Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

グラスウール断熱材の要注意点として

「住宅診断」を数多く実施して

不適合事象の原因追求をして来たから分かる

施工未済や施工不良 そして自然の力など

インスペクターから見た住宅設計とは・・・

「泣き寝入り」や「後悔」しない様に

住宅プラン作成の応援をして行きます!

 

今回は、<グラスウール断熱材の要注意点として>についてお話をします。

今まで

「住宅診断」を実施して

住宅の不具合事象を多く目の当たりにした経験を基に

インスペクター目線からの

住宅プラン作成の為の基本的なお話をします。

前回のお話は

床・壁・天井・屋根の部位に

一般的に多く採用されている断熱材は

どの様な断熱材が有るのだろうか?

と言う基本中の基本のお話をして

壁・天井の断熱材は

コスパを考えた場合は

圧倒的に袋入りグラスウール断熱材が使用されている

と纏めました。

という事で

今日のお話は

インスペクター目線から見ると

袋入りグラスウール断熱材には

施工的な事で要注意点が有ります。

というお話をします。

では

要注意点とは?

外壁部分に施工する場合

下記の様な不具合事例①~③を見かけます。

①と②は

新築途中検査の「断熱材充填検査」

の時に指摘した不具合事例写真です。

 

【不具合事例①】

 

上記の不具合事例①は

断熱材を包んでいる袋の耳部分が柱や間柱の内側に

タッカーで止めている不具合事例です。

正式な留め方は

柱や間柱の見付け部分(部屋内側)に止めなければなりません。

 

【不具合事例②】

 

上記の不具合事例②は

指摘事項が2つ有り

一つは

サッシ縦枠と間柱に間に5㎜くらいの隙間が有ります。

この隙間を

断熱材で埋めなければならないのですが

これは意外に多い不具合事例です。

もう一つは

写真下側の断熱材の袋の耳が無く

窓台(木部)に袋の耳をタッカーで止めていない不具合事例です。

 

【不具合事例③】

 

上記の不具合事例③は

新築分譲住宅の「住宅診断」で指摘した

不具合事例写真です。

この写真の場合もですが

この様に何故なっているのか?

大工工事の時点では

綺麗に断熱材が敷かれていたと考えますが

よく写真を見てみますと

原因は

電気配線をする時に断熱材を押し上げている様です。

この様な

些細な不具合事例ですが

これをそのままにしておくと

断熱材欠損になり

最悪の場合は

小屋裏に結露が発生してしまいます。

勿論

断熱効果も下がりますので

小屋裏に入っての検査は必要ですよ!

 

今日の纏めとして

袋入りグラスウール断熱材は

費用対効果(コスパ)は大変良いと思いますが

断熱材メーカーが作成している

施工要領をシッカリと遵守して施工をしなければ

断熱材を入れている意味が無くなりますので

出来れば

新築途中検査の「断熱材充填検査」を依頼する事を

お勧めします。

 

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊