Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

買取再販中古住宅の床の傾斜に要注意!として

今回は、<買取再販中古住宅の床の傾斜に要注意!として>についてお話をします。

前回のブログは

示談の成立が出来た例ですが

ハッピーエンドでは有りません。

この場合も

全てが買主様の思う通りの内容で

元通りの生活に戻れたかと言うと

決してそうでは有りません。

私が住宅診断の依頼を受けて

示談成立まで

約1年と2か月が過ぎているのです。

この1年以上の時間が

結局

無為に過ぎてしまったのです。

もし

この様な中古住宅を購入していなければ

今は

新居での新しい生活に馴染んで

近所の人達とのお付き合いも出来て

毎日を有意義に生活していたと思います。

それが

1年以上の間

売主との交渉に明け暮れ

そして

弁護士との打ち合わせなど

ストレス満開の時期だったと思われます。

その間

何回も心が折れそうになったり

後悔したり

前向きな生活をしようにも

なかなかできなかったのではないかと思います。

もし

契約する前に

Y&Y住宅検査の「住宅診断」を依頼していたら

まず、契約はしていなかった案件だと思います。

見た目は

リフォーム工事をしていて

一目外観を見て

まさか

床に傾斜が有るなんて・・・・?

って思う様な仕上がりです。

これが

買取再販業者が販売する中古住宅なのです。

素人目を騙す事はお手のもの!

騙される方が悪いと売り手は考えているかも・・・・。

実際は、ここ迄は考えていないと思いたいですね。

 

ここで重要な注意事項として

買取再販業者の中古住宅の

リフォーム工事では

床に傾斜が有った場合は

原因からは直さない。

何故かと言うと

そもそも原因が分からないから。

分かってたとしても

費用が莫大かかるから。

壁の傾斜の場合は

最初から計測しないから

不具合が有るとは考えていない。

床に傾斜の不具合が有れば

壁にも同じ様に不具合が出ます。

 

いいですか

床の傾斜に

契約不適合が隠れている可能性が有る事を

絶対に忘れないで下さい!

民法改正が施行されたから

大丈夫ではないのですよ!

示談が成立する迄の示談が出来ればの話)

ストレス及び心の葛藤は大変なものですよ!

必ず契約前に

住宅診断を実施して

床の傾斜を検査して下さいね!

もし

床の傾斜が確認された場合は

その原因を必ず確認して下さいね!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊