Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

新築住宅の不適合事例として

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<新築住宅の不適合事例として>についてお話をします。

住宅の購入を考えている方は

要注意ですよ!

新築分譲住宅なんだから

売建て分譲住宅なんだから

住宅診断なんかしなくても大丈夫!と

売主または仲介業者に言われても

それを鵜呑みにしたらダメですよ!

今回

紹介する不適合事例は

買取再販の中古住宅では

よく見かける不適合事例ですが

売建て分譲住宅で見るのは初めてですね!

と言う事で本題に入ります。

下記写真1枚目の不適合事例は

ユニットバス天井裏の換気扇ダクトの接続未済です。

たまたま

住宅診断を実施したから

発見できたのですが

もし住宅診断をしていなければ

ホント

カビだらけになっていたでしょうね!

 

【ユニットバス換気扇ダクト接続未済】

 

 

【ユニットバス換気扇ダクト接続テープで接続】

 

上記の写真を見れば

接続未済工事と銀色の接続テープで

接続している違いが分かると思いますので

実際に自宅を確認して見て下さいね!

 

下記写真も

同じ建物の床下で発見した

不適合事象です。

今回の場合は

住宅設備の取扱い説明の後に

床下に入っての検査を実施しました。

つまり

取説の時に給湯管を使用した為に漏水したのか?

または

タイミング良く床下に入る前に

給湯配管を塞いでいたガムテープが剥がれて

工事中の時の水が漏れたのかは分かりません。

 

【不要な給湯管?から漏水】

 

どちらのタイミングで有っても

不要な配管は

撤去しなければいけませんね!

何かの配管接続間違いが

起きないとも限りませんので。

 

もしもですが

住宅診断をしないで住宅購入をされた方は

自分の家を確認して見て下さい。

もしかしたら

ユニットバスの天井裏が

カビだらけとか

床下が

水浸しって事が

実際に事例が沢山有りますから

面倒かもしれませんが

早めに確認してみて下さいね!

早く発見出来れば

簡単な補修で直りますが

カビだらけとか水浸しだった場合は

大変な労力がかかりますよ!

今回は

二つの不適合事例を紹介しましたが

この建物でも

他に沢山の不適合事象が有りましたので

追々紹介して行きますね!

今日のブログは参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊