Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

新築住宅で一番最初に見る所として

今回は、<新築住宅で一番最初に見る所として>についてお話をします。

新築分譲住宅を購入する為に

色んな物件を見に行かれると思います。

その時に

その新築分譲住宅をチェックする最初の場所は

外壁妻側の外壁通気の排気口金物の有無を確認して下さい。

その排気口の有無だけで

断熱材の施工と床下の清掃及び

施工の良し悪し以外は

その一か所を見るだけで

その工務店(施工業者)の住宅に関する考え方が

ハッキリと

判断できると言っても過言では無いです。

 

下記写真の様に

外壁妻側の外壁通気の排気口金物が有れば

まずは、ホッと出来ます。

 

【外壁妻側の外壁通気(排気口)の写真】

 

この写真の様に

外壁妻側に外壁通気の排気口金物が設置されていれば

フラット35の工事仕様書

瑕疵保険の設計施工要領

ほぼ遵守されていると判断をしても

良いと考えます。

ただし

最初に記載した様に

断熱材の施工と床下の清掃及び

施工の良し悪しは

全く別です。

何故、別かと言いますと

断熱材の施工及び床下の清掃及び

施工の良し悪しは

職人さんがする事です。

本当で有れば

現場監督が目を光らせておかなくてはならないのですが

現実問題として

申し訳ないのですが

現場監督が

施工の納まりの良し悪し迄を見る能力は無いです。

何故ならば

施工に関しては

職人さん任せになっているからです。

 

という事で

外壁妻側に外壁通気の排気口が無ければ

現場監督が

基本的な設計施工に関して

無知(不勉強)なのは間違いないです。

平気で

外壁妻側の外壁通気が

小屋裏に逃げると思っていますから。

ゆえに

現場監督が無知(不勉強)なので有れば

その他の事も遵守していない可能性が大きいので

その建物を諦めた方が無難です。

検査機関の検査に合格しているから

完了検査に合格しているから

安心では有りません。

ましてや

瑕疵保険に加入しているから

大丈夫!安心!という

営業マンの決まり文句に

引っ掛からない様に!

それでも

場所が気に入っているからなど

どうしても

その住宅に固執するのであれば

契約する前に

不適合事象の有無を

ハッキリさせて置くべきと考えます。

その為には

建物状況調査ではなく

必ず

住宅診断を依頼する様にして下さい。

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊