Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

何じゃこりゃ?

今回は、<何じゃこりゃ?>についてお話をします。

何じゃこりゃ? ⇒ 何だこれは? です。

新築分譲住宅の住宅診断にて

1階の天井裏の検査をする為に

ユニットバスの天井点検口から

天井裏を検査しますが

点検口から見えた状況が下記写真です。

何だこりゃ?ってな感じでした。(笑)

どんな考え方から

この様な意味の分からない施工をしているのか?

外壁の防火構造の認定には

プラスターボードなどを

部屋内側に貼らんといけんじゃろ!

ホント??????・・・・・?

 

 

【外壁面にPBを貼っていない】

 

【外壁面にPBを貼っていない】

 

って

小屋裏に入っての検査を実施する迄

外壁の防火認定違反の事で腹が立っていました。

しかし

小屋裏に入って納得しました。

この住宅の外壁に

大建工業の「ダイライト」という

下地材を外壁に貼っている事が分かったのです。

この「ダイライト」を外壁に貼っていれば

部屋内にプラスターボード等の

内装被覆を貼らなくても良いのです。

専門的な話を簡単にすると

グラスウール10K  75㎜以上等を入れる事で

防火構造の認定をクリアしている事になるので

今回の新築分譲住宅は問題は無しで

ホッとしました!

 

この事が有ってから

新築住宅の

住宅診断を実施する前に

確認申請図面一式を貰う様にしたのです。

これが進化して行き

現在の

Y&Y住宅検査だけが実施する

新築住宅用の検査項目が完成したのです。

今回のお題目は

ユニットバスの点検口から見た

その時の

私の心の動揺でした。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊