Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

新築分譲住宅の床下チェックとして

今回は、<新築分譲住宅の床下チェックとして>についてお話をします。

新築分譲住宅を見学に行った時は

必ず

床下収納庫(点検口)の蓋を開けて床下を見て下さい。

下記写真の様な状態でしたら

他の色々な事に注意する事が必要です。

もし

その新築分譲住宅の場所又は

値段が気に入っているのであれば

契約する前に

必ず

建物状況調査ではなく

床下・屋根裏に入っての調査が有る

住宅診断を依頼して

不適合事象を洗いざらい見つけて貰いましょう!

 

別に気に入っている訳ではないのであれば

この分譲住宅を見学する時間が無駄です。

他の新築物件を見学しに行った方が良いですよ。

一事が万事です!

 

この下記写真は

新築分譲住宅の住宅診断にて確認された写真です。

 

【新築分譲住宅の床下の実例写真】

 

【新築分譲住宅の床下の実例写真】

 

Y&Y住宅検査の住宅診断の順番で

最後の床下に入っての調査の前に

屋根裏に入っての調査をします。

新築分譲住宅の場合

屋根裏に入っての調査をする前までの検査では

ほぼ合格の仕上がりであっても

屋根裏に入っての調査で

断熱材の入れ方などに問題が出て来ます。

もし

屋根裏も問題なくクリアした場合は

床下も

大きな問題は出て来ません。

本当に不思議ですね!

 

もう一つの新築分譲住宅の見方として

担当してくれる仲介業者を

チェックして見て下さい。

商品として、新築分譲住宅を

お客様に見て頂くのだから

せめて

床下収納庫等の蓋を開けて見える範囲だけでも

掃除をしておく気遣いが欲しいですね。

心遣い、気遣いが無い仲介業者であれば

契約をした後の対応が心配ですね。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊