Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

ユニットバス基礎断熱として

今回は、<ユニットバス基礎断熱として>についてお話をします。

新築住宅の

新築各工程検査の一つ

「断熱材充填検査」の手直し項目として

下記写真の不適合事例を指摘しました

ユニットバスを設置したら

今回指摘をした部分は

確認出来なくなる箇所です。

 

【基礎天端部分の発泡ウレタン断熱材打ち不良の写真】

 

【基礎天端部分の発泡ウレタン断熱材打ち不良の写真】

 

上記写真の不適合事例は

何故やってしまうのでしょうか?

最初に考えられる事は

何の為に

基礎の天端に発泡ウレタン断熱材を打つのか?

この事が理解していない人が

施工したと考えられます。

基礎の表面から

外部の気温が建物内に入らない為と

基礎の天端に結露を発生させない為に

発泡ウレタン断熱を充填しなくてはならないのです。

それを

ただ単に

基礎の天端部分に断熱材を打っておいてくれと

現場監督が

基礎断熱を施工する大工さんに言って

発泡ウレタン断熱材のカートリッジを渡したのか?

それとも

現場監督自身が

発泡ウレタン断熱材を打ったのか?

大工さんに依頼したのであれば

その後のチェックを

現場監督がしなければいけないのでは?

新築途中検査が有る事は知っているはずなのに

何故?

事前にチェックして

指摘されそうな所を直しておこうと考えないのか?

結局は

その程度のレベルの工務店という事ですね。

だから

依頼主様は

新築各工程検査を

現場が不安だから依頼したのでしょうね。

今回の「断熱材充填検査」で

他にも指摘事項が

山ほど出ました。

検査する私も疲れました。(笑)

 

注文住宅で家を建てる場合は

新築各工程検査を依頼する事は

やはり必要と考えますが

皆さんは

どう思われますか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊