Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」

※一戸建て自宅を自分でインスペクションしましょう!

◆宅地内のマスの種類
一般的に宅地内には、汚水用のマスと雨水用のマスの二種類が有ります。

◆汚水マスの見分け方
汚水マスの中は、汚水排水や雑排水を円滑に流す為に、排水管の断面と同じような型を作っています。専門用語では、「インパートを切る」と言います。最近では既製品の物が主流になってきています。下記写真を参照

【テキストテキスト】
セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」
【テキストテキスト】
セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」
【テキストテキスト】
セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」

◆雨水マスの見分け方
雨水マスの中は、砂、泥などが道路に有る本管に直接流れないように排水管の下端は15cm位の水溜めを作って、そこに砂、泥などが溜まる様に作っています。下記写真を参照

【テキストテキスト】
セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」
【テキストテキスト】
セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」
【テキストテキスト】
セルフでホームインスペクション「最終マスなどのチェック」

◆最終マスの確認方法
汚水マスの場合は、インパートにひび割れが無いかどうか及び異物が詰まっているかどうかをチェックします。
雨水マスの場合は、泥溜めに砂、泥が溜まっていないかどうか及び水が溜まっているかどうかをチェックします。もし水が溜まっていなければ、マスの底が割れている可能性が有ります。

◆次回は「基礎などのひび割れチェック」の予定