Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断広島劣化事象048「木製サイディングのアク」

<<雨漏り調査の瑕疵事象として>>

●築5年の2階建て木造住宅
 設計事務所のデザイン住宅

◆事 象
木製サイディングのアクが下地タテ胴縁を伝って垂れ、基礎表面に染み付いている。

【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象048「木製サイディングのアク」
【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象048「木製サイディングのアク」

◆原 因
サイディングの水切りをタテ胴縁の上に取付けていた為に、サイディングのアクが、タテ胴縁から直接基礎に垂れ流れてしまった事が原因です。

【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象048「木製サイディングのアク」
【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象048「木製サイディングのアク」

◆対 策
標準的な水切りの取付方にする。

防鼠網が付いた水切りを直接土台に取付、その上に透湿シートをかけて、下地胴縁(通気確保の為)を取付、水切りの天端から、通気確保の為に約12ミリ開けてサイディングを取付けます。

◆感 想
設計事務所の設計・監理が、まるでデタラメ。
木製サイディングの貼り方に伴う下地の入れ方が分かっていない。
外壁通気及び水切りの意味を勘違いしている。



ご質問等がございましたら、画面の上下に有る「メールでのお問合せ」でお願いします。

では、今回はここ迄とします。

■広島県・山口県・岡山県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!