Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

何故、床下に入っての検査に拘るのか?

今回は、<何故、床下に入っての検査に拘るのか?>についてお話をします。

昨日は

不同沈下の有無の確認の方法を

連想ゲーム的な感じでお話をしましたが

どうでしたか?

今日は

床下の現況がどの様になっているか

床下に入って検査をする前に

不同沈下の時と同じ様に

連想ゲーム的に

原因を見極める方法が有れば

ここに記載して

お役に立てたいと考えたのですが

やはり

床下・屋根裏の場合は

直接入って検査しない限り

現況は分かりません。

 

何故

Y&Y住宅検査の「住宅診断」は

特に

床下に入っての検査に拘るのか?

それは

床下に入っての検査には

二つの大切な理由が有るからなのです。

一つ目は

床下の劣化事象の検査

例えば

シロアリ被害の調査

基礎のひび割れの検査

床下給排水配管からの漏水の検査

床下断熱材の設置状況等々・・・・・。

二つ目は

これが一番重要な事なのですが

何かと言いますと

床・壁の傾斜、基礎・外壁のひび割れとか

の原因を追究する為の

総まとめを確認チェックする場所なのです。

特に

不同沈下に関する原因の確証を得る為です。

これが

床下に入っての検査に拘る理由です。

床下に入っての検査をしない限り

不同沈下の原因の確証ではなく

想定(仮定)で

ご依頼主様に説明をする事になってしまいます。

 

床下・屋根裏に入っての検査が無い

「建物状況調査」的なインスペクションで有れば

劣化事象の原因を追究する必要が有りませんので

インスペクターが悩む事も有りませんし

インスペクション費用も

それ相応の金額なので

割り切っているようですね。

それはそれで

その様なインスペクターに依頼されるのも

ご依頼者の考え方なので

仕方が有りません。

ただ

安心・納得して購入する為には

Y&Y住宅検査が実施する

「住宅診断」と同じ考え方をしている

インスペクターにご依頼くださいね!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊