Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

等時間日影図の作成として

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<等時間日影図の作成として>についてお話をします。

中古住宅または新築分譲住宅の購入を考えている方

そして

注文住宅を計画する事を考えている方は

是非

この「等時間日影図」に注目して下さい!

特に

注文住宅を計画している方は

必ず

この「等時間日影図」を作成してもらい

計画中の建物の日射計画を考えて

窓の大きさ・位置などを検討する事を

強く強くお勧めします!

 

お題目が

いきなり建築業界の専門用語になってしましました。(笑)

簡単に説明しますと

今から購入しようとする分譲住宅に

近隣の建物の日影が

どの場所に、どれくらいの時間かかるかを

この等時間日影図を作成すれば分かるのです。

勿論

注文住宅を計画する時には

これからは

必須項目と考えて下さい。

ホンの少し窓の位置・大きさを変えるだけで

または

建物の向き

駐車場の位置を変える事で

年間の光熱費が変わって来ます。

 

Y&Y住宅検査に於いて

7月4日のブログY&Y住宅検査の今後の予定として (yandykensa.com)

にも記載した様に

少し業務内容の軸を変えて行きます。

新築分譲住宅、新築注文住宅の

「住宅診断」及び「新築各工程検査」の業務を

より質の高いレベルに上げる為に

「省エネ性能」や「耐震性能」に関する情報を

貪欲に吸収し

それを取り入れた住宅診断などを実施して来ます。

 

その第一歩として

設計業務の方で

より良い間取りを考える為に

等時間日影図の作成から始めます!

この等時間日影図とは

近隣の建物の日影が

計画する建物に

どの場所にどれだけの時間

日影の影響を及ぼすかを検討する為に作成する

日影図です。

これを作成すれば

LDKの位置とか

窓の位置を検討し易くなると考えますので

それを

図面化する事から始めて行きます。

 

住宅診断の場合は

設計業務の方で

等時間日影図の実績を作ってから

明らかに

日照時間に問題が有りそうな場合だけ

住宅診断を実施する為に

ご依頼主様から事前に頂いた図面で

配置図面などに近隣の建物の位置などを落とし込み

等時間日影図の作成をして行きます。

その住宅の日射傾向を図面化して

西日などの対策のアドバイスが出来れば

良いと考えますが

分譲住宅の場合は

その結果が良くない事が

多いと思いますので

お客様に報告するかどうかは

結果次第と今は考えます。

 

この等時間日影図の作成の数を

多くこなす事で

より正確なアドバイスが出来る様になると考えますが

それまでは

勉強勉強ですね!(笑)

第一歩は

この等時間日影図から始めます!

焦らずに一歩一歩

新しい情報を実践に取り入れて行きます!

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊