Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断広島瑕疵事象035「玄関土間の沈下」

<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>

●築30年軽量鉄骨造住宅
ここの「瑕疵事象シリーズ」に記載する瑕疵事象は、購入前に「ホームインスペクション」をしなかった場合は、気付かずにその家を購入して住んでいた事になります。
住宅を購入する前に、必ずホームインスペクション(住宅診断)をしましょう!
瑕疵が分かれば、それに合った補修・補強工事をする事で安心して住めます。

◆事 象
玄関土間タイルが沈下している。
玄関サッシ枠の下が4㍉程すき間が確認できます。

【テキストテキスト】
住宅診断広島瑕疵事象035「玄関土間の沈下」
【テキストテキスト】
住宅診断広島瑕疵事象035「玄関土間の沈下」
【テキストテキスト】
住宅診断広島瑕疵事象035「玄関土間の沈下」

◆原 因
右側写真の様に、玄関ポーチも基礎から離れ沈下している事から考えると、基礎と一体化したコンクリートを打っている訳でも無さそう。
また基礎にアンカーを打って玄関ポーチの沈下を防ぐ措置もしていないと思われる事から考えると、玄関土間及び玄関ポーチを施工する時に、地盤の転圧が足らなかった事が原因と思われます。

■広島県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!