Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

既存住宅に於いて不同沈下の検査が一番重要!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<既存住宅に於いて不同沈下の検査が一番重要!>についてお話をします。

今日のお話は

既存住宅インスペクションの一部

についてのお話をします。

Y&Y住宅検査が

特に重視している既存住宅のインスペクション項目は

床の傾斜及び傾斜傾向です。

この床の傾斜に関しては

直接床の傾斜計測をする事は勿論ですが

それ以外に重要な事は

基礎のひび割れが確認される場所です。

何処にどの様に入っているか?が重要になります。

これが何故重要なのか?

床の傾斜計測で粗方の傾斜傾向が掴めます。

この傾斜が

不同沈下かどうかを確認する為に

例えば

建物(四角)の辺を

それぞれ左右の辺と上下の辺に分けて

床の傾斜傾向が左側の辺に傾いていたとします。

もし

上下の辺の基礎に大きなひび割れが確認されれば

建物が左側に不同沈下している証拠になります。

この証拠を更に精度を上げる為に

床下に入っての検査を実施します。

では

床下に入っての検査で何をチェックするのか?

それは

その基礎のひび割れが貫通しているかどうか?

さらに

床下の地盤に亀裂が入っていないかどうか?

をチェックして不同沈下の証拠固めをします。

で最後に

その不同沈下の原因を追究して行きます。

これが

Y&Y住宅検査の

既存住宅のインスペクションにおける

重要なインスペクション内容です。

如何ですか?

既存住宅にとって一番厄介なのが

建物の不同沈下と考える一つの理由は

雨漏りに関しては

既存住宅瑕疵担保責任保険に入っていれば

保険で直す事は比較的簡単です。

しかし

床の傾斜に関しては

6/1000以上の傾斜が確認されれば

既存住宅瑕疵保険には入れません。

例え偶々入れたとしても

床の傾斜を瑕疵保険で直す事は

大変難しいと考えられています。

ゆえに

建物の不同沈下の有無を検査する事が

既存住宅のインスペクションで

大変重要な事が分かりましたでしょうか?

という事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊