Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

中古住宅を購入する前に見る箇所<住宅設備機器廻り>について

 【下記の写真は、水道メーターの写真で、赤丸の印をしているのがコマ部分です。

今回は<住宅設備機器廻り>の何をチェックすれば良いかのお話をします。

住宅設備機器廻りは、主に水栓金具廻り、配管接続廻りの漏水をチェックします。

最初にする事は、水道メーターの蓋を開け、水が出る様に開栓レバーを回します。

開栓を開けると、上記写真のコマ部分が回り、水が給水管の中に流れ込み、全ての給水管に水が行き渡ったらコマの回転が止まります。

ここから最初のチェックになります。

一旦このコマの回転が止まった様に見えていても、敷地内の給水管のどこかから水が漏れていれば、ゆっくりゆっくりと回転して止まりません。

1分~5分位の間、コマが止まったままであれば、敷地内の給水配管に大きな漏水不具合事象は無いと思われます。

次に実施するチェックは、主に水栓金具廻りと配管接続廻りの漏水の有無を見ます。

これは簡単にできますので、トイレ・洗面・浴室・流しの水を流してチェックします。

トイレは、便器廻りの漏水以外に、水を流した後にゴボゴボという音がすれば、

排水管内の空気を逃がすベンチレーターが無いか作動していない不具合事象になります。

浴室で良く見られる不具合事象は、シャワーヘッドの付け根から漏水です。

後は、流し・洗面等の水栓金具廻りからの漏水に気を付けます。

給水の漏水に関しては、

今説明したチェックをすれば、ある程度安心です。

しかし、

私たち住宅診断のプロは、床下に入っての調査がとても重要と考えています。

排水管からの漏水が有れば、常に床下に湿気が溜まります。

これが原因で、カビの発生、シロアリの繁殖、土台等の腐朽などが発生して、家の痛みが加速してしまいます。

浴室廻り、洗濯排水配管の漏水は特に漏水量が多いので、地盤沈下の原因にもなりますので、特に注意してチェックします。

住宅設備機器のチェックをする時には、必ず床下収納庫を開けて床下を覗いて見ましょう。

カビくさい臭いが少しでも感じた場合は、要注意です!

どうしても不安で有れば、住宅診断のプロに調査してもらって下さい。

今回の纏めとして、

①水道メータのコマ部分のチェックをしましょう!

②住宅設備機器全て、水を流してみましょう!

③床下収納庫を開けて、カビくさい臭いの有無を確かめましょう!

今回は、これで終わります。

前回、前々回のブログを読んで頂ければ、ある程度は泣き寝入りは少なくなると思います。

それでも、どうしても不安で有れば、住宅診断のプロに相談してみましょう!

 

※追伸として

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。