Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

ホームインスペクションで思う事。

ホームインスペクションをしていて、

特に感じる様になって来た事が有ります。

それは、方程式が無い事です。

例えば、建物の壁の傾斜方向です。

1階の壁の傾斜が南側に傾斜していても、

2階の壁の傾斜が北側に傾斜している住宅と、

2階の壁の傾斜が南側に傾斜している住宅が有ります。

それとか、

基礎の四方全部に1.5~3.0ミリ以上の貫通クラックが8箇所入っていても、

床の傾斜は6/1000未満の許容範囲内の住宅が有れば、

基礎に1.0ミリ前後の貫通クラックが4箇所しか無くても、

1階の床の傾斜が7/1000以上の住宅も有ります。

基礎の屋外の貫通クラック幅が

床下で測定した幅より広い住宅が有れば、

逆に幅が狭い住宅も有ります。

この住宅は、このパターンだと決めてかかると、

結果インスペクション時間が長くなってしまう。

だから、

最近は、パターンの事は考えないようにしている。

今日は、独り言でした。