Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断に於ける「壁・柱の傾斜判断基準」

◆壁・柱の傾斜判断基準

 床の傾斜基準と同じで、新築住宅と中古住宅とでは判断基準が違います。
 当社(住宅診断業界)に於いての許容範囲内の基準は下記の通りです。
  ・新築住宅の場合は、3/1000未満(当社)
  ・中古住宅の場合は、6/1000未満

新築住宅の場合で、最大1.5/1000以下は1棟有りました。恐らくその部分は、間柱が反った可能性が有ります。その他はそこまでの傾斜は見当たりませんでした。

当社の場合は、小道具として丁度2mの距離を測定できる道具で計測していますので、傾斜の勾配がキチンと出ます。
2mの測定距離ですので、中古住宅の場合は、6/1000未満(12mm未満)で有れば許容範囲内です。
これも床と同じで、6/1000未満で有れば、壁だけの基準で行けば、「既存住宅瑕疵担保責任保険の検査に合格」して保険に加入が出来ます。

ただ壁・柱の傾斜が6/1000未満で有っても、下記の写真の様に特に和室の間仕切り襖の両端の隙間は違和感を感じます。

【テキストテキスト】
住宅診断に於ける「壁・柱の傾斜判断基準」
【テキストテキスト】
住宅診断に於ける「壁・柱の傾斜判断基準」