Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅診断広島劣化事象040「2階間取りの載り」

<<中古住宅ホームインスペクションの瑕疵事象として>>

●築38年木造住宅(新耐震基準以前の建物)

◆この建物の特徴
・この当時としては大変珍しいベタ基礎の住宅。
・この建物は、1、2階の壁の傾斜は最大で3/1000で殆どが1/1000未満。
・1階の床の傾斜は畳の部屋以外は、最大で2/1000の傾斜。

◆問題点
唯一の問題が、2階洋室の床の傾斜でした。
最初は測定間違いと思い再度測定をやり直し、尚且つ測定箇所を増やした結果が下の図面です。

【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象040「2階間取りの載り」

最初は、何故この様な床の傾斜になるのか悩みました。
2階の床の傾斜測定をするまではビックリする測定結果だったので。

◆原因の判明
事務所に帰り、1階の平面図を重ねたら、直ぐに原因が分かりました。
(下の図面)
洋室の北東出隅部分の柱の下に1階の柱が無く、また洋室北側・東側の壁の下には柱も壁も無い間取りだった事が、この不可解な床の傾斜の原因と思われます。

【テキストテキスト】
住宅診断広島劣化事象040「2階間取りの載り」

◆この結果を振り返り
今までもこの様な原因で、床の不可解な傾斜は有りましたが、この暑い時期に、そこまで頭が回りませんでした。

今後は、この様なケースが有った場合は、悩む事なく、現地で確認するようにします。

では、今回はここ迄とします。

■広島県・山口県・岡山県でホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなら、ホームインスペクション(中古住宅瑕疵保険検査を含む)に対する考え方、診断実例をブログに記載している<<Y&Y住宅検査>>にお任せ下さい!