Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅ローン減税が使用できなかった?

このブログは

住宅診断を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入りしない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<住宅ローン減税が使用できなかった?>についてお話をします。

今回のお題目は

中古住宅を購入した方で

既存住宅瑕疵保険に入りたかったのに

検査に通らずに諦めた方へ!

本当に

既存住宅瑕疵保険に

加入出来なかったのでしょうか?

この場を借りて

問題提起して見ますね!

 

Y&Y住宅検査の場合

既存住宅個人間売買瑕疵保険の

加入の為の検査を実施する為に

既存住宅瑕疵保険の検査事業者として

瑕疵保険法人の2法人に登録しています。

何故

2法人に登録をしているのか?

それは

外壁・基礎のひび割れに対する考え方と

床の傾斜計測方法が全然違うからです。

例えば

外壁・基礎に0.50㎜未満のひび割れが有る場合は

床の傾斜計測が少し厳しい保険法人の検査方法で検査をします。

外壁・基礎にヘアークラック以上のひび割れが無い場合は

床の傾斜計測が簡易な保険法人の検査方法で検査をします。

しかし

床の傾斜計測が簡易な方は

得てして

床の傾斜計測がアウトになり易い面も有りますので

この時は

もう一つの少し厳しい保険法人の計測方法でOKになれば

こちらへ申し込みます。

大体

どちらかの保険法人で

既存住宅個人間売買の加入の検査はOKになります。

どちらもアウトになった場合は

今のところ有りません。

広島県で

この様に瑕疵保険法人へ

2法人以上の検査事業者になっているのは

Y&Y住宅検査の他に2社ほど有りますが

その内一社の方は

検査方法で使い分ける事は出来ないと思われます。

何故ならば

Y&Y住宅検査が検査事業者になっている保険法人は

検査方法の

マニュアルがシッカリと出来ていて

シッカリ出来ているから

使い分けが出来ます。

下記図面は

計測方法の違いを極端に書いて

分かり易くしています。

片方の保険法人の検査方法ではアウトになっても

もう一方でオーケーになる例を挙げてみました。

 

【床傾斜計測の例】

 

実際の問題として

色々とややこしい問題が

出ても可笑しくは無いのですが

その様な情報は

今の所入って来ていません。

ややこしい問題の一つとして

以前からブログに挙げている事は

例えば

中古住宅を購入する時に

住宅ローン減税を使用したい人が

瑕疵保険の検査事業者に依頼をしたとしましょう。

その検査事業者は

瑕疵保険法人一社しか検査事業者として登録していなかった場合

その瑕疵保険法人の方法では

既存住宅に瑕疵保険に加入出来なかったので

住宅ローン減税を諦めたとしたとします。

それが

他の検査事業者に聞いた時に

それだったら

こちらの瑕疵保険法人で有れば加入できたのに・・・・。

となった場合

果たして

どうなるのでしょうか?

と言うややこしい問題が

そろそろ出ても可笑しくは無いのですが・・・・?

まさか

依頼者も

他の瑕疵保険法人ではOKになるとは

思っていないのでしょうけどね!

生命保険では

似た様な話は有りますので

保険とは

こんなもんでしょうかね・・・・・。

この事を理解している検査事業者が

果たして日本全国で

何人いるのでしょうかね?(笑)

 

最後のまとめとして

住宅ローン減税の件で

既存住宅瑕疵保険に加入したい場合は

検査事業者の

既存住宅瑕疵保険法人に

二法人以上登録しているかどうかを

確認して依頼して下さいね!

という事で長々と書いてしまいました。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊