Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

新築各工程検査は注文住宅には必須検査ですよ!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<新築各工程検査は注文住宅には必須検査ですよ!>についてお話をします。

注文住宅を依頼して

既に工事を着工している方

又は

今から工事を着工する方は

是非

「新築各工程検査」を依頼して下さいね!

今日のお話は

あなたが任せている工務店の現場は

本当に大丈夫ですか?

と言うお話をします。

 

あなたが

注文住宅を依頼している工務店が

大手ハウスメーカーだったとしても

工事を実際に施行するのは職人ですからね!

現場監督は何処のメーカーも一緒で

建前上は

現場の施工管理をする事になっていますが

現実は

現場の工程管理で手一杯なのです。

現場の施工の良し悪し迄を見る余裕は無く

全て職人任せと言っても過言では有りません。

下記写真①、②は

「外部防水下地検査」を実施した時に

見つけた不具合事象です。

 

【写真①】

 

上記写真①は

2階屋根軒下の壁に設置している

電気の引き込み線を通す為のパイプ管です。

そのパイプ廻りの防水処理の不具合です。

パッと見(地上から)は

防水テープで防水処理をしているように見えますが

写真をよく見ると分かりますが

パイプの下側が防水処理が出来ていません。

外部の足場に登って

近くでチェックしなければ分かりません。

 

【写真②】

 

上記写真②は

外壁の透湿防水シートの横方向の継手部分です。

横方向の場合は

下地に面材が有る場合は

重ね代は150㎜以上必要ですが

この写真の入隅部分は約55㎜で

右側は約50㎜で合計105㎜しか有りませんでしたので

不具合事象になります。

因みに

縦方向の重ね代は90㎜以上です。

この2箇所以外にも

同じ様な不具合事象が何箇所も確認しています。

 

下記写真③、④は

「断熱材充填検査」を実施した時に

見つけた不具合事象です。

 

【写真③】

 

上記写真③は

階段2階壁部分の断熱材を施工している写真です。

省令準耐火仕様なので階段側板を設置する前に

プラスターボード張りを先に張っています。

この写真の断熱材の入れ方の不具合は

室内の気密性及び壁体内結露対策として

袋入り断熱材の耳部分を柱や梁の見附部分にタッカーで

取付けなければならないのですが

その施工をキチンとしていない不具合事象です。

 

【写真④】

 

上記写真④は

写真③と同じ不具合事象です。

さて

上記写真4枚を見てどの様に思われましたでしょうか?

このハウスメーカーの場合も

インスペクターが検査に入る事が分かっているにも関わらず

この様な現場の状態です。 ☞ 信じられませんね!

普通に考えて見ても

検査の前日には

現場監督がチェックして

悪い箇所を直すと思いたいのですが・・・・。

それとも

不具合事象は無いと思ったのでしょうか?

もし

検査に入っていなかったら

この不具合のまま仕上げてしまっていたでしょうね!

 

今日の纏めとして

どうでしたか?

新築各工程検査の必要性が分かりましたでしょうか?

この様な不具合事象が有る現場は

もしかしたら

滅多に無い例外中の例外と思われていませんか?

これに似たような不具合事象は

どの現場にも必ず有りますよ!

どちらも

仕上がってしまったら見れなくなる部分ですが

家の耐久性に大きく関わって来る大切な工程工事です。

せめて

外部防水断熱材のチェックだけでも依頼しませんか?

という事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊