Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

弁護士に依頼する前に今一度連絡を下さい!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<弁護士に依頼する前に今一度連絡を下さい!>についてお話をします。

今日のお話は

電話相談の案件で

不具合事象の調査報告書を提出してから

4か月後に弁護士を立てる事になったと言うお話です。

 

今日の朝から

今迄停滞していた3案件が急に動き出して?

何から手を付けるか迷ってしまいました・・・・。

その内の一つは

半年くらい前に電話相談で

今年の2月に不具合事象の調査を実施して

報告書を提出した案件です。

この案件が

弁護士を立てて争うになったと

いきなり電話が入り

近い内に事務所に来られるとの事。

急な電話だったので

どの不具合事象の電話相談の案件だったのかが

直ぐにピンと来なかったのですが

資料を探して報告書を読み直してみました。

報告書を提出した後の途中経過がどうなっているのか

全然分からないので

事務所に来られた時に

お話をよく聞いて見るしか無いですね!

と思いながらやはり気になるので

自分が作成した報告書を読み返してみると

工務店が不具合事象を直さないのであれば

どちらかと言うと

弁護士を立てる前に一言相談が欲しかったです。

工務店に対して

いきなり直球で不具合事象に対する報告書を見せて

直せと言ったのかどうか?

ってどうしても気になったので

迷惑とは思いながら電話で聞いて見ました。

何と驚いた事に

工務店が全然対応をしていない様でした。

最悪の対応ですね!

今迄何回か連絡(文書にて)を取ったにも関わらず

完全に無視と決め込んで何の対応もしていないとの事でした。

何故だろうか?

せめて

調査結果の報告書に対しての反論でもすれば

お互いに対応策が検討されたと思うのですが・・・・。

良く分かりませんね?

ほっとけば諦めるとでも思ったのだろうか?

朝一番がこの電話だったので

気分を落ち着かせるのに苦労しました!(笑)

 

今日の纏めとして

電話相談から

実際にお伺いして調査を実施して

報告書をお渡しした依頼者様にお願いです!

弁護士に依頼する前に

今一度確認する事が有るか無いかを

調査して見たいので連絡を下さいね!

という事で

今日のお話はお終いです!

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊