Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

玄関ドアの戸当たりとして

今回は、<玄関ドアの戸当たりとして>についてお話をします。

下記写真の様に

玄関ポーチに設置している戸当たりを

案外

皆さんはスルーしているかもしれませんね!

購入して

実際に住みだしてから

誰かが躓いて

初めて気が付くのでしょうか?

それにしても

危険なので

事前に

戸当たりの位置を変えて貰いましょう!

 

という事で本題に入ります。

昨年の8月

古くは3年前の11月にもブログに記載した

玄関ポーチの土間に設置した

玄関ドアの戸当たりについて

先日

マイベストプロに掲載している

同じ内容のコラムを見て

問い合わせが有りました。

その方は

新築の分譲住宅を購入する

手続きをしているそうなのですか

現地案内の時に

この戸当たりに躓いて

危ないと実感したようで

私の所に問い合わせが来ました。

下記写真は

以前ブログに掲載した

玄関ポーチ土間に有る戸当たりの写真です。

 

【玄関ポーチ土間の戸当たり】

上記の写真から

想像してみて下さい。

この戸当たりに躓いて

頭からブロック塀へ倒れ込んでしまう事を

ぞ~っとしませんか?

 

問い合わせ内容は

この戸当たりを取り除く

何か方法は無いでしょうか?と言う内容でした。

これと似た様な問い合わせが

以前にも電話で2回ほど有りました。

今回はメールでのお問い合わせだったので

メールで回答しました。

回答した内容は

この戸当たりの位置を

建物側の玄関ドアの丁番近くに

移動する事をお勧めしました。

ただし

その欠点についても一緒に記載させて頂きましたので

どの様にされるでしょうかね?

 

今回で

似た様な内容の問い合わせが

3回という事になりました。

同じ様な不適合事象を

現場監督は何も考えずに

何故設置するのでしょうか?

ホント

不思議ですね!

結局

現場監督は何も考えず

職人任せにしているのでしょうかね?

それにしても

戸当たりを設置する職人さんも

気にならないのでしょうかね?

私が

以前

この事をブログに書いたキッカケは

住宅診断で

外部の検査をしていて

この戸当たりに躓いてコケそうになったからです。

身をもって危ないと感じたので

ブログにアップしました。

届くかどうか分かりませんが

工務店の現場監督さんにお願いです

この様な所へ戸当たりを設置しない様に!

今回お問合せを頂いた方は

事前に気が付いたから良かったのですが

案外気が付かないものです。

この様な不適合事象を見落とししない様に

契約前に

住宅診断を依頼しましょうね。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊