Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

中古住宅を購入する前に見る箇所<外廻り>について

【下の写真は、基礎のひび割れの不具合事象の例です。】

今回は、中古住宅を最初に見に行った時に注意してみて欲しい箇所<外回り>についてお話をして行きます。

最初に仲介業者の方に中古住宅の物件を見に行った時、

殆どの方が、直ぐ家の中に入って営業の方の説明を受けます。

現地を見に行く前に、クルマが何台置けるか、間取りは何LDKなのかの予備知識は、事前に図面、写真などをチェックしていますので、

後は住宅の仕上がり程度と雰囲気を見る為だけで、部屋の中全体を見て、設備関係を見て、窓からの風景を見て、気になった箇所を営業に聞いて購入の判断をされているようです。

もし、その家が買取再販物件でリフォームされていれば、

見た目の仕上がりは、とても綺麗に目に映るでしょう。

床の傾斜がかなり有っても気が付かないでしょう!

これが、契約した後になって気が付き、泣き寝入りする羽目になってしまうのです。

この様な事にならない為に、

中古住宅を購入する前に、何処をチェックすれば良いかを一つ一つ説明していきます。

最初に<外回り>を見ましょう!

外回りといっても色々有りますが、最初に基礎にひび割れの有無をチェックします。

次に、ひび割れの補修した跡の有無をチェックします。

基礎のひび割れ、補修跡の上部の壁にも同様なチェックをします。

その次に、敷地の廻りに法面の有無をチェックします。

中古住宅で、1m前後以上低い法面が有れば、建物がその法面方向に不同沈下(床が傾いている)の可能性が考えられます。

ゆえに、
①基礎にひび割れ、補修跡の有無をチェック。

②同上の上側の壁にひび割れ、補修跡の有無をチェック。

③敷地の廻りに1m前後以上の低い法面の有無をチェック。

この3項目をチェックして問題が無ければ、次のステップに進めて行けば良いと思います。

今回は、これで終わります。

次回は<建具廻り>の予定です。