Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断の重要性として

今回は、<住宅診断の重要性として>についてお話をします。

最近のブログに

新築分譲住宅の「住宅診断」は

瑕疵保険の保険金が降りない

免責部分の検査というフレーズを

多用していますが

あくまでも

Y&Y住宅検査の独自の考え方です。

これは何かと言いますと

下記資料を見て下さい。

 

【瑕疵保険の対象になる部分のポンチ絵】

 

このポンチ絵は

瑕疵保険の説明をする時に

何回かこのブログにも登場していますが

瑕疵保険の対象になる部分は

『構造耐力上主要な部分』『雨水の浸入を防止する部分』

だけなのです。

それ以外の瑕疵事象(損害)に関しては

瑕疵保険は免責になるのです。

つまり

保険金を支払う責任を負わないという事なのです。

ここの所を

皆さんは勘違いしているのではないでしょうか?

 

Y&Y住宅検査が実施している

新築住宅の「住宅診断」は

瑕疵保険の保証範囲の検査などの

基本的な傾斜検査などは言うまでも無く実施しますが

それ以外に

主軸になっている項目が

①建築基準法を遵守しているか?

 これは主に

 ※外壁の防火構造など

②フラット35の木造工事仕様書を遵守しているか?

 これは主に

 ※小屋裏換気

 ※ユニットバス下の点検口の断熱材の有無など

③瑕疵保険の設計施工基準を遵守しているか?

 これは主に

 ※外壁通気の有無など

 

上記3項目に関する

不適合事象の有無を

重点的に検査をしています。

 

Y&Y住宅検査は

中古住宅よりも

むしろ

新築住宅の「住宅診断」の方が

重要でかつ必要と考えています。

何故ならば

瑕疵保険の対象部分で有れば

それに関しては保険金が降りると考えた場合

瑕疵保険の対象外部分の不適合事象に対して

皆さんは

どの様に対応してくれると考えているのでしょうか?

例えば

外壁通気の排気口金物設置未済だった場合

外気に接する床の断熱材などの施工不良だった場合

小屋裏換気の施工不良だった場合など

工務店に言えば

簡単に直して貰える事は

先ずと言って有りません。

何故かと言いますと

直す為に費用が掛かりすぎるから!

なので

のらりくらりと話をはぐらかすか

または

値引きで済まそうと考えるはずです。

これを皆さんは

値引きで済ませますか?

上記3つの不適合事象は

住み始めてから

じわじわと長い年月で

劣化事象が出始め

又は

光熱費に降りかかって来る事なのです。

(比べる基準は有りませんけど!)

もし

Y&Y住宅検査に

「住宅診断」を依頼しなければ

この事は表に出る事は無いでしょう!

何も知らずに

劣化事象が出始め

光熱費に降りかかっているのです。

勿論

全ての新築住宅が悪いわけでは無いので

不適合事象が無い場合も有ります。

これを

検査する事でハッキリさせれば

不適合事象を直す直さないは別にして

安心・納得して購入できるのではないでしょうか?

住宅診断の重要性を

少しは理解してくれたでしょうか?

という事で

長くなりましたので

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊