最初の内は

直ぐ補修に来てくれていたのが

段々と対応が悪くなり

しまいにはストレスが溜まってしまい

売主側と喧嘩状態になってしまう事が有ります。

この様になる原因の一つは

売主側が

期日を決めたアフター点検を実施しない場合です。

つまり

2年間は保証期間が有りますので

「何か有ったら連絡を下さい!」と言う事が原因です。

 

この様に新築分譲住宅は

アフター点検の期日が無い場合が多いので

必要以上に手直し依頼をしてしまい

売主側との関係が悪くなってしまうのです。

この様にならない様にする為には

緊急時の補修以外は別として

例えば3か月と12か月と24か月の期日を決めて

自分で建物全体をチェックして手直し項目を纏めるか

または

インスペクターに依頼してチェックした手直し項目を

売主側に渡して補修して貰えばストレスも少なく

売主側との関係が

必要以上に悪くならないのではないでしょうか?

 

今日の纏めとして

アフター点検期日が決まっていなければ

期日を決めて

自分か又はインスペクターに依頼して

建物全体を検査し

不具合事項を売主側に渡して直して貰いましょう!

一番大切な事は

新築分譲住宅を契約する前に

床下・屋根裏に入っての「住宅診断」を実施して

目視できる範囲だけでもチェックしませんか?

注文住宅で有れば

新築各工程検査で工事途中の検査を実施して

より安心して新居に住めるようにされる事をお勧めします。

と言う事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊