Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

屋根の遮熱シート施工には要注意!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<屋根の遮熱シート施工には要注意!>についてお話をします。

工務店が

屋根断熱工法とか

屋根の遮熱シート張り施工の場合に

 

何の為に

通気層を設置しなければならないかの意味を

分からないまま施工している事があります。

 

間違った施工をしていても

平気でいる工務店が存在しますので

要注意ですよ!

 

今日のお話は

「耐久性能」に関わるお話をします。

 

屋根断熱施工をする場合は

小屋裏内の湿気を逃がす為に

屋根通気が必ず必要になります。

 

この屋根通気層の取り方には

大きく分けて二つの施工方法が有ります。

 

一つは

発泡ウレタン断熱を屋根タルキ間に吹き付ける時に

下記資料①の様に

通気部材を事前に野地板の下側に施工して

屋根通気を確保する方法が有ります。

 

【資料①】

 

もう一つは

下記資料の様に

野地板を二重に施行する様な方法で

屋根通気を確保する方法も有ります。

 

【資料②】

 

どちらにしても

通気層と言うのは

通気の入口と出口が必ず必要になります。

 

次に

屋根に遮熱シートを張る時にも

大きく分けて二つの方法が有ります.

 

考え方も

屋根断熱工法と同じなので

基本的な施工方法での説明をします。

 

屋根に遮熱シートを張った場合は

そのを逃がす為に通気層が必要になり

この通気層には入口と出口が必ず必要という事です。

 

分かり易い資料として

下記資料③の

外装メーカーのケイミューの資料から

チョイスした資料を見て下さい。

 

【資料③】

 

上記資料③を見て下さい。

遮熱シートの上の輻射熱を逃がす為に

軒裏換気口から新鮮な外気を採り入れています。

 

そして

遮熱シート上部の通気層を通って

棟換気口から通気層内の暖まった空気を

外部に逃がす流れが分かり易く書かれていますね!

 

下記資料④が

屋根断熱工法の一般的な

通気層内の空気の流れを書いている資料です。

 

上記資料③と

通気層の働き・仕組みが

全く同じと言う事が分かりましたでしょうか?

 

【資料④】

 

今日の纏めとして

屋根の通気層に

入口と出口のどちらかが無くても

通気層の機能が発揮できません。

 

特に出口が無い場合は

屋根通気の上部の方に

湿気とか高温の空気が長時間溜まったままになります。

 

この場合は

必ずと言っていいほど

「耐久性能」に支障が出る

不具合事象が発生すると考えられます。

 

新築分譲住宅を購入する場合とか

注文住宅を計画する場合は

ホントに要注意ですよ!

 

という事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊