Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

泣き寝入りをしない為に

今回は、<泣き寝入りをしない為に>についてお話をします。

私が、ブログを書く事で

家を購入した後に

泣き寝入りする人が

一人でも減ったら良いなと思って書いています。

例えば

床が傾いているとか

扉が開かなくなったとか

等の不適合事象を見つけたので

売主(仲介業者)に直してくれとか言っても

何だかんだと言い逃れをして

なかなか対応して貰えず

結局は、何もしてもらえなかった。

って事は

この不動産業界では日常茶飯事の事です。

 

今の仕事をやり始めた最初の頃に

1階の床が傾いているから

調査をしてくれと

住宅診断の依頼が有りました。

今の様に

床の傾きの原因が

直ぐに分からない時期だったので

レーザーレベルで

床・壁の傾斜を

計測できる所全部を計測し

写真を撮りまくり

事務所に帰って報告書を作成して

やっと、床の傾斜の原因が分かった時は

凄く時間はかかったけど

嬉しかった事を覚えています。

ここで「嬉しかった」はないですけどね。

【不同沈下が原因の基礎貫通ひび割れ】

 

床の傾斜の原因が分かってから考えた事は

何故

この様な床の傾斜が酷い中古住宅を買ったのだろうか?

と考えたのです。

住宅診断の報告書の説明に行った時に

何故この家を買ったのですか?

と実際に聞いてみたのです。

依頼者が言うには

直ぐに引っ越しをしないといけない理由と

リフォーム工事をしていて

とても綺麗だったので

まさか

この様に床の傾斜が酷いとは思いもしなかった。

との事でした。

個人間売買で「瑕疵担保免責」の契約だったので

自分で直すしかないと

肩を落としていました。

 

この事件?が有ってからは、

床・壁の傾斜の原因について

住宅診断の依頼が有るごとに

床・壁の傾斜の計測をトコトンする様になり

今の私の住宅診断の基礎になりました。

 

買主の方が泣き寝入りする原因は

私の依頼者様では全て

不同沈下による床・壁の傾斜です。

不同沈下が原因で

二次的に

基礎・壁にひび割れが入ったり

建具の締まりが悪くなったりします。

 

この様な事を

体現していますので

国土交通省が推奨している

また、宅建業法改正による

「建物状況調査」及び

「瑕疵保険加入の為の検査」は

何の為に?誰の為のインスペクションなのか?

とブログに事あるごとに書いています。

 

この回のブログの纏めは当然

住宅を契約する前に

「建物状況調査」ではなく

床下・屋根裏に入っての調査が有る

「住宅診断」を依頼して下さい!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊