Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

妻側外壁通気は、小屋裏に流れるか?

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<妻側外壁通気は、小屋裏に逃げられるか?>についてお話をします。

今日のお話は

妻側(ケラバ側)外壁通気が

小屋裏に逃げると言う工務店がいますが

何も細工をしていなければ

小屋裏には通気が逃げれない事を

簡単にお話をしてみます。

 

下記写真①は

妻側(ケラバ側)の外壁に

外壁と軒裏の取合いに外壁通気の排気口金物が

設置していない写真です。

 

【写真①】

 

上記写真①の様に

外壁通気の排気口金物が設置していない場合は

「住宅診断」の報告書に

不具合事象として記載します。

依頼者様に

報告書を説明する時には

住宅瑕疵保険の設計施工基準には

外壁通気構法を

完結させるように書かれていますが

この建物の場合は

この設計施工基準を遵守していません。

と説明をさせて頂きます。

この事に関して依頼者様が

排気口金物が設置していなければどうなるのか?

と言う質問が有れば

次の様に説明をします。

外壁通気の役目は大きく分けて二つ有り

一つは

外壁サイディングに

何か不具合が有って雨水が浸入した場合

この外壁通気の内側に張っている透湿防水シートで

雨水をくい止めて

その雨水を

基礎の上に有る水切りまでの通り道の役目が有り

もう一つは

室内の湿気を外壁通気の排気口から

外部に排出させる為の通り道の役目が有ります。

もし

排気口が設置されていなければ

外壁通気内に湿気が停滞してしまい

結露を発生させる可能性が出て来ます。

結露が乾かなければ

構造材などが腐朽したりシロアリを呼び寄せる

可能性が出て来ます。

と説明しています。(民法改正後から)

依頼者様が

売主側に外壁通気排気口を完結させるように

補修依頼をされると思いますが

しかし

今まで1物件だけが補修をされただけですね!

その他の場合は

値引きなどで対応したのか?どうかは

結果報告を聞いていませんので分かりませんが

補修はしていないのが現実ですね!

ある工務店の現場監督と話す機会が有って

その現場監督が

外壁通気は小屋裏に逃げると言い張るので

下記写真②を見せながら

小屋裏の妻側(ケラバ側)には

プラスターボードなどを

野地板近くまで張り上げるので

小屋裏には外壁通気は逃げれないと

説明した事が有りました。

 

【写真②】

 

この現場監督の

現場に対する知識(考え方)が

分譲住宅を建てる

多くの現場監督の見識?と言っても

過言では無いのかな? ☜ 泣けてきますね!

 

今日の纏めとして

この写真①の様な

新築分譲住宅を契約する前に

売主に

妻側(ケラバ側)の外壁通気経路

どの様に施工されていますか?

って一言聞いて見て下さい!

もし

小屋裏に逃げていると言われた場合は

何か特別な細工でもされているのですか?

って聞いて見て下さい!

何もしていないと言った場合は

外壁通気は完結していないという事です。

それでも

外壁通気構法を完結させる補修をせずに

その建物を購入される場合は

耐久性が落ちる事は

納得済みという事になりますからね!

念の為に

「住宅診断」を依頼して確認をして貰って下さいね!

もしかしたら

本当は細工をしているかも・・・・。

という事で

今日の内容は、お役に立ちましたでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊