Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断広島瑕疵事象032「外壁モルタルにカビが発生」

<<中古住宅ホームインスペクション瑕疵事象として>>

●築12年木造住宅
ここの「瑕疵事象シリーズ」に記載する瑕疵事象は、購入前に「ホームインスペクション」をしなかった場合は、気付かずにその家を購入して住んでいた事になります。
住宅を購入する前に、必ずホームインスペクション(住宅診断)をしましょう!
瑕疵が分かれば、それに合った補修・補強工事をする事で安心して住めます。

◆事 象
主に外壁北面にカビが発生している。

◆原 因
この建物は、外壁がラスモルタル仕上げで、外壁通気工法では有りません。

原因として考えられる事は、
冬の時期、建物内の温度が外部より高く、夜間に屋外の気温が急激に下がる為に、外壁モルタルの裏側(防水紙の外側)に結露が発生し、その結露が外壁表面に染み出て、カビが発生したと思われます。

【テキストテキスト】
住宅診断広島瑕疵事象033「屋根瓦表面の剥がれ」

上の写真の様に断熱材の施工が悪い所には、外壁にカビは発生していません。

外壁サイディング材も同様に、外壁通気が正しく施工されていない場合(外壁の下部水切り部分の通気入口が有っても、通気の出口を塞いでいる建物が、新築でも確認されています。)にも同じ現象が起きます。

◆注意事項
新築住宅は瑕疵保険に加入していますが、加入条件の項目に、「外壁通気工法」が有ります。

しかし、多くの新築住宅、特に外壁がサイディング工法の場合、通気の入口部分は有りますが、通気の出口部分が有りません。有ったとしても一部分です。

つまり、通気の出口部分が無ければ、この建物は「瑕疵住宅」です。

何故、この様な事が多いかと言いますと、瑕疵保険の検査時に、まだ外壁通気部分の施工が出来ていません。

検査員は、現場監督が提出するチェックシートを確認をして、工務店が施工する事を前提にして、検査員が善意で合格を出している為です。
(残念ですが、これが事実です。)

私達ホームインスペクターの中で、新築工事の住宅診断で「外壁通気」に関して問題提起をしている人は、残念ながら私ぐらいでしょう!

今回は、ここで終わります。

■広島県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!