Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

中古住宅の床下の湿気が多い原因 その1

床下に湿気が多い家の原因が二つ考えられます。

今回は、その一つをお話して行きます。

◆原 因
下の写真を見て下さい。

左の写真は、床束の含水率を測定した数値。

中の写真は、床下から見た床下換気口です。床下換気口の地面からの高さに着目して下さい。(少し見にくいですが)

右の写真は、外部から見た床下換気口です。これも同じ様に床下換気口の地面からの高さに着目して下さい。

【テキストテキスト】
中古住宅の床下の湿気が多い原因 その1
【テキストテキスト】
中古住宅の床下の湿気が多い原因 その1
【テキストテキスト】
中古住宅の床下の湿気が多い原因 その1

お分かりになりましたか?

建物の中の地面の高さが、外部の地面の高さよりも低い事が、写真でお分かりになったと思います。

つまり、高い所から低い所に水が流れる例えと一緒で、床下に外部から湿気が入り、溜まる事が原因と考えます。

湿気(含水率)の多さは、床下の地面の高さと、外部の高さの差に比例している感じがします。

今回は、ここ迄とします。

■広島県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!