Y&Y住宅検査
対象エリア:広島・岡山・山口

082-208-0128お問い合わせ

〒730-0806 広島県広島市中区西十日市町6番8号 横堀ALLEY102
営業時間:8:30~18:30    定休日:不定休    MAIL:info@yandykensa.com

住宅のメンテナンス時期のサイン①

このブログは

住宅診断及び住宅設計を通して知り得た情報を

住宅診断の一環として

住宅を購入または計画中の方が

泣き寝入り(又は後悔)しない様に

注意喚起の為にアップしています。

 

今回は、<住宅のメンテナンス時期のサイン①>についてお話をします。

今日のお話は

外壁廻りのメンテナンス時期のサイン

お話をしてみます。

外壁のメンテナンス時期は

10年~15年毎に一回を目途に

屋根も一緒に塗替えメンテナンスをする事を

お勧めします。

 

では本題に入ります。

中古住宅を見学に行った時とか

自宅の家を見廻した時に

下記の最初の2枚の写真の様な事象が表れていたら

外壁の塗替え時期が来ているサインです!

中古住宅の場合でしたら

外壁の塗替え予算を考慮して契約しないといけませんね!

この場合

もし屋根が焼き物瓦以外で有れば

屋根の塗替えの予算も一緒に計上して下さいね!

自宅の家でしたら

出来るだけ早く塗替えメンテナンスを実施しないと

雨水が

外壁内に入って色々と悪さをして

結局

メンテナンス費用が高くなってしまいますよ!

 

【サイディング壁目地の切れ】

 

上記写真の様に

目地のシーリングの表面に

小さいひびが入り

上記の写真の様にサイディングとシーリングが

剥離して行きます。

この状態になった時は

サイディング材自体の防水性も劣化していますので

塗替えメンテナンスが必要になります。

 

【モルタル壁目地のひび割れ】

 

上記写真の様に

モルタル塗り壁は

元々ひびが入り易い材料なので

モルタル目地を切り

モルタル目地にひびが入り易くする事で

ひび割れ補修をし易くしています。

つまりこの場合は

目地の役目を果たしていると言う事になります。

だからと言って

ひび割れを補修しないでほって置くと

ひび割れから雨水が入って

モルタル壁の剥離・落下の原因になります。

目地のひび割れ処理をシッカリとして

塗替えメンテナンスを実施しましょう!

 

下記写真は

外壁にカビが発生している写真ですが

この事象の原因は

①外壁通気層が無い

②断熱材がすき間だらけの施工(予想)

上記二つが原因と考えられます。

方位としては

北面側が多いですね!

この外壁面のカビの発生は

早い場合で3年~4年で発生する場合も有りますので

正確に言うと

定期的なメンテナンス時期のサインではありませんが

カビが濃くなる前に

何らかの対処をお勧めします。

 

【モルタル塗り壁にカビが発生】

 

もし

この中古住宅を

リフォーム工事の予定無しで

外壁の塗替えだけで

購入しようと考えているのでしたら

塗替え塗料には

遮熱塗料断熱塗料のどちらの塗料が

カビの発生を抑えるかを確認してから

塗り替える事をお勧めします!

 

下記写真は

バルコニーのドレン廻りからの漏水が考えられます。

 

【バルコニードレン下の水シミ】

 

もし

外壁の塗替えメンテナンスをされるのであれば

必ず

バルコニー防水も一緒に

塗替え又は貼り替えメンテナンスを

一緒に実施して下さいね!

 

今日のお話は、参考になったでしょうか?

今回は、これで終わります。

 

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊

「Y&Y住宅検査」が お客様に提供させて頂くサービスとは、

ただ単に不適合事象の有無を調査するのではなく、

もし不適合事象が有れば、

その原因をより詳しく目視の範囲内で追及し、

不同沈下などの傾きが有れば、

建物全体の傾きなどの傾斜傾向を図面にて表現する事で、

より分かり易く建物の現況を報告書に纏め、

お客様が、安心・納得して購入する事が出来る様に

説明するサービスを提供させて頂いています。

ここでの「安心・納得」とはどの様な意味なのかと言いますと、

安心とは、不適合事象が無い事で安心。

納得とは、不適合事象が事前に分かる事で納得。

住宅診断とは、この二つを得る為の手段だと考えています。

◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊♦◊