Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

他のインスペクターの報告書として

このブログは

住宅診断を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入りしない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<他のインスペクターの報告書として>についてお話をします。

先月

他のインスペクターの何人かが

同じ劣化事象を題材にした

報告書を作成する機会が有りました。

私も参加しました。

参加された方々の報告書を見て思った事は

報告書の内容は三者三様でした。

報告書の内容として

その劣化事象になる迄の過程

報告する方はいましたが

その劣化事象の原因を追究する事無しに

または

その劣化事象から判断して

他の劣化事象の可能性などを

報告書に書かれている方はいませんでした。

あるインスペクターは

長々と専門用語で劣化事象の内容を説明をして

強度が足らないので補強する事が必要です。

その補強工事には幾らいくら掛かります。

って書いていましたが

これはまさしく

表面的な補修費用の金額です。

しかし

これを良しとして

親切丁寧に書かれていて安心しました!

って感想文が付いていました。

うぅ~・・・・?って唸るしか無かったです。(笑)

これが

世間一般のエンドユーザーが求めている

インスペクションの報告書なんだろうか?

私の住宅診断の考え方とエライかけ離れている・・・・。(´;ω;`)ウッ…

劣化事象の原因(根本)分からないのに

何故、補修費用が出せるのだろうか?

ここの所が良く分からん?・・・・・。

原因が分からないから

表面的な補修金額は安くて済みますよね。

でも

エンドユーザーは

それなら予算内で納まるから良かったね!

って事で契約をして

何年かしてから

アレ?ってなって

こんな事になるんだったら・・・・・。

後の祭りですね!

私は

この様な泣き寝入りをさせたくは無いから

この様にブログを書き続けています!

いつ迄書き続けられるかな?(笑)

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊