Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

隣地境界線の現況には要注意ですよ!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<隣地境界線の現況には要注意ですよ!>についてお話をします。

今日のお話は

前回のブログ「不同沈下」と関連している

お話をしてみます。

なので

既存住宅(中古住宅)の購入を考えている方は

参考にして下さいね!

既存住宅(中古住宅)の見学の為に

現地に行った時に

まず最初に見て頂きたいのは

敷地の隣地境界線廻りです。

下記写真の様な不具合事象を確認した場合は

ほぼ間違いなく

その建物が「不同沈下」している可能性が大きいので

契約前に必ず

「不同沈下」の傾斜傾向及び傾斜程度を

インスペクターに依頼して確認して見て下さい。

「建物状況調査」的なインスペクションでは

「不同沈下」の特定や原因迄は報告しない場合が多いので

依頼をする前によく確認して下さいね!

では

具体的に何を見るのかを

下記写真で説明をして行きます。

下記写真①を見て下さい。

これは隣地のブロック塀ですが

ブロック塀の基礎部分にひび割れが見えるでしょうか?

そのひび割れの上部のブロック積みの

目地も割れています。

この建物の敷地の

写真で言えば左側の隣地境界線側に

4m以上の崖が有り

建物がその崖側に「不同沈下」していました。

床の計測結果は

崖側に最大12/1000以上有りました。

 

【写真①】

 

もし

上記写真①の様な

ブロック塀と建物の距離が1m弱位であれば

そのひび割れ近く接している

建物側の基礎にひび割れが入っていないかを

確認してみて下さい。

基礎にひび割れが入っている様であれば

そのひび割れの原因は

地震の揺れによって崖側に「不同沈下」したと考えられます。

広島市内の平成13年(2001年)以前に

完成している既存住宅(中古住宅)で有れば

芸予地震が原因と考えられます。

 

【写真②】

 

上記写真②は

ブロック塀の上から見た写真です。

石積みの上にブロック塀が積まれています。

石積みの高さが1.6mで

その上に厚さ150㎜のブロック4段積みの上に

厚さ100㎜のブロック4段積みです。

敷地地盤からブロック天端迄は900㎜程でした。

石積みを確認して見ると

石積みが少しズレていて

石と石の間のすき間が広くなっている箇所を確認しています。

この建物も

上記と同じ地震による

石積みのズレと同時に

ブロックにもひび割れが入ったと推測します。

建物全体が

この石積みの方へ傾斜していて

「住宅診断」実施当時で築40年でしたので

基礎には無筋と思われ

1.0㎜以上のひび割れが11か所確認しました。

床の傾斜計測では

辛うじて6/1000は未満でしたが

壁の傾斜は

最大10/1000を確認しています。

 

【写真③】

 

上記写真③は

コンクリート擁壁のひび割れです。

ひび割れ幅は1.40㎜以上を計測しています。

写真では見にくいのですが

擁壁のひび割れ近くの

化粧ブロックの継手部分に目地割れを確認しています。

これも地震が原因なのか?

この擁壁と建物の距離は

2m位有りましたが

その擁壁に向かって

建物の半分が最大16/1000の床傾斜を確認しています。

「不同沈下」の原因を考えた場合

この擁壁が地震によって動いてひび割れが入り

擁壁が外側に動いた事で敷地の地盤が沈下したのか?

それとも

造成によって埋め立てた側の地盤の転圧が悪くて

敷地が半分沈下したのか?

のどちらかと考えます。

どちらにしても

広島県の場合は

築30年以上の住宅(平成になる前後以前)は

地盤調査も

今の様に普及していなかった?

と考えられますので

地盤調査の結果報告書から

今現在の様に地盤補強補強の有無は

ほぼ検討していなかったと考えられます。

ゆえに

既存住宅(中古住宅)の場合は

「不同沈下」の有無と

もし「不同沈下」が有った場合の原因調査が

大変重要と考えています。

という事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊