Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

大手ハウスメーカーだから大丈夫?

このブログは

住宅診断を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入りしない様に

注意喚起の為にアップしています。

今回は、<大手ハウスメーカーだから大丈夫?>についてお話をします。

たまに聞く話で

大手ハウスメーカー(軽量鉄骨)の中古住宅だから

住宅診断はしなくても問題は無いよ!

って聞く事が有ります。

今回の依頼者も

大手ハウスメーカーの中古住宅だから

住宅診断は必要無いと言ったんだけど

嫁の親がしつこく言うから

住宅診断を依頼したと言っておられました。

住宅診断の結果は

下記写真の様に

基礎に大きなひび割れが確認されました。

 

【基礎ひび割れ1.0mm以上】

 

【基礎ひび割れ0.85mm以上】

 

外壁には珍しいく

0.75mmの横に入ったひび割れとか

既製品の外壁目地が

いたる所が外れていました。

依頼者様のご主人は

住宅診断の報告書を説明する迄

全然気が付いていなかったとの事。

床下基礎のひび割れは

分からなくても仕方がないですが

外部のひび割れとか

既製品の外壁目地が外れているとか

何故、気が付かないのだろうか?

私見ですが

大手ハウスメーカーだから安心

大手ハウスメーカーだから間違い無い

と言う固定観念が

外部の劣化事象が目に入っていても

脳が反応しなかったのだろうと考えます。

 

勿論

この様なひび割れが有るという事は

床の傾斜が

酷いかと言えば

判定基準の6/1000未満でしたが

殆どの部屋の傾斜が

5/1000に近い数値でした。

壁の傾斜も

6/1000以上が

最大が8/1000と6.5/1000が各一箇所有り

その他が

4/1000~6/1000以上が35箇所計測され

建物全体の床・壁の傾斜傾向は

一方向に傾いていて

基礎のひび割れと整合性が取れていました。

問題なのが

この不同沈下の原因です。

この家が建っている場所は

大きな住宅団地の中央付近で

隣地との高低差も

殆ど無い敷地環境でした。

と言う事は

基礎工事の時の

基礎ベース下の根切り部分の

転圧が少なかった(施工不良)としか

考えられませんでした。

この事を

依頼者様に伝えましたが

この中古住宅を購入したかどうかは

聞いていません。

 

今日のまとめとして

今回の住宅診断の結果から

一つは

依頼者様の事で

依頼者様の思い込み(固定観念)

正常な判断が出来なかったと言う事が

分かりました。

もう一つは

Y&Y住宅検査が実施している

床・壁の計測箇所を

多く計測をしていた事から

傾斜傾向がハッキリと分かり

不同沈下の判定を

依頼者様に分かり易く説明する事が出来ました。

ただ

今回の場合が有ったとしても

敷地の環境が

不同沈下の原因を

大きく左右するという

私の固定観念は変わりません。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊