Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

既存住宅の雨戸に要注意!

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<既存住宅の雨戸に要注意!>についてお話をします。

今日のお話は

買取再販の既存住宅の

チェックポイントの一つをお話をします。

買取再販既存住宅のリフォーム箇所は

普通多いのは

外壁の塗り替えや屋根の塗り替え

そして

天井・壁クロスの張替え

キッチンなどの住宅設備の取替をされています。

この様な

リフォーム工事を実施していれば

全ての不具合が綺麗にリフォームしていると

勘違いする事が有りますので要注意ですよ!

例えば

床の結露などによる不具合事象とか

窓枠の結露によるシミ跡とかを見落としてしまう事が

良く見受けられます。

「住宅診断」を実施して報告書を説明に行った時に

不具合事象を説明すると

全然気が付かなかったと良く言われます。

つまり

「買取再販マジック」と言うような

買い手側の心理を見透かした様な?

テクニックを使用して

買取再販業者が

リフォーム工事のコストダウンをしています。

この様な「買取再販マジック」とは違うと思いますが

下記写真①、②、③、④の様な

雨戸の不具合事象が有りますので

建物を見に行った時には

雨戸の必ず開閉チェックをしてみて下さいね!

 

【写真①】

 

上記写真①は

雨戸の鍵が錆び付いて作動しない写真です。

 

【写真②】

 

上記写真②は

雨戸の補強部分が錆び付いている写真です。

何故か

雨戸部分はクリーニングをしていない事が有ります。

 

【写真③】

 

上記写真③は

何故か詰め物をしていて雨戸を出す事が出来ません。

雨戸を動かすと何か支障が出る可能性は否定できません!

「住宅診断」を実施する時は

このような場合は無理して雨戸を動かす事はしません。

何故ならば

無理して動かして

破損させる可能性が有るからです。

 

【写真④】

 

上記写真④は

雨戸の開閉チェックををしていて

雨戸を閉めた時に鍵の位置が違っていました。

この様な事は

雨戸の開閉をして初めて分かる事なので

必ずチェックしておきましょう!

 

今日の纏めとして

建具全般(サッシ、玄関ドア、勝手口ドア含む)を

必ず開閉チェックしましょう!

と言っても

見落とす事が有りますので

不安が有る場合は

「住宅診断」を依頼しましょう!

という事で

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊