Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

冬場のヒートショック対策の為には?

「住宅診断」を数多く実施して

不具合事象の原因追求をして来たから分かる

施工未済や施工不良 そして自然の力など

インスペクターから見た住宅設計とは・・・

「泣き寝入り」や「後悔」しない為に

住宅プラン作成の応援をして行きます!

 

今回は、<冬場のヒートショック対策の為には?>についてお話をします。

今日のお話は

床下断熱仕様の住宅プランで

ユニットバス及び洗面脱衣室における

ヒートショックを和らげる

施工方法についてのお話をしてみます。

最初に

ヒートショックとは何か?

気温の変化によって血圧が上下し

心臓や血管の疾患が起こる事を言います。

疾患とは

この血圧が乱高下に伴って

脳内出血や心筋梗塞、脳梗塞などの病気が起こります。

データによると

交通事故による死亡者数よりも多い数字が出ています。

ヒートショック

冬場に暖房の効いたリビングから脱衣室に移動し

浴槽に入る時などに起こります。

少し詳しく説明しますと

リビングから脱衣室に移動した際には

寒さに対応する為に血圧が上昇します。

脱衣室で衣服を脱ぎ浴室へ入ると更に血圧は上昇します。

その後

浴槽に入ると

急に身体が温まる為に血圧が下降します。

特に10℃以上の温度差が有る場所は危険とされており

注意が必要です。

ヒートショックの予防するポイントで

この床下断熱仕様の住宅の場合

洗面脱衣室とリビングの温度の差が出来るだけ無い様に

つまり

寒くさせない施工方法を考えなければなりません。

その為には

ユニットバス・洗面脱衣室の室内に

外気のすき間風を入れない事が大切と考えます。

その事を

下記の図面及び写真で順に説明して行きます。

 

【図面①】

 

上記図面①は

よく見られる浴室と洗面脱衣室のプランです。

このプランで説明して行きます。

 

【図面②】

 

上記図面②は

浴室(ユニットバス)部分を

基礎断熱で区画した図面です。

しかし

「住宅診断」で検査した場合

下記写真①の様にユニットバス点検部分には

基礎断熱材が入っていない断熱欠損が多く確認されます。

この断熱欠損は

ユニットバスを外気に曝している事と同じ事で

ユニットバスの室温が

外気温に近い温度になっている可能性が考えられます。

この断熱欠損が

ヒートショックの原因の一つと考えられます。

 

【写真①】

 

断熱欠損と言う不具合事象を減少させる事と

室温の温度差を考えた場合

下記図面③の様に

浴室と洗面脱衣室を完全に一つの区画にして

基礎断熱の施工をすれば良いと考えます。

この時には人通口を設けずに

基礎立上りで囲ってしまいます。

この基礎断熱の施工方法で有れば

床断熱材を貫通する給排水管廻りのすき間を

塞ぐ手間も省く事が出来ますし

床下からの外気(すき間風)が入らないので

リビングとの室温の差が開きにくいと考えます。

細かく言えば

洗面脱衣室の柱廻りとかコンセント類などの

気密テープ処理なども必要ですけどね!

 

【図面③】

 

どうですか?

浴室・洗面脱衣室に限らずに

建物全体の省エネ効率を考えて

ヒートショック対策を考えた場合

床下断熱工法ではなく

基礎断熱工法で施工した

高断熱・高気密住宅の建物プラス

床下エアコンで暖房するシステムをお勧めします。

注文住宅を考えている方は

2030年のZEH基準以上の省エネに対応出来る

このシステムの採用を

検討してみては如何でしょうか?

という事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊