Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

健康診断と住宅診断として

今回は、<健康診断と住宅診断として>についてお話をします。

「健康診断」とは

普通に考えて

人間の健康診断ですよね?

では

「住宅診断」とは

住宅の健康診断と考えてみても良いですね。

とすれば

実際に健康診断がどの様に実施されているかを

思い出してみて下さい。

健康診断の中には

血液検査とか尿検査とか視力検査とかの

色々な検査を実施しますよね。

では

住宅診断はどうかと言いますと

やはり同じ様に

床・壁のレベル検査、外壁検査、基礎検査等々の

色々な検査の集合体です。

 

ここでもっと分かりやすく説明しますと

血液検査で分かる事は

例えば

血糖値とか中性脂肪とかHDLコレステロールなどの数値が分かります。

この数値が一般成人の平均値と比較して

基準内か高いか低いかを判断しますよね。

では

住宅診断の床・壁のレベル検査の結果はどうでしょうか?

床、又は壁の傾斜計測結果の数値が分かります。

この傾斜計測数値が

判定基準内なのか、それ以上なのかを判定します。

 

健康診断の結果は

総合判定に

例えば血糖値が高いから再検査とか

経過を見て下さいなどが書かれています。

住宅診断も同じ様に

総合判定が有って

その中に

例えば床の傾斜で有れば

瑕疵が存する可能性が高い6/1000以上の傾斜が確認されますので

詳細検査をされた方が良いですよ等が記載されます。

(「建物状況調査」には、総合判定の欄は有りません。)

 

今、上記に書いている「住宅診断」は

Y&Y住宅検査が考えている「住宅診断」ではなく

「建物状況調査」の事です。

チョットややこしくなりますが勘弁して下さいね!

ここからは

「健康診断」と「建物状況調査」でお話をして行きます。

 

ここで言いたかった事は

「健康診断」にしても

「建物状況調査」にしても

検査した数値が

判定基準内かどうかだけを見るものです。

つまり

基準値を超えていれば

詳細検査をしなければ

その数値からは

良いか悪いかどうなのか?が

何も分からないという事です。

健康診断の場合は

日にちが掛かりますが

詳細検査をして

原因を確かめる時間的な余裕が有ります。

しかし

建物状況調査の場合は

その検査数値で判断して

契約をするしないの結論を

直ぐに出さなければなりません。

詳細検査をする時間的な余裕は

普通は無いと考えた場合

何の為の

「建物状況調査」だったのでしょうか?

契約する為に必要な

判断をする為の資料が

インスペクションの報告書だったのでは?

契約する為の判断が出来ない

「建物状況調査」って

意味が無いと思いませんか?

ゆえに

このブログで何回も書いている事なのですが

劣化事象が確認された場合

目視で分かる範囲で

その劣化事象の原因を調査して

依頼主様に報告する

Y&Y住宅検査の「住宅診断」でないと

依頼主様が

安心・納得して

中古住宅を購入する事は出来ませんよ!

に繋がるのです。

ここで

目視で分かる範囲と書きましたが

ここには他の意味合いが含まれています。

「建物状況調査」の調査項目に無い

床下・屋根裏に入っての検査を実施する事で

床の傾斜、基礎のひび割れ、敷地の環境の全てを

総合的に

目視の範囲で判断するという事です。

 

いつも言っている通り

床下・屋根裏に入っての検査が無い

「建物状況調査」は

何の意味も無いインスペクションだと言っている事が

少しは分かって頂けたでしょうか?

 

今回の内容を纏めてみますと

「健康診断」「建物状況調査」の検査結果だけでは

基準値よりオーバーした数値が分かっても

その原因迄を知ろうとすれば

詳細検査が必要ですね。

「健康診断」で有れば

直ぐに判断が必要な緊急事態以外は

日程的に余裕が有りますが

「建物状況調査」の場合

契約を

詳細検査の結果が出る迄

仲介業者が待ってくれるとは

普通は有りませんよね。

という事で

Y&Y住宅検査の「住宅診断」で有れば

劣化事象の原因迄を

ほぼ目視の範囲で把握しますので

依頼主様は

安心・納得して

住宅の購入をするしないの判断が出来ます。

この差は

大変大きいと思いませんか?

ゆえに

トップページの吹き出し部分に書いている通り

費用対効果を考えて欲しいのです。

少し長くなりましたので

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊