Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

建物状況調査と不同沈下として

今回は、<建物状況調査と不同沈下として>についてお話をします。

国土交通省が奨励する

「建物状況調査」及び「既存住宅瑕疵保険加入の為の検査」には

どちらにも「不同沈下」という文字が有りません。

何故だろうか?

国土交通省が奨励する

上記の調査及び検査項目の内容をよく見て分かった事は

どちらも、ただ単に

建物自体の劣化事象の調査・検査をする事

インスペクションと考えています。

つまり

現況の劣化事象の有無さえ分かれば

それで良し、で終わりという事です。

少し建物の事が分かれば

誰でも簡単に出来る内容です。

それを

建築士だけに資格を与える事は

ただ単に勿体ぶっているだけで

中身は空っぽです。

建築士に劣化事象の有無を調査して報告させれば

建築の専門家が調査しているのだから

エンドユーザー(買主)は安心して

中古住宅を購入するだろうという考えは

捕らぬ狸の皮算用と同じ事です。

浅はかな考えが何処から来たのでしょうか?

 

また

不同沈下という

中古住宅とは切っても切り離せない

大きな劣化事象の存在を無視しています。

これは

木を見て森を見ずと同じで

基礎のひびわれ、床の傾斜、サッシの開閉不良などの

劣化事象の有無だけを調査する「建物状況調査」では

家そのもの自体の大きな劣化事象の原因が分かりません。

つまり

例えば、近くに低い法面が有る為に

それが原因で

基礎にひび割れが入り

床が傾き

サッシの開閉不良が発生する事が分からないという事です。

劣化事象の調査をするだけでは

木を見ているだけの事になります。

その劣化事象の原因が何なのか?

一つ一つの劣化事象の関連性をつなぎ合わせる事で

不同沈下という森が見えるのです。

劣化事象の関連性をつなぎ合わせる事が出来れば

これが本当の住宅診断なのです。

これがエンドユーザー(買主)が本当に知りたい情報と考えます。

国土交通省が推奨しているインスペクションは

エンドユーザー(買主)が本当に知りたい

建物の情報はゼロです!

 

【北と西側に低い法面が有る床の傾斜図】

 

ゆえに

床下・小屋裏に入っての調査も実施する

住宅診断を依頼して下さい。

ただし

建物状況調査をする事が住宅診断と考えているインスペクターがいますので

劣化事象の原因までを

目視の範囲で報告してくれる

インスペクターかどうかを確認してから依頼して下さいね!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊