Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

軒樋の不適合事象として

今回は、<軒樋の不適合事象として>についてお話をします。

買取再販の中古住宅の

購入を考えておられる方は

軒樋の下記写真の様な

箇所を見つけた場合は

仲介業者に伝えて

契約前に直して頂く様に!

契約後に

直しを依頼しても

なかなか直しては貰えませんよ!

 

【軒樋入隅部分の継手からの漏水】

上記写真から考えられる原因は

軒樋の継ぎ手接続時の

接着剤の接着不良と考えられます。

また

入隅部分の為

水勾配が少し逆になっていると考えられます。

その理由は

継ぎ手部分の底からだけではなく

2センチ位上部にも水苔が確認できるので。

 

【軒樋直線部分の継手からの漏水跡】

上記写真から考えられる原因は

軒樋の継ぎ手接続時の

接着剤の接着不良です。

 

上記2枚の写真は

違う建物の写真で

一枚目の方は

外部のリフォーム工事は無しで

住設関係の取替がメインの中古住宅でした。

二枚目の方は

外壁の塗り替えリフォーム工事はしていましたが

樋の塗替えはしていませんでした。

 

どちらの物件もと言うか

買取再販業者の中古住宅は

何故か

樋の塗替えまではしない事が

多い様な気がします。

 

まとめとして

特に軒樋の不適合事象の手直しは

必ず

契約前に直して貰いましょう!

時間的な余裕などが有れば

契約前に

安い、建物の表面だけしか調査をしない

建物状況調査的なインスペクションではなく

「住宅診断」を依頼して下さいね!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊