Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断広島劣化事象045「針状結晶」

<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>

●築39年の2階建て木造住宅
 増築を何回か行っている住宅。

◆事 象
 基礎立上り表面の劣化
 (特に浴室を囲った床下の3方の基礎立上り)

【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象045「針状結晶」
【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象045「針状結晶」
【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象045「針状結晶」

◆原 因
 針状結晶が伴う硫酸塩の作用による表層剥離(スケーリング現象)

浴室廻りだけに発生した原因としては、浴室からの湿気が土に元々含まれていた硫酸塩と化学反応したと思われます。


ご質問等がございましたら、画面の上下に有る「メールでのお問合せ」でお願いします。

では、今回はここ迄とします。

■広島県・山口県・岡山県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!