Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断の普及活動から距離を置くかな?

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<住宅診断の普及活動から距離を置くかな?>についてお話をします。

今日のお話は

「住宅診断」を何が何でも

住宅を購入して「泣き寝入り」する人を

一人でも少なくする為に普及活動に力を入れても

結局

誰もその普及活動に振り向かなければ

ただ単に自己満足だけの範疇になってしまいます。

では

住宅購入者に対して

「住宅診断」に振り向かせる方法は?

って

そもそもこの考え方が間違っているのでしょう!

「住宅診断」に自然と振り向いてもらう為には?

何をどうすれば良いのでしょうか?

住宅購入者に対して

振り向かせるとか振り向いてもらうとかを

考えること自体から脱却しない限り

堂々巡りをしているだけで

一歩も新しい方向には進めていないって言う

どつぼにハマっている状態なのかな?

自分で自分の首を絞めている事と同じ事を

何とか続けて行こうともがいているだけですね!

結局

「泣き寝入り」する人を一人でも多く助けるのだ!

だから「住宅診断」をさせろ!って言っている

親切の押し売りと何一つ変わらないね!(笑)

今後は

親切の押し売りは止めて

「住宅診断」の普及活動から少し離れた所に

立ち位置を変えて

外からインスペクション業界を眺めて見る事にします。

 

そうすると

明日から何をブログに書こうかな?(笑)

多分、日々の煩わしさ的な事なのか?

はたまたインスペクション関係になるのか?

住宅設計の事になるのでしょうね!

という事で

今日のお話はお終い!

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂く住宅診断とは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊