Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

何故、中古住宅を契約した後に住宅診断を依頼するのか?

またまた、中古住宅を契約した後に住宅診断に関する相談が有りました。

今回の場合も、不動産業者は買取再販業者です。

◆依頼者様とのやり取りは下記の通りです。

既存住宅瑕疵保険に加入したいので、不動産業者に依頼したところ、

「もし何か問題が出て来ても、それを直すお金は有りません。十分値引きもしています。」との事。

どうすればいいのでしょうか?

既存住宅瑕疵保険の加入は売主(不動産業者)が申し込まない限り、既存住宅瑕疵保険には加入出来ませんと伝えました。

心配であれば、瑕疵保険には加入出来ませんが、住宅診断して、その家の現状を把握されたら如何ですかと伝えたところ、

住宅診断の金額はいくらですかと聞いてきたので、床下・屋根裏詳細検査を含めて〇〇万円ですと伝えたら、

そんなに掛かるのですか? 考えてまた連絡します。

って電話を切られました。

◆私の感想として
中古住宅の購入を考えている人達は、契約をした後になって不安になり、この様な電話がかかってきます。

何故、契約する前に「住宅診断」を依頼しないのだろうか?

買取再販業者が「もし何か問題が出て来ても、それを直すお金は有りません。十分値引きもしています。」って言っている事自体、

売主責任の2年間の瑕疵保証が有っても、

もし、何か瑕疵が出てきた場合、キチン対応してもらえるかどうか分かりそうなものなのにね。

お客様が、その家を気に入いてしまったら、購入後の「もしもの事」は希薄になるのでしょうかね?

今回は、ここまでにします。

■広島県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!